3月は1年で最も為替が動く月。3月月末はビッグデー

sarah

2020.03.16.(月)

3月のドル円相場は最も為替が動く

3月のドル円アノマリーについてお話します。3月のドル円相場の特徴ですが、

”1年で最も為替が動く月”

と言われています。

こちらが過去20年間のデータです。

3月のドル円暴落状況&月間値幅と順位⇣

3月の月別平均値幅は5.13円。

つまりどういうことかというと、ドル円の今週の最安値は月曜日に記録した107.35円。

約5円動くことを考えたら、上値は112円程度まで見込めるということ。
先月の最安値107.50−最高値112.22円がちょうど5円幅程度なので、
サポート、レジスタンスとして機能する可能性が高いです。

ただ、これが直近20年ではなく、10年平均(2010−2019年)の場合だと値幅平均が3.83円。
12ヶ月のランキングも、2000年-2010年までと比べると、
1位になるケースが少なく、やや見劣りする結果となっています。

なので、ざっくり3-5円ぐらいが値幅のターゲットと考えておくといいかもしれません。

3月最終日は相場が読みづらい

ちなみに3月が動く要因としては、日本企業の決算期。
決算期末と重なるため、取引が手控え気味になり、値が荒れることが多いといいます。

一番動く日は、3月の最終日。

”為替のビッグデー”

と呼ばれ、1年で最も相場が動く日と言われているそうです。

3月の最終日は年度をまたぐ特異日となります。
決算期末という製薬から開放されることによって、資金が大量に動く。
というのが大相場の原因の1つになるんだとか。

私も毎年3月の最終日は注目しているのですが、
本当に予測不可能なんですよね。

大きなトレンドになるかとおもいきや、
ダマシだったり。本当に読みづらい。

春相場全体の特徴として、方向性が定まりにくく、
アップダウンを繰り返す激しめのレンジ相場になりやすい!!

と言われています。相場が荒れている割には、結局方向感なし。
テクニカルが思うように機能しないケースも多いです。

気が抜けないのが3月です。

3月のアノマリーのまとめ

・1年でもっとも値幅が大きい月である
・3−5円幅で動く可能性大
・3月最終日はビッグデー。予測不可能な動きに

デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

【前回の記事はこちら】
2月のドル円相場の行方は??中盤からは逆張りで稼ぐ!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

FXFX

今年こそはFXで利益を出す!

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FX初心者に役に立つ相場格言

FXFX |  生活生活 |  増やし方増やし方

気をつけたい!FX初心者が経験しがちな失敗談

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXを始めたら絶対に覚えたい経済指標

FXFX |  生活生活 |  増やし方増やし方

FXに向いている人の特徴3つ