1月の株価値上がり率ランキング

値上がり率ランキング上位3社に関しては「凄まじい」の一言。この3社は、新型肺炎の防疫関連株です。値上がり率トップの中京医薬品は、1カ月で約6倍…ここに掲載しているのは新興株だけですので、新興株以外(東証1・2部)にはもっと上もいました。全市場で断トツだったのが、東証2部の川本産業(3604)。昨年12月末終値447円に対して1月末終値は3,795円、月間騰落率は+749%(!)でした。

中京医薬品にしても株価が6倍になって時価総額156億円ということは、このバブル相場が来る前の時価総額は30億円にも届かなかったわけです。今回流行した新型肺炎の防疫関連株が超小型株、超低流動性株だらけでした。そこに、大勢の投機好き個人投資家マネーが大挙したことで売りと買いのミスマッチが発生。極度の需給ギャップが導いたオーバーシュート(と呼べばかっこいいですが、単なるやりすぎ)でした。

市場 コード 銘柄名 月間騰落率
(%)
1月末
終値
前月末
終値
時価総額
(億円)
ジャスダック 4558 中京医薬 499.1% 1,342 224 156
ジャスダック 7980 重松製 275.2% 2,630 701 189
ジャスダック 7963 興 研 193.9% 3,980 1,354 203
ジャスダック 5216 倉 元 100.0% 244 122 39
ジャスダック 6635 大日光 97.4% 1,297 657 35
ジャスダック 3417 大木ヘルケア 65.8% 1,658 1,000 233
ジャスダック 4978 リプロセル 61.6% 341 211 243
ジャスダック 4556 カイノス 55.1% 1,433 924 65
ジャスダック 6734 ニューテック 48.5% 1,990 1,340 41
ジャスダック 6408 小倉クラ 47.8% 5,090 3,445 79
ジャスダック 2303 ドーン 40.1% 2,269 1,620 75
ジャスダック 3444 菊池製作 39.9% 1,129 807 139
ジャスダック 4644 イマジニア 38.6% 1,543 1,113 164
ジャスダック 9691 両毛シス 38.4% 3,035 2,193 107
ジャスダック 7808 CSランバー 35.0% 1,650 1,222 30
東証マザーズ 3138 富士マガ 34.8% 1,093 811 36
ジャスダック 5983 イワブチ 34.0% 8,860 6,610 97
ジャスダック 4347 ブロメディア 32.9% 109 82 86
東証マザーズ 6560 LTS 31.3% 1,838 1,400 76
ジャスダック 7878 光・彩 31.1% 3,260 2,486 13