日本全国どこでも起こりうる異常気象に備える

松浦 建二

2018.07.14.(土)

===========================
平成307月豪雨により被害を受けられました皆さまに
心からお見舞い申し上げます。
===========================

7月上旬に西日本で記録的な豪雨があり、多くの被害をもたらしました。想定を上回る豪雨によって命を落としたり避難生活を強いられたりした人も多くいました。

このような災害が起きるたびに備えの重要性を改めて考えますが、時が経つとどうしても危機感が薄らいでしまいます。そこで、少しでも未来へ備えるために、今回のような豪雨の過去の発生状況について調べてみました。

7月の豪雨は倉敷と広島では過去2番目の降水量

平成30年7月豪雨で被害の大きかった倉敷・広島・宇和島について、7月4日から5日間の降水量を確認してみました。降水量1mmは、水槽に高さ1mmの雨等が溜まるイメージです。

平成30年7月豪雨の降水量

倉敷と広島は豪雨のピークが6日、宇和島は7日で、1日の降水量は広島が6日に229mmで特に多く、1時間あたりの降水量は宇和島が7日に59.5mmで特に多い状況でした。

3地域の中では倉敷の降水量が少ないですが、被害の大きさとは必ずしも一致していません。それは過去と比較してみると理由がわかります。3地域の過去の降水量の記録をまとめてみました。

倉敷・広島・宇和島の過去の降水量記録

※統計開始日は倉敷1976年、広島1879年、宇和島1922年
※倉敷は24時間の最大降水量ではなく1日の最大降水量で記載

年間の降水量をみると、広島と宇和島は多い年だと2,500mm程度にもなりますが、倉敷は多い年でも1,537mmしか降ったことがありません。

1時間の降水量をみても同様で、倉敷の降水量は広島や宇和島よりも少ないです。今回の豪雨は、倉敷と広島では過去2番目(24時間または1日の降水量)の記録ですが、宇和島は過去の記録に比べて極端に多いわけではありません。

豪雨による被害は、降水量が他の場所より少なくてもその場所で過去に例がないほどの降水量になれば、大きくなる傾向にありそうです。

西日本は東日本より降水量が多い!?

平成30年7月豪雨で被害の大きかった倉敷や広島は、比較的雨が少ないと言われている瀬戸内海地方に位置しています。他の地域の過去を見てみると、今回の豪雨をはるかに上回る物凄い降水量の記録が残っていました。下記は1日の最大降水量と1時間の降水量の歴代全国ランキング(気象庁調べ)です。

日本全国の降水量ランキング

※統計開始(地点により異なる)以降の各地点の観測史上1位の値にてランキング
※※1時間の降水量で香取と長浦岳は同順位、甲佐と清水も同順位

過去日本で最も1日の降水量が多かったのは、高知県東部の魚梁瀬(やなせ)で851.5mmにもなります。2011年7月なのでわずか7年前の出来事です。
同じ日に三重県の宮川でも764.0mmを記録しています。10位までは全て三重県より西に位置しており、そのうち四国が5ヵ所を占めています。
降水日は9月が6回、7月が3回、8月が1回で夏に集中しています。

1時間の降水量で過去最も多かったのは、千葉県香取と長崎県長浦岳の153.0mmです。150.0mmで4位の熊本県甲佐は2016年6月の出来事なので、記憶にある人も多いでしょう。降水日は11月が3回、10月が2回、4月と6~9月が各1回でかなりバラツキがあります。

水槽に1時間で15cm、1日で85cmの高さまで溜まるような雨量は、想像するだけでも恐ろしいです。ここまで降らなくても豪雨があれば、地盤の緩みや下水管の氾濫、河川の氾濫や決壊等は十分想定できます。

東京や大阪でも豪雨はいつでも起こりえる

最後に東京・名古屋・大阪の過去の降水量の記録を載せておきます。東京や大阪で暮らしている人々も豪雨は決して他人事ではありません。

大都市の過去の降水量記録

※統計開始日は東京1875年、名古屋1890年、大阪1883年、尾鷲1938年

3都市の記録を比べると、年間降水量・24時間降水量・1時間降水量の何れも名古屋・東京・大阪の順になっています。
名古屋は広島や宇和島より年間降水量は下回っているのに、24時間降水量と1時間降水量の記録は上回っています。名古屋の方が激しい豪雨になる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

過去の記録で確認した限りでは、記録的な豪雨は西日本を中心に広範囲で起こりえます。時期は夏が多いですが、4月や11月でも記録的な豪雨はあります。

豪雨や地震等の天災は防ぎようがありません。起きた時のためにどのような備えをしておくか、起きた時にどのような行動をするか、日頃からシミュレーションしておくことは重要です。避難場所の確認や防災用品の準備、さらには火災保険で安心できる水災への備え等もしておきましょう。

気象庁ホームページ 過去の気象データ検索

【前の記事はこちら】
不思議なことに離婚は3月が多く11月が少ない
定年退職後に必要なお金を生活費からイメージしてみる!
介護保険のお世話になりたくなかったら、何をしておくと良い!?

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

松浦 建二

CFP®認定者・1級ファイナンシャル・プランニング技能士。青山学院大学卒、大手住宅メーカーで戸建てやアパートの営業を経験後、外資系生命保険会社へ転職し生命保険と投資信託の営業を経験。2002年からファイナンシャルプランナーとして主に個人のライフプラン、生命保険設計、住宅購入総合サポート等の相談業務を行っている他、FPに関する執筆や講演も多数おこなっている。青山学院大学非常勤講師。http://www.ifp.cc/

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について