日本株はこれからどうなる?「チャイナ・ショック」パターンか、「米中摩擦」パターンか

トウシル

2020.03.04.(水)

※この記事は2020年3月2日にトウシルサイトで公開されたものです。

日経平均は2,244円安の急落

先週末(2月28日・金)の日経平均株価終値は2万1,142円でした。先週末終値(2万3,386円)からは2,244円安と大きなものになっています。

さすがにここまでの下げっぷりを見せつけられてしまうと、相場は本格的な下落基調へとかじをきったような印象になりますが、その一方で、あまりにも急ピッチな下落だったことを受けて、「さすがに下げ過ぎ」感による目先の下げ止まりと反発を期待する見方も残っています。

果たして3月相場入りとなる今週の株式市場はどちらに向かうのでしょうか? まずはいつもの通り、足元の状況から確認します。

■(図1)日経平均(日足)の動き(2020年2月28日取引終了時点)


出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

あらためて振り返るまでもなく、先週の日経平均は連日で下落していきました。具体的に前日比で見ていくと、25日(火)が781円安、26日(水)が179円安、27日(木)が477円安、28日(金)が805円安です。ローソク足の形と並びを見ても、二度の「窓」空けと、長い陰線が目立っていて、下げに勢いがあったことが分かります。

また、前週末時点では25日と75日移動平均線あたりに位置していた株価は、先週の急落によって大きく下放れ、200日移動平均線も突き抜けて、節目の2万1,000円台を下回る場面もありました。

辛うじて週末28日(金)に見せた下ヒゲの長さ(226円)による下げ渋りが好材料です。

今後の相場は「チャイナ・ショック」パターンの可能性が高い

サポートとして機能しそうな移動平均線が無くなってしまったため、次の下値のメドとして意識されることになるのは移動平均線からの乖離(かいり)です。「株価が値動きの中心線となる移動平均線から乖離し過ぎるのは行き過ぎだ」というリクツです。

そこで、下の図2で、日経平均と移動平均乖離率(25日)の推移を見ていきます。

■(図2)日経平均(日足)と移動平均線乖離率(25日)の動き(2020年2月28日取引終了時点)


出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

先週末時点の乖離率はマイナス9.02%でした。マイナス10%近くに迫っており、かなり乖離が進んでいることが分かります。確かに、相場に行き過ぎ感が出てきていることに間違いはなく、ひとまず株価の急落が一服できるかが週初の注目ポイントになります。

では、その後の株価の動きがどうなりそうなのかですが、チャートを過去にさかのぼると、いくつかマイナス10%を下回っている場面が見られます。具体的には、(1)2018年末の米中摩擦の悪化懸念が高まった時と、(2)2015年8月からのチャイナ・ショックの時です。

「米中摩擦」時の(1)は、乖離率がマイナス10%を下回った後に株価が底を打って、その後はしばらく順調に株価が戻していきましたが、「チャイナ・ショック」時の(2)については、マイナス10%を下回ったところでひとまず急落は止まったものの、その後はしばらくもみ合いながら下値をトライする動きが続きました。さらに、株価が大きく戻した後に、再びマイナス10%水準まで乖離が進む下落の第2弾がやってきました。

となると、足元で見せつつある移動平均線からのマイナス10%乖離の状況は、近いうちに株価反発の訪れを予期させるものとなっていますが、問題なのは、その後の株価の動きが(1)の「米中摩擦」パターンになるのか、それとも(2)の「チャイナ・ショック」パターンになるのかです。

「米中摩擦」パターンでは、2カ月前の2018年10月に高値をつけてから、いったん調整した後の下落第2弾の局面で株価がマイナス10%乖離となっていました。そのため、相場は売りの一巡感が出やすく、株価も比較的素直に反発していったと考えられます。

一方の「チャイナ・ショック」パターンでは高値圏からの最初の下落でマイナス10%乖離となっています。しかも、株価の下落でトリプルトップの天井が形成され、急落が止まったあともしばらく下値を探る展開となりました。

これまでのレポートでも指摘した通り、足元の状況もトリプルトップを形成しているため、今後の相場はどちらかと言えば、(2)の「チャイナ・ショック」パターンになる可能性が高いと考えられます。

近いうちに株価が大きく反発する局面を迎えたとしても、再度の下落には注意が必要ということになります。

急落の米国株、目先の反発が期待できる?

最後に、先週の株価急落の引き金となった米国株市場の動きについても見ていきます。

■(図3)米NYダウ(日足)と「ギャン・アングル」(2020年2月28日取引終了時点)


出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

先週の米株市場についても急落が目立っており、日経平均と同様にサポートとしての移動平均線が機能しなくなっている状況です。上の図3は、米NYダウ平均株価の日足チャートに「ギャン・アングル」を重ねたものです。設定期間は米中摩擦への不安で急落した株価が下げ止まった2018年12月26日を起点に、直近高値の2020年2月12日としています。

すると、週末にかけてのNYダウは27日(木)が「2×1」ライン、28日(金)が「3×1」ラインが下値のメドとして意識されているように見えます。売りが売りを呼んでいるように見えた先週の株価下落でも、実は意外と冷静に下値を探っていた可能性があります。しかも、28日(金)は下ヒゲの長い線となっていることもあり、目先の反発が期待できる格好です。

したがって、今週は余程の悪材料が出てこない限り、下げ止まりと株価の戻りを試しにいくというのが、メインシナリオになりそうです。

証券会社選び・口座開設、株売買のタイミングまで効率よく学んで成果を出す

【前回の記事はこちら】
[NYダウ急落最新レポ!]いよいよ景気後退?どうなる日本株?

<この記事の著者プロフィール>

【土信田 雅之】
楽天証券経済研究所 シニアマーケットアナリスト
1974年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。国内証券会社にて企画や商品開発に携わり、マーケットアナリストに。2011年より現職。中国留学経験があり、アジアや新興国の最新事情にも精通している。

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

トウシル

楽天証券の投資情報メディア「トウシル」
トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。
【HP】https://media.rakuten-sec.net/

  • 不動産投資的視点でみる「新駅誕生」の影響〜高輪ゲートウェイ駅開業〜

    詳細を見る
  • 最近話題になっている家族信託の基礎を知る

    詳細を見る
  • 実際の決算書を読もう「東京ドーム」

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

株式投資株式投資

新興株ランキング:月後半に地合い好転、マザーズだって“やればできる”!?

株式投資株式投資

今さら聞けない、基本すぎる株用語一覧

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資株式投資

株初心者必見!基本用語を学び、知識を備えよう!

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

株って何?初心者に分かりやすくFPが解説します

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

今年こそ株式投資をはじめよう、口座開設にどの証券会社を選んだらいい?