自分の人生の演出家は自分でありたい

島津 信枝

2019.01.19.(土)

幸せ自作人こと島津信枝です。

先日は成人式でした。自分の20代の頃を思い出してみますと、夢多きと言うよりはどちらかと言えば、これから自分の将来がどうなるのか分からない不安を抱えた乙女だったように思います。

自分の人生の演出家になって人生を丁寧に作り上げていこうと思っていました。

当時の自分には今の私は想像出来ませんでしたが、今は人生のいろいろな経験(就職、結婚、育児など)をして、あの頃の不安は無くなり残りの人生を気楽に考えられるようになりました。

年を取れば取るほど気楽で人生が楽しくなるという話も聞きますが、何となく理解出来ます。

子育ても終わり、夫も定年退職をしたので社会的に気を使うことも減ったからでしょう。

また色々な体験を通して、考え、悩み成長できたからなのでしょう。

体験と経験の違い

ここで体験と経験の違いについて考えてみますと、「体験とは自分自身の身をもって実際に行うという意。経験とは体験したことを通して知識や技術などを会得するという意」と辞書には記されています。

ただ体験をしただけでは経験にならないのですね。

体験から学んで自分の経験とするには、感じ、考え、悩み、反省をし、工夫をして初めて経験として生きるわけです。

私達はあまり意識せずにこの様な事をしています。

年齢にばかりとらわれない思考が大切

これからの人生、10年後、20年後と想像することが難しい時代ですが、心身の健康さえ確保出来れば楽しいことが沢山待っていると思いたいものです。

また年を取ったからといって自分で可能性を狭めることは極力止めようと私は思っています。

例えば高齢者は転倒防止のためハイヒールの靴をローヒールの靴に替えるようですが、私は、履ける筋肉を出来るだけ長く維持することこそ大切と考えています。

自分の人生の演出家は自分でありたいと思います。

では 今日はこの辺で。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

【前回の記事はこちら】
納得できる老後を選択する為に必要なこと
老後破たんを防ぐ為に定年後を設計する
86歳の冒険家三浦雄一郎から学ぶ「自分」を諦めない生き方

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

島津 信枝

ファイナンシャルアカデミー「定年後設計スクール」修了
人形劇団くまさん 代表
日本ウニマ(国際人形連盟日本センター)会員
横浜市を中心に、人形劇フェスティバルや幼稚園や保育園等で公演活動を行う。
スウェーデン・マリオネット劇場付属学校に短期留学し、英国の代表的人形劇パンチ・アンド・ジュディの第一人者であった故パーシーフェイスJrと交流。人形劇団を主宰する傍ら、英語教室「くまさん英語教室」を運営し、英語教育の普及もライフワークとする。
ホームページ:人形劇団くまさん

  • 会社四季報を読みこなせ!優良銘柄を見極める重要指標10選

    詳細を見る
  • 不動産投資に必要な「現金」と「融資」について考える

    詳細を見る
  • 新興国通貨投資は成長期待じゃない?高金利のカラクリを明かす!

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

納得できる老後を選択する為に必要なこと

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

老後破たんを防ぐ為に定年後を設計する

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

86歳の冒険家三浦雄一郎から学ぶ「自分」を諦めない生き方

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

心地よい人付き合いの秘訣

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

「嫁姑問題」良好な関係を築く方法

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

今後の日本の教育、子育てについて考える