脳の老化の原因になる「脳過労」とは!?

島津 信枝

2018.11.16.(金)

幸せ自作人こと島津信枝です。

「脳過労」という言葉をご存知でしょうか。私は最近この言葉を知ったのですが、脳に情報を入れすぎて脳が消化不良を起こしたような状態を言うそうです。

現代人は、スマホでSNSをチェックしたり、ゲームをしたりして大量の情報を脳に与え続けています。

その結果、脳内のネットワークに支障が出て、例えば脳の検索機能が上手く動かなくなり、人の名前が出てこないなどの症状が現れるそうです。

最近の私も人形劇や英語教室の仕事が忙しく、あちこち連絡したり、インターネットで調べ物をしたりと休む間もなく脳を酷使しているので、もしかすると脳過労かもしれません。

そういえば、固有名詞が出てこなくて気のせいか「あれ、これ」などと言うことが増えているような気がします。

ぼんやりする時間が大切

この脳過労の恐ろしい点は、「脳の老化の原因になる」とも言われているところです。脳の疲労が蓄積すると大変なことになりますね。

でも予防法があるとのことで少し安心しました。物事に集中し続けると脳が疲弊してしまうので、予防には、先ずは何も考えずぼんやりする時間を意識的に持つといいそうです。

脳はぼんやりしているときに次の仕事に進む体勢を整えるため、1日5分でも何もしないでぼーっとする時間を作ることが有効です。

私もお風呂でぼんやりするのが好きですが、無意識に予防していたのかもしれません。

また、気分転換を兼ねて、例えば右ききの人が左手を使ったりするなど今までと違うことをすることで脳に刺激を与えることも脳過労の防止に役立つようです。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

「脳」へのケアも取り入れよう

身体の疲れをとるために休憩したり、老化を防止するために体操をするなど、身体の守り方は何となく理解していますが、脳過労は新分野です。

多分、身体と脳は密接に関係しているでしょうから、今まで通りに身体を鍛えながら脳に良いことも加えていこうと思っています。

また元気で長生きをされた先人の生活習慣なども参考にしたいと思います。

では 今日はこの辺で。

【前回の記事はこちら】
子育てにおいて大切な大人の役割
「時間にとらわれないゆとりある暮らし」を考える
便利は不便!?便利に慣れすぎない大切さについて

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

島津 信枝

ファイナンシャルアカデミー「定年後設計スクール」修了
人形劇団くまさん 代表
日本ウニマ(国際人形連盟日本センター)会員
横浜市を中心に、人形劇フェスティバルや幼稚園や保育園等で公演活動を行う。
スウェーデン・マリオネット劇場付属学校に短期留学し、英国の代表的人形劇パンチ・アンド・ジュディの第一人者であった故パーシーフェイスJrと交流。人形劇団を主宰する傍ら、英語教室「くまさん英語教室」を運営し、英語教育の普及もライフワークとする。
人形劇団くまさん https://kumasan.yokohama/

  • 12月の予算決め、お年玉はいくらにする?

    詳細を見る
  • 投資信託、数ある中で自分に合った選び方とは?

    詳細を見る
  • 定年後 お金の不安は自分で働くことで解消

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

子育てにおいて大切な大人の役割

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

「時間にとらわれないゆとりある暮らし」を考える

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

便利は不便!?便利に慣れすぎない大切さについて

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

自分流を貫く勇気から生まれるもの

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

断捨離をして手に入れる心地よい暮らし

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

カタカナ言葉を減らして美しい日本語を使おう