『ウドウロク』より 自分らしく生きるために 場所を変える選択

ナカセコ エミコ

2018.11.05.(月)

50歳は人生の節目。新しい生き方を選ぶとしたら、これまでに多くの経験を積みつつも、まだまだ体力・気力に満ちたよいタイミングであるといえるでしょう。

異動・転職・起業、結婚・離婚など、人生にはいろいろな転機があります。

50歳にもなれば、これまでとは悩みの内容も変化していくものです。大組織を退職して、新天地にて活躍する道を選んだアナウンサー・有働由美子著『ウドウロク』 より、50歳を目前にして見えてきた考え方をご紹介します。

日々、一筋縄ではいかないことばかり

年の数と同じように、考えごとも色々と増えていく。親の面倒、自分の将来(仕事の)、自分の将来(老後の)、転勤、友人の病気といった一筋縄ではいかぬことばかり。二十代の頃のように、誰かに相談して簡単に解決したり、共感されたりするような単純な話はほとんどなくて、いくつもの案件が複雑に同居している。
<32ページより引用>

著者といえば、NHKの看板アナウンサーとして、さまざまなジャンルの番組で司会を歴任。そのまま在籍していれば、間違いなく幹部の席が約束それていたであろう人物です。

この秋からは、新しく民放番組のキャスターに就任。視聴率や動向がネットニュースにも取り上げられ、何かと注目されています。

しかし、一般人に置き換えたら、著者の決断はなかなか大きなことです。専門スキルがあるとはいえ、50歳手前の女性が新卒から働いてきた大企業を退職。幹部の椅子を蹴ってまでフリーの道を選ぶということは大変な勇気です。

いつも明るく、自由闊達に見える著者ですが、本著の中でも率直に自身が感じているさまざまなことを語っています。

スーパーマーケットでの日々の買い物、男社会におけるちょっとした会話のやり取り、体調を崩したときも自分でどうにかしてしまうたくましさ。

一筋縄ではいかない世代だからこそ抱える難しさの数々は、同年代であれば誰もが感じている悩みなのかもしれません。

素と個性は違っていることを知る

私も若い頃は勘違いしていたが、素と個性をごっちゃにしちゃいけない。個性は個性で、素は素。素が、いろんなものを兼ね備えたそのままの自分だとしたら、人に見せる個性は、そのごくごく一部だと、私は思っている。
<176〜177ページより引用>

近年、自分らしさ、個性を出していくということが大事という風潮があります。

しかし、素と個性は似て非なるものであるということは、大人であればわきまえておかなくてはならないポイントでしょう。

自分自身に対する思慮分別を持った振る舞い、よく分からなくて難しいときもあります。著者が個性というものを自分なりに正しく意識したのは、社会人になってからであるといいます。

多くのアナウンサーがいる巨大組織の中で、自分の個性について考えた著者。いくら自分が「こんな私の個性をわかってほしい」と思っても、他人の目に映るものが同じであるとは限らないということに気がついたのだといいます。

それをよく認識しないと「理解されない」「分かってもらえない」というジレンマに繋がるようです。

自分はどんな場所にどんな立場でいて、どういう仕事をしていて、何歳で、どういう容姿なのか……。

すべて見ている他人が自分のことをどんな個性の人間だと思っているのか。それさえ掴めていれば、あとは楽になると著者は軽やかに語ります。

場所を変えていくという選択

組織に所属している以上、ある程度の年齢や立場になったら、組織全体を見渡す視点は必要です。次の世代に今の場所を譲り、人を育てていくという変化も甘んじて受けなくてはなりません。

しかし、著者は、それはよく分かった上で、「いつまでも現場にいたい」という思いがあったことを綴っています。

そのために、思い切って場所を変えていくという決断は、一般の仕事に就いている人であっても、しなくてはならないときもあるのかもしれません。

いずれにせよ、私たちも一度しかない人生、後悔しない選択をしていきたいものです。

タイトル:ウドウロク
著者:有働由美子
発行:新潮文庫
定価:562円(税込)

【前回の記事はこちら】
孤独は怖くない ひとりサイズでのびのびと生きていく人生
幸せかどうかは自分で決める 80歳現役イラストレーターの生き方
101歳の精神科医がすすめる 自分を支えてくれる習慣

生涯年金を750万円多く貰える方法が学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家&ブックコーディネーター。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。https://www.filage.co/

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~番外編その2〜

    詳細を見る
  • 定年後 一番怖いのは孤独になること

    詳細を見る
  • 内装リフォームで気を付けたい2つのこと

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

孤独は怖くない ひとりサイズでのびのびと生きていく人生

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

幸せかどうかは自分で決める 80歳現役イラストレーターの生き方

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

101歳の精神科医がすすめる 自分を支えてくれる習慣

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

スウェーデン発「終いじたく」という考え方に学ぶ 人生の片付け法

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

イタリア女性に学ぶ 50歳という人生の節目に生き方のスタイルを作る

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

いつか一人になったときのために 今からしておくべき住まいの整え方