今は1年に1回の大きなチャンス

中原圭介

2020.03.06.(金)

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。

日経平均が2万円前後まで下げる「第3波」も想定しておく

知人の著名なファンドマネージャーは日経平均が2万3,000円を割り込んだ時、「今は第1波だ。第2波~第3波が来たら絶好の買い場になる」と、むしろ株価の下落を前向きに捉えているようでした。

私もまったくの同感でしたし、3月初めの時点で2万1,000円にタッチした局面が「第2波」であったと認識しています。2万円前後まで下げる「第3波」があるかどうかはわかりませんが、あるという前提で対処したほうが無難だと思っています。

堅実な運用方法を推奨してきたのはこの局面のため

『賢者の投資方法とは』(2019年1月25日)
『資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)』(2019年1月29日)
『資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(後編)』(2019年2月15日)

などで申し上げてきた運用方法はこれまで周囲から慎重すぎないかといわれてきました。

しかし、近年のボックストレンド相場では、1年に1回あるかないかの今回のような時のために、厳しい資金ルールを設けてきた次第です。

セリングクライマックスは絶好の買い場

今のような暴力的な下げ相場ではどんな個別株でも必要以上に売られます。当然のことながら、大型株より中小型株、東証1部より新興市場のほうが売られます。個人のリスク許容度によって買う個別株は異なりますが、ここはETFも含めて1年に1回のチャンスとして捉えたいところです。

久しぶりのセリングクライマックスの局面では、否が応でも投資妙味が高まります。意地悪な言い方かもしれませんが、信用取引をしている個人投資家が追証に伴う換金売りをせざるをえない時こそが、買いのパフォーマンスがもっとも上がりやすいのです。

2万1,000円からの買い下がりは失敗してもリスクは限定的なので、資金ルールを緩めて臨んでもらいたいと考えております。

なお、私のブログ『経済を読む』においては、大事な局面では株価の流れを分析していることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

1日で経済オンチが克服できる!「経済入門スクール」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中原圭介

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)、『ビジネスで使える 経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)、『日本の国難』『お金の神様』(講談社)などがある。東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』、マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』、ヤフーで『経済の視点で日本の将来を考える』を好評連載中。

  • 不動産投資的視点でみる「新駅誕生」の影響〜高輪ゲートウェイ駅開業〜

    詳細を見る
  • 最近話題になっている家族信託の基礎を知る

    詳細を見る
  • 実際の決算書を読もう「東京ドーム」

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

経済トレンド経済トレンド

日本株のトレンドは海外投資家が左右している

経済トレンド経済トレンド

世界が景気後退に陥るまでは、円高は進まないだろう

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)