(テクニカルを極める)指数平滑移動平均線EMAの基本

sarah

2020.01.31.(金)

直近の値動きを重視する指数平滑移動平均線(EMA)

移動平均線のバリエーションのひとつに、指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average略称EMA)と呼ばれるものがあります。

前回説明した移動平均線は単純に過去の動きを平均したもので、指数平滑移動平均線と区別するために、単純移動平均線(Simple Moving Average略称SMA)と呼ばれることもあります。

EMAは、SMAよりも早く反応するように作られています。
SMAは期間内の値動きを単に平均したものですが、EMAは、古い値動きよりも直近の値動きの方を重視することを念頭に入れたものです。

例えば、10日間のチャートの場合、9日間は変動のない穏やかな相場だったが、最後の1日で暴落が起こった場合SMAの動きはとても鈍いものになります。

その反面、EMAは直近の変動に重きを置くため、SMAより早く反応するようになります。
その結果、トレーダーは素早い反応ができることになります。

単純移動平均線(SMA)と指数平滑移動平均線(EMA)の違い

EMAもSMAと同じく、磁石のような反発・引き寄せの法則があります。ゴールデンクロスやデッドクロスも描かれますし、グランビルの法則も有効となります。
ただ、SMAよりも反応が早い、ということです。

では、SMAよりEMAを使ったほうがいいか?というと、一概のそうとも言えません。
SMAであっても、チャートが変動したときに線が傾く早さが遅いと言うだけで、トレンドの方向や力強さを見るのには最適な指標に変わりないからです。

また、EMAは使える業者が限られており、ややマイナーなところがあります。
反対にSMAは世界中のトレーダーの多くが使っていうメジャー指標です。なので、EMAよりもSMAの示す方向に動きやすいケースも多く見られます。

結論としては、EMAはスキャルやデイトレといった短期間で差益を狙うタイプのトレーダーに適しています。
スイングトレーダーやじっくりと構えて投資をしたいという人にはSMAで十分でしょう。

移動平均線とは

移動平均線は、テクニカル指標で最もポピュラーなものです。
相場を動かしているのはトレーダーなのですから、ほとんどのトレーダーがみているメジャーなテクニカルの示すサインには注目しなければなりません。そういった意味では、移動平均線はトレードに外せない指標です。

移動平均線はトレンド相場で威力を発揮します。移動平均線の傾きが長期間になればなるほど、強靭なトレンドとなります。
つまり、日足や月足で発生した移動平均線のトレンドは、簡単には方向転換をしません。
移動平均線が向いている方へトレードしていくのが、シンプルかつ有効な戦術となります。

海外旅行へ毎年行けるほど、お金のゆとりがほしい

【前回の記事はこちら】
2020年のドル円相場の方向性を決めるのは1月「ジャニュアリーエフェクト」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

  • 不動産投資的視点でみる「新駅誕生」の影響〜高輪ゲートウェイ駅開業〜

    詳細を見る
  • 最近話題になっている家族信託の基礎を知る

    詳細を見る
  • 実際の決算書を読もう「東京ドーム」

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

FXFX

今年こそはFXで利益を出す!

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FX初心者に役に立つ相場格言

FXFX |  生活生活 |  増やし方増やし方

気をつけたい!FX初心者が経験しがちな失敗談

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXを始めたら絶対に覚えたい経済指標

FXFX |  生活生活 |  増やし方増やし方

FXに向いている人の特徴3つ