日経平均が年初来高値を更新しても、個人投資家がその波に乗れていない理由

中原圭介

2019.10.29.(火)

日経平均は10月中旬に年初来高値を更新し、2万3,000円に迫る勢いを見せています。しかしながら、個人投資家の体感温度は2万1000円程度ではないかという解説がよく聞かれます。その理由は、日経平均とTOPIXの乖離が広がり、NT倍率(日経平均÷TOPIXで算出)が27年ぶりの高水準に達しているからです。

一握りの銘柄が日経平均を動かしている

実をいえば、日経平均はおかしな指数です。たとえば、メガバンクの一角であるみずほフィナンシャルグループ(10月24日の終値166.4円)が破綻して紙くずになったとしても、日経平均への下落寄与度は5円~6円程度にしかなりません。同じように、りそなホールディングス(同472.8円)の株価が1円になったとしても、日経平均は1円程度しか下がらないのです。

その一方で、ファ-ストリテイリング(同68440円)がたった1回でもストップ高するようなことがあれば、上昇寄与度は350円~400円にも達します。近年の日経平均に寄与する比率で見ると、ファ-ストリテイリング、ファナック、ソフトバンク、KDDIの上位4銘柄だけで20%超を占めているのです。上位10銘柄で見ると、その比率は30%超にまで達してしまいます。

このような状況は、業種別で見るといっそう浮き彫りになります。たとえば、日本経済の屋台骨を支える自動車メーカーでは、トヨタとホンダは1.2%程度、日産は0.2%程度しか寄与度がありません。銀行にいたっては、三菱UFJフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループが0.1%程度、みずほフィナンシャルグループが0.05%にも満たないという有様なのです。

世界の主要な株価指数の中で日経平均が特殊である理由

S&P500指数やナスダック指数、独DAX指数など、世界の主要な株価指数の大半は「時価総額加重平均型指数」です。これに対して、日経平均は時価総額を考慮しない「単純平均指数」であり、NYダウ平均と同じ算出方法となっています。ただし、大きな問題なのは、ダウ採用30銘柄の寄与度格差は数倍以内に収まっているのに対して、日経平均では700倍を超えているという異常な水準にあるということです。

日経平均が上がっても個人投資家の体感温度は低い?

日経平均と個人投資家の体感温度に隔たりがあるのは、NT倍率(日経平均÷TOPIXで算出)が27年ぶりの高水準に拡大していることが原因です。日経平均採用の一部の値がさ株が買われる一方で、個人投資家が買いやすい株価水準が低い銘柄の多くがそれほど上がっていないのです。10月24日時点のNT倍率は13.81倍と、1992年以来の水準で推移しています。

NT倍率に上昇傾向が表れる時は、株価が上昇しても個人の体感温度はそれほど高まらないことが多いのですが、今回も例外なくそのような展開になっています。これは、個人投資家がファーストリテイリングなどの値がさ株を持っているケースが非常に少ないことに起因しているのです。おまけに、個人投資家が好む新興市場では、マザーズ指数が2018年の2月に天井を付けて以来、右肩下がりで推移し低迷を続けています。個人投資家の懐具合はそれほど良くないと思われます。

株式投資で利益を出すのに必要な基礎知識を最短3ヶ月でマスターできる

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中原圭介

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)、『ビジネスで使える 経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)、『日本の国難』『お金の神様』(講談社)などがある。東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』、マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』、ヤフーで『経済の視点で日本の将来を考える』を好評連載中。

  • 資金100万円を1億円に増やすには?株・不動産・FXどれがいい?

    詳細を見る
  • 2020年の動きは?2019年のドル/円と来年の展望

    詳細を見る
  • NISA口座では分配金を出さない無分配型の投資信託がおすすめ!


    詳細を見る

こんな記事も読まれています

株式投資株式投資

今さら聞けない、基本すぎる株用語一覧

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

新興株ランキング:季節性通り?新興株、今年も弱かった…夏

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

株初心者必見!基本用語を学び、知識を備えよう!

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

株って何?初心者に分かりやすくFPが解説します

株式投資株式投資 |  生活生活 |  考え方考え方

今年こそ株式投資をはじめよう、口座開設にどの証券会社を選んだらいい?