定年後 僕の日常生活健康法

こめまる

2018.12.20.(木)

こんにちは、こめまるです。

僕は歩くのが速くて、以前はよく一緒に歩いている人から、「歩くの速いですね」とか「もう少しゆっくり歩きませんか」なんて言われてものです。

しかし、50代も半ば過ぎになると、時々若い人に追い抜かれるようになりました。

最初は、追い抜いた人を抜き返したりなんて、バカなことをしたりしましたが、その内これが加齢というものかと受け入れるようになりました。

今日は、そんな僕の健康法について書きたいと思います。

定年後の三大不安でなにが大事?

定年後に限定しなくても、生きて行く上での三大不安は、「お金」「健康」「生きがい(孤独)」だと思います。

どれが欠けても、いきいきと生きてはいけません。

まあ、学生や20代の若いころなら、お金がなくても健康で夢があればいいですけど、定年後60歳を過ぎてからはさすがにお金がないのは辛いです。

だから、まずお金が大事と答える人が多いようです。

次に来るのは健康かな。実は僕は健康が一番大事だと思っています。

なぜなら、健康なら働くことが出来るからです。多少経済的に苦しくても働くことが出来れば少しは解消できますし、働いていればそこに生きがいを見出し、孤独にならずとも済むからです。

生涯年金を750万円多く貰える方法が学べる!

フィットネスクラブに行かなくても

最近のフィットネスクラブに行くと、どこも元気なシニアの人たちで溢れているそうです。

ある若い女性が、平日の日中にフィットネスクラブに見学に行くとお年寄りが多いので、今日は老人会の集まりがあるのか?とスタッフに尋ねた、という話を聞いたことがあります。

経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によると、平成29年のフィットネスクラブの売上高は、3,330億円で、延べ2億2,500万人と増加の一途をたどっているそうです。

契約人数が、日本の人口の倍にもなっていますが、一人で何件も掛け持ちしているのでしょうか?

その背景には長寿化に伴うシニア層の根強い健康志向があります。

僕は、定年後にスポーツジムやフィットネスクラブに行くのは、お金と時間の無駄と思い反対でしたが、そんな施設では、シニアの人たちのコミュニティが出来て、生きがいにもなっているという記事を読んで、最近は一概には反対しないようになりました。

僕がやっている健康法

でも僕はわざわざ大切な時間とお金を使って、スポーツジムやフィットネスクラブに行くことには抵抗を感じます。

そこで僕は、経済コラムニスト大江英樹氏の本に書かれていた、「少し無理する健康法」を心掛けて実践しています。

大江氏も他の人から勧められて実践しているそうです。

どんなことかというと、それは簡単で、日々の生活でエレベーターやエスカレーターを極力使わないで、自分の脚で階段の上り下りをしたり、とにかく歩くということです。

僕は、この大江氏の教えを受けて、毎日の出勤時や会社でもエスカレーターや3〜4階程度の移動は、階段を使うようになりました。

最初は大したことがないと思っていましたが、しっかり実践するとなかなかハードなのです。

しかも働くことで自然と発生することなので、そのために時間やお金を使うことはありません。

これは一石二鳥だなと思っています。

最後に

僕は若いころから、わざわざ時間とお金を使ってスポーツジムに通ったり、皇居の周囲を走ったりすることに批判的でした。

健康を維持するなら働けばいいんだというのが僕の持論でしたし、今の同じ考えです。

もちろん当時の僕は、外回りも多く、一日に確実に一万歩は歩いていたので、そう思っていたのでしょう。

でもさすがに60歳を超えてくると歩く時間も歩数も少なくなったようです。

でも、日常生活で「少し無理する健康法」は、働くという行為の中で実践できるのでおすすめです。

【前回の記事はこちら】
再雇用制度の上手な使い方
定年後 合唱の力を感じる時
定年後 一番怖いのは孤独になること

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

こめまる

1957年9月、富山県生まれ、早稲田大学社会科学部を卒業後、港区の宝飾品専門会社に入社。2017年9月、同社を定年退職し、そのまま再雇用制度を利用し、継続勤務中。現在、横浜市のアパートに妻、娘2名、猫3匹と同居
定年退職の約1年前より、ブログ「中年は荒野をめざす」を運営し、リアルな定年前と定年後の生き方を発信中。
定年後も体が続く限り働くことをモットーとし、働くことは、健康を維持し、生きがいを感じ、生活費を得る良い手段と考え、日々フルタイムで働いています。
クラシック音楽を聴くことを趣味とし、現在LP、CD合わせて1000枚以上所有。聴かずに死ねるかとマニアックな名盤、珍盤を日々集め、聴きまくっています。

  • 住宅ローンの繰り上げ返済はしたほうがいいの?「マイホーム購入スクール」講師に訊く

    詳細を見る
  • 銀行の退職金プランの高金利に騙されるな!

    詳細を見る
  • 韓国の徴用工判決は全くのナンセンスなのか?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

再雇用制度の上手な使い方

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

定年後 合唱の力を感じる時

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

定年後 一番怖いのは孤独になること

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

高齢者と外国人が日本を救う!?

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

定年後の8万時間に挑戦

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

定年後1年 再雇用者のつぶやき