積立投資家の波乱相場の乗り切り方

トウシル

2020.03.18.(水)

※この記事は2020年3月13日にトウシルサイトで公開されたものです。

足元のように市場環境が不安定になり、保有する投資信託の基準価額が軒並み下落し続けると、「もう投資なんて止めた方が良いのか…?」と心に迷いが生じるものです。しかし、こういうときこそ冷静な対応が必要です。

特に、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)など、投信積立をおこなっている方は、今とても「お得」に投資信託を購入できているということを確認できる実に良い機会です。

下落時ほど「お得」に積み立てられるチャンス

投信積立をおこなうメリットの1つは、基準価額の下落時ほどより多くの口数を購入でき、平均買付価格を下げられるという点です。この「口数」の考え方は、スーパーで売っているパックのお肉をイメージすると分かりやすいでしょう。

パック肉は、「100グラムあたり○○円」として売られています。お肉のグラム数あたり値段が日によって変わるように、投資信託も、口数あたりの値段=基準価額が日々変動します。グラム数あたりの値段が下がると、同じ予算で多いグラム数のお肉を多く買うことができるのと同じで、投資信託も、基準価額が下がると、より多くの口数を買うことができるのです。

楽天証券ログイン後、口座管理→保有商品一覧→投資信託→積立中の投資信託の「詳細」をクリックすると、「投信あしあと」で積立の履歴を確認できます。

積立は「石の上にも『4』年」

また、積立の効果は、一定期間継続して初めて表れるものだということも、改めて認識しておく必要があります。

ここで、積立効果が具体的にどのタイミングで表れるかを検証するため、日経平均株価(日経225)に連動した投資成果を目指す「Aファンド」を毎月1万円ずつ、2009年3 月から2019年2月までの10年間(120カ月)積み立てていた場合のシミュレーションを見てみましょう。

【積立シミュレーション】

図でも確認できるように、積立開始から44カ月目にあたる2012年10 月末時点まで、投資額に対する運用資産の評価額はマイナス、つまり「赤字」状態でした。当時の日経平均株価を参考に、もう少し詳しく見てみます。

期間中の日経平均株価最安値(月末終値ベース)は、いわゆるリーマンショックが表面化した直後の2009年3月末(8,110円)でした。その後、1万円台を回復したものの、2011年11月には再び8,000円台前半まで下落し、不安定な状態が続きました。運用資産が完全に「黒字」化したのは2012年11月ですから、安値圏でもみ合った後1年は、「赤字」状態が続いていたことになります。

評価損を抱えながらも、根気強く「種まき」、つまり、安値時の購入を継続したからこそ、2013年以降に本格化したアベノミクス相場で花が開きました。相場の急変時に不安心理が働くというのは自然な流れです。しかし、相場下落時に冷静さを失い、積立をやめてしまうと、結果として損失だけが残り、それまでの時間も無意味になります。日々の値動きに一喜一憂せず、下落時ほどチャンスと感じられるような発想の転換と、3~5年以上の積立期間を味方につけることこそが投信積立成功の秘けつといえます。

証券会社選び・口座開設、株売買のタイミングまで効率よく学んで成果を出す

【前回の記事はこちら】
世界の投資家を現金化に急がせた「新型コロナショック」

<この記事の著者プロフィール>

【篠田 尚子】
楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト
慶應義塾大学法学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。国内銀行で資産運用関連業務に従事後、ロイター傘下の投信評価機関リッパーで市場分析担当、ファンドアナリストとして活躍。2013年より現職。

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

トウシル

楽天証券の投資情報メディア「トウシル」
トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。
【HP】https://media.rakuten-sec.net/

  • 不動産投資的視点でみる「新駅誕生」の影響〜高輪ゲートウェイ駅開業〜

    詳細を見る
  • 最近話題になっている家族信託の基礎を知る

    詳細を見る
  • 実際の決算書を読もう「東京ドーム」

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

株式投資株式投資

新興株ランキング:月後半に地合い好転、マザーズだって“やればできる”!?

株式投資株式投資

今さら聞けない、基本すぎる株用語一覧

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資株式投資

株初心者必見!基本用語を学び、知識を備えよう!

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

株って何?初心者に分かりやすくFPが解説します

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

今年こそ株式投資をはじめよう、口座開設にどの証券会社を選んだらいい?