キャッシュレスは止まらない。国が推進する理由とキャッシュレス市場の行方

宮田よし恵

2019.11.27.(水)

街で買い物をしていると「ポイント還元事業」のタイトルが目につきます。

増税の緩和策なのか? 国はずいぶんとポイント還元にご執心です。
消費者にとっては混乱することが多く、いつ・どのタイミングでキャッシュレスにすれば一番お得なのか? 知りたくても利用できるキャッシュレスが多すぎて見極めがつかないほどですよね。またここにきてソフトバンクとLINEが合併するニュースも入ってきました。このキャッシュレスについてまとめました。

国がキャッシュレスを勧める本当の理由

2014年 経済産業省はキャッシュレス推進を「日本再興戦略」として位置付けてきました。
その理由は

1.人口減少に伴い、決済業務の電子化でレジなどを省力化し無人化する。
2.不透明な現金資産の見える化
3.資金の流動性向上
4.不透明な現金流通の抑止をすることで税収向上を目指す
5.消費者購入履歴をデータ化することで消費動向を把握する

参照:経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」

簡単に言えばキャッシュレスになると、資金の流れが明らかになります。いつ・どこで・誰が・何を購入したかなどすべてをデータ化することが可能になることで消費動向がわかり、課税しやすくなるというものです。

最近では、あまり普及していないマイナンバーカードを持つと最大5,000円分のポイント付与をすることも決まりました。
海外でも同様にキャッシュレスが進んでいます。世界的なキャッシュレス化は今後も
進んでいくことは間違いありません。

では、お得に利用できるキャッシュレスはどれでしょうか。

キャッシュレスをこれ一つでとは決められない

交通系キャッシュレス

・Suica
・PASMO

交通系のキャッシュレスといえば、このSuicaとPASMOになるでしょう。通勤や通学で毎日利用する方も多いでしょうね。最近、JR系のSuicaはJREポイントを始めておりアプリでポイント管理もできるようになりました。

携帯系キャッシュレス

・d払い
・au wallet
・ソフトバンクまとめて払い

3大キャリアでは、支払いにスマートフォン代金と商品代金を一括で支払える収納サービスを各社行っています。上限金額はその方の与信状況や契約年数により異なります。

SNS系キャッシュレス

・LINE Pay

こちらも使っている人が多い、LINE Pay。
LINEは保険や金融市場への参入をしており、少額保険のLINEや投資信託、最近では信用調査のスコアリングをはじめLINE pocket Moneyという融資まで始めています。

商業系キャッシュレス

Pay pay
楽天Pay

ソフトバンク系のpay payは一気に広まった感があります。楽天も利用者多く、ポイントが貯まると評判のキャッシュレスです。

一般的なキャッシュレスをいくつかご紹介しましたが、皆様はいくつご利用中でしょうか? 本来ならポイントが貯まるように1種類に集中させるのが一番ではないか? とも考えられますがこれだけあるとキャンペーンや利用内容に差がありなかなか使い分けができないのが実情です。

ヤフーとLINEの合併でどう変わる?

ヤフーとLINE合併のニュースをお聞きになりましたか? またキャッシュレス市場が大きく変わる予感です。
しかし、ヤフーやLINEが目指しているはキャッシュレス市場を超えたスーパーアプリ
構想です。
スーパーアプリとは、一つのアプリで生活全般を支えることができるアプリのことですが、想像できるでしょうか?

ヤフーは携帯電話、コード決済、EC、金融、メディア、コンテンツ配信まで網羅していますが、そこに日本国内最大の「コミュニケーションツールであるLINE、宅配サービスのLINEデリマが加わります。ヤフーとLINEが合併すれば1社でまさに生活全般のサービスを提供することができるようになるのです。

便利になるという印象もありますが、市場の寡占化が進んでいくことにとまどいもあります。

個人情報は安全か? 他の競争がなくなることでサービスが低下しないのか? 消費者としては使いやすさとセキュリティ対策を保ったキャッシュレス社会になってほしいものです。

【キャッシュレス決済で5%還元!】2年以内に100万円以上の貯蓄を実現する方法を学べる

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

宮田よし恵

アパート経営10年の実績を活かし、不動産投資・起業・銀行など主にお金と投資について執筆多数。今後は、母を介護をしている経験からシニアと住宅・お金の問題に対しても発信していきたいです。

  • 資金100万円を1億円に増やすには?株・不動産・FXどれがいい?

    詳細を見る
  • 2020年の動きは?2019年のドル/円と来年の展望

    詳細を見る
  • NISA口座では分配金を出さない無分配型の投資信託がおすすめ!


    詳細を見る

こんな記事も読まれています

節約・貯蓄節約・貯蓄

新しい手続きが必要!?交通系ICカードでポイント還元してもらうには

節約・貯蓄節約・貯蓄

消費増税に負けない!~丸の内OLのポイント還元、キャッシュバックおススメを伝授!

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

消費増税の軽減措置やポイント還元には期限がある!?3つのポイントを確認

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

消費増税、「ポイント還元」利用で負担軽減を

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

政府が発行するマイナンバーカードがポイント還元でお得に?

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  使い方使い方

ショッピングはキャッシュレスで!10月からのポイント還元制度って?