定年退職者 明日に向かって撃て!

こめまる

2018.08.04.(土)

ちょっとした事件がありました。

はたから見ればとても事件と呼べるものではありません。

でも僕にとっては人生の一大事でした。

ことの発端は、定年後2年目の契約についてです。(定年後1年目の働き方については前回の記事「定年後再雇用になって、自分の役割を見つける」を御覧ください。)

僕は、昨年10月以来、1年ごとの契約社員です。

定年前とほぼ同じ業務をしていますが、
当然役職はなく、その分責任もありません、多分。

そして2年目の契約を前にして、今後やりたいことの準備のために、
週4日勤務を申し出たのです。

最初に相談した人事関係の責任者は、すんなり、8掛けくらいでいけると思う、
と言っていたのでそのつもりでいて、直属の営業の責任者に伝えたら、
とんでもないとばかりに、経営者に相談するが給料は8掛けどころが半分くらいになると思う、というのです。

そんな馬鹿な、と翌日の回答を待っていたら、本当に週4日という1日減らすだけで大幅減ということがわかりました。

たかが1日、されど1日だったのです。

そこで、私の選択肢は、週5日勤務で続けるか、それとも契約の更新はしない、つまりやめるかということになったのです。

僕は、妻にも相談すると言って、回答を翌日まで持ち越しました。

妻と娘を交えての家族会議

妻は、大手の家具量販店に勤めていて、
しかも遅番に入っているので、いつも帰宅は午後10時過ぎです。

妻が帰ってくるのを待って、自分はどうするのがベターか、妻の意見を聞きました。

妻は、もともと再雇用は1年だけと聞いているからやめてもいいよ。
私が勤めている会社なら、店舗はたくさんあるし、シニアも積極的に採用している。
この会社の求人サイトで見てみたら?

ということで見てみると、ここで初めて自分の甘さを実感しました。

つまり、その妻が勤める大手家具量販店は、店舗も多く僕が住む地域でも、30分以内で行けそうな店舗も2~3店あります。

でも、週3日、20時間程度が基本なんですね。
時給1000円だとしても、月8万円位にしかならない。

それをいうと妻は、近所にコンビニが出来るからそこと掛け持ちしたら?
なんて言い出す始末です。そこで、週3日働いても同じように月8万円。

まだ収入がないけど、僕が個人事業主になって稼ごうと考えている案件では、まだ月2~3万円。

合計18万円か。。。

しかも今より勤務日数が増えるではないか!

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

一晩悩んでも結論が出ない時もある

ここ数年で一番悩んだ一晩でした。
夜中も悶々として、今の会社に残る、いや去る、と行ったり来たりで、
通勤時の電車の中でも、考えは決まらない。

大学生の時、家から仕送りをもらわずにアルバイトで乗り切った僕ですが、
学生の時は、アルバイトを辞めても、なんとかなるさ、と気楽でした。

でも、今は人生の酸いも辛いも味わってきた60男ですが、逆にお金のない辛さもわかるので、どうしてもなんとかなるさ、とはいきませんでした。

考えがまとまらないうちに出社。
いつものように、タイムカードを押して、自分の席に着く。

そして自分のPCを立ち上げた瞬間、僕は決めました。

もう1年だけやろう。

いや、もう1年だけお前にチャンスをやる。

ここを辞めて稼げる自分になっていることが条件だ。

と自分に自分を言い聞かせたのでした。

期限を決めて再出発

これが36年間雇われてきて人間の論理だったのでしょうか?

雇われされすぎた人間の弱さだったのでしょうか?

でも、自分に期限を付けたのです。
妻にもはっきりと言いました。
2019年の夏まで今の会社で働くとね。

そうしたら、あら、いいんじゃないだって。
やはり妻は収入があった方がいいのでしょう。

やめてしまえば、アルバイトをすると言っても、いまの半分近くまで落ちてしまいます。

この再雇用を1年延ばしたことが良かったと思えるかどうかは、
自分自身の努力でしかないんですね。

結局、明日に向かって撃てなかったわけです。

一方、60過ぎでも働くことに悩めるとのいうのは、幸せなのかもしれません。

【前回の記事はこちら】
定年後再雇用になって、自分の役割を見つける
知らない間に人生100年時代、定年後の働き方

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

こめまる

1957年9月、富山県生まれ、早稲田大学社会科学部を卒業後、港区の宝飾品専門会社に入社。2017年9月、同社を定年退職し、そのまま再雇用制度を利用し、継続勤務中。現在、横浜市のアパートに妻、娘2名、猫3匹と同居
定年退職の約1年前より、ブログ「中年は荒野をめざす」を運営し、リアルな定年前と定年後の生き方を発信中。
定年後も体が続く限り働くことをモットーとし、働くことは、健康を維持し、生きがいを感じ、生活費を得る良い手段と考え、日々フルタイムで働いています。
クラシック音楽を聴くことを趣味とし、現在LP、CD合わせて1000枚以上所有。聴かずに死ねるかとマニアックな名盤、珍盤を日々集め、聴きまくっています。

  • 苦しい仮想通貨相場~普及が鍵~

    詳細を見る
  • 健康不安を抱える中高年の個人事業主が法人成りを考えたい2つの理由~中高年の場合~

    詳細を見る
  • 住宅ローンはいつまでに返済しておくべき?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

定年後再雇用になって、自分の役割を見つける

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

知らない間に人生100年時代、定年後の働き方

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

伝説のシスターが伝える、人生において大切にすべき真の豊かさ

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

『丁寧に暮らしている暇はないけれど。』から学ぶ暮らしづくりのコツ

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

老後の住み替え問題 ベストな時期や選ぶポイントとは

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?