50代は人生の切り替えどき 女性がもっと輝くために必要なこと

ナカセコ エミコ

2018.07.27.(金)

一般的に女性は50代になると体の変化が大きく出るといいます。たとえば、さまざまな不調に対して「更年期障害だから……」と、その変化に対してネガティブな表現をされがちです。

しかし、自身の現状や対処する方法をきちんと知っておけば、50代は人生における切り替えどきであり、本来はとても充実した年月のようです。

伊勢田愛著『50代女性がもっと輝く〝魔法の習慣〟』 より、女性が50代をもっと輝かせていくためのポイントをご紹介します。

50代は分岐点であり、「始めどき」

50代になったなんて信じられない……というのが50代の方の感想なのではないでしょうか。
私はエステティシャン、また、食生活指導士として、いろいろな年代の多くの方に関わってきましたが、女性にとって、50
代は体が大きく変わる時期だと感じます。中略
過去1年間で、何か新しいことを始めましたか?新しいことを始めると脳に刺激が与えられ、脳細胞が活性化しますし、世界が広がります。
<2・14ページより引用>

エステティシャンであり、食生活指導士である著者は、自身が50代を迎えたときには、あまり実感がなく、もう50歳だけれど対して変わらないなと思っていたといいます。

しかし、だんだんと疲れが取れにくくなって、筋肉が落ちやすくなる。そして、肌がたるんで痩せにくくなったりと、50代の問題が少しずつ自分の身にも降りかかってきたのだといいます。

さらに、著者は、50代女性には閉経という大きな分岐点があるといいます。閉経前には女性ホルモンが分泌されていますが、閉経後には体ががらりと変わっていく。閉経を挟んだ数年間は、更年期と呼ばれるホルモンの切り替わり時期にあたるため、さまざまな体と心の不調があらわれるといいます。

このように、女性にとって50代は大きな変化を乗り越えていく時期であるといえるでしょう。

とはいえ、50代は、自身や配偶者の仕事が安定したり、子どもが親離れをしていったりと、自分の時間が増える時期でもあります。そして、閉経後は、女性ホルモンが減少する代わりに、男性ホルモンが増加して積極的になり、前向きになれるのだとか。

そんなときだからこそ、以前からやりたかったこと、新しいことを始めるチャンスであると著者はいいます。

まさに50代は、大変なことばかりではなく、今までできなかったことにチャレンジできる、新しいことの「始めどき」であるといえそうです。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

自律神経を整えれば心も体も整う

更年期障害を軽くするためには自律神経を整えることが大切です。
また、更年期障害の症状がない方にとっても、自律神経を整えることは大きなメリットがあります。というのも、自律神経が乱れると精神的に不安定になり、気持ちの浮き沈みが大きくなってしまうからです。
身体的にも、頭、眼、心臓、胃、腸など、あらゆるところに不調が現れてしまいます。

<192ページより引用>

更年期障害は、おもに閉経前後の10年間に症状が出やすいといいますが、仮に50歳で閉経するとしたら、45歳から55歳あたりまでがその時期に当たるといえます。だとしたら、50代の約半分を占める年月を、できる限り快適に過ごしたいものです。

更年期障害の症状を軽くするためには、自律神経を整えることが大切であると著者はいいます。また、症状が特に出ていない人であっても、自律神経を意識することには、良い効果がいろいろとありそうです。

そもそも自律神経とは、呼吸をする、内臓を動かすなど、体の機能や活動を調整するために、24時間無意識のうちに働き続けている神経。自律神経には、緊張しているときに作用している交感神経と、リラックスしているときに作用している副交感神経があります。

交互にバランスをとって作用するのが理想ですが、加齢とともに副交感神経の働きが落ちて、バランスが崩れてしまうのだとか。いったいどう対処すればよいのでしょうか。

自律神経を自分でコントロールする唯一の方法は、呼吸であると著者はいいます。ゆっくりとお腹を使って呼吸しているときは、副交感神経が優位になり、浅い呼吸のときには、交感神経が優位になっているといいます。

腹式呼吸を心がけて、心身のためにも、自律神経をしっかりと整えていきたいものです。

健康診断で早めにリスクに対処する

会社で実施している健康診断を受けている人はともかくとして、自営業や主婦の人は、ついつい受診しないまま何年も経ってしまうということがあるのかもしれません。がんなどの重大な病気を見つけるだけではなく、すぐには命に別状がない高血圧や高コレステロールなどの生活習慣病あっても、早く気づいて対処していくことが大切であると著者はいいます。

よりよい50代を過ごしていくためにも、自分の健康は自分でチェック、積極的にケアする習慣を身につけたいものです。

タイトル: 50代女性がもっと輝く〝魔法の習慣〟
著者: 伊勢田愛
発行: 彩図社
定価:700円(税込)

【前回の記事はこちら】
50代「人生格差」に負けずに、自分らしくしなやかに生きる方法
伝説のシスターが伝える、人生において大切にすべき真の豊かさ
『丁寧に暮らしている暇はないけれど。』から学ぶ暮らしづくりのコツ

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家&ブックコーディネーター。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。https://www.filage.co/

  • 新しい手続きが必要!?交通系ICカードでポイント還元してもらうには

    詳細を見る
  • FXにおけるGDPと貿易

    詳細を見る
  • 被災した後にかかった医療費はどうなるの?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

50代「人生格差」に負けずに、自分らしくしなやかに生きる方法

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

伝説のシスターが伝える、人生において大切にすべき真の豊かさ

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

『丁寧に暮らしている暇はないけれど。』から学ぶ暮らしづくりのコツ

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

老後の住み替え問題 ベストな時期や選ぶポイントとは

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証