ポタリングで健康増進しながら、ストックフォトの撮影素材を探す!

夏夫

2018.06.18.(月)

前回の記事で埼玉県川口市から、白山神社(文京区白山5-31-26)まで自転車で行ってアジサイの写真を撮影してきたお話を書きました。
元々サイクリングは好きで、若いころは趣味のひとつでしたが、片道50kmに及ぶようなサイクリングを楽しんでいました。

しかし、現在はポタリング(散歩感覚の軽いサイクリング)でストックフォト撮影を楽しむ日々となっています。そのことを“ポタリング圏内のストックフォト”と自称しています。
目的地をめざしてがむしゃらに走るサイクリングではなく、私の場合、ママチャリに追い越されるほどのスピードで、のんびりとまわりの景色を見て、ストックフォトのネタを探しながらのポタリングです。

ストックフォトのヒントはポタリングで集める


このコラムの第5回目の記事で「ストックフォトの素材は、身の回りに無限といえるほど存在している」と書きましたが、遠くの観光地に行かなくても、有名なスポットに出かけなくても身の回りでストックフォト撮影はできるものです。

極端な話、私の場合は散歩圏内で写真撮影することも頻繁です。そして、そんな写真も売れています。でも、ポタリングで行動範囲を拡大することで、さらに多様性のあるストックフォトを集めることができます。

この写真は埼玉県川口市内の芝川サイクリングロードの風景です。

休日で天気がいいとなると、まずはこの道をポタリングしてから、さて今日はどこに行こうか?というパターンになることが多くなっています。

ポタリングは健康増進にも効果的!

ストックフォト集めに活用しているポタリングですが、もちろん健康のためにも有効です。自転車は膝や腰に負担をかけることなく、ゆるやかな運動を長時間続けることができ、いわゆる「有酸素運動」の効果が得られます。

私が愛用している自転車が、下の写真にも写っています。ポタリングにはこのような自転車が機動性がよく、最適だと思っています。

有酸素運動とは、筋肉に軽い負荷をかける運動を長く続けることで、体内に酸素を多く取り込んで、体内の脂質や糖質を燃やすことができる運動のことです。
有酸素運動を始めて20分ほどは血液中の糖質などがまず消費され、20分を超えるころから、体内の脂肪の燃焼が始まります。そのため、有酸素運動は20分以上続けることがポイントですが、ポタリングをしていれば20分などあっという間にたってしまいます。
自転車をこぐ時に最も使われる筋肉は、太ももなど下半身の筋肉が中心で、その筋肉は体全体の筋肉量の約70%を占めると言われているため、無理なく有酸素運動の効果が得られることになります。

また、ゆるやかな運動を長時間続けることにより、血糖値を下げ、糖尿病に効果があるとか、白血球が活性化されて、免疫力の向上に役立つという研究も報告されています。
自転車をこぐことは、意外と消費カロリーも大きく、たとえば体重60キロの人が1時間運動した場合でみると、自転車428kcal、ウォーキング302 kcal、ジョギング441 kcal、水泳523 kcalであり、自転車の消費カロリーはジョギングに次ぐ数値となっています。

しかし、健康の効果うんぬんよりも、自転車をこいで全身で風をきって、あちこちの風景を楽しみながらのんびり走ることそのものが爽快で、脳の活性化にもつながるそうです。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

ポタリング途中で出会った「風景」

目的地を決めてポタリングすることもありますが、実はその道のりの途中で出会う撮影のチャンスもたくさんあります。というか、そんな風景との出会いを楽しむのがポタリングによるストックフォト集めの醍醐味かもしれません。

この写真は埼玉県川口市の芝川サイクリングロードで出会った野良猫のストックフォトです。このサイクリングロード沿いには野良猫が多く、猫好きにはたまらないスポットです。


この吹き流しと青空の風景も、荒川沿いの土手を自転車で走っているときに見つけたシーンです。こんなストックフォトを使ってもらえるのだろうかと、半信半疑でPIXTAに登録しましたが、実際にご購入いただいています。


このストックフォトは、新宿界隈をポタリング中に撮影した作品です。この都市景観も実際にご購入いただいています。


そしてこの写真は、葛西臨海公園(東京都江戸川区)まで自転車で走った時に、何気なく撮影したディズニーリゾート方面のホテル群の遠景です。
ごく普通の風景写真ですが、この作品はこれまで7回もご購入いただいている人気作です。

次回のコラムでは、実際にポタリングで何度も行っている場所や行ったことがあるおすすめスポットで撮影したストックフォトをご紹介したいと思っています。

【ここがポイント!】
ポタリングの途中で欠かせないのが水分補給です。
特に炎天下でのポタリングでは、うっかりすると命に関わりかねない大切なもの。
ポイントは、喉が渇いていなくても少なくとも1時間おきには水分補給を心がけてほしいということです。
「喉がかわいていなくても」という点が重要で、喉が渇いたという実感が出てからではすでに体内の水分が不足していて、熱中症一歩手前になっている状態だそうです。
喉が渇いているいないに関係なく、特に夏場は常に水分補給を意識してポタリングを楽しんでいただきたいと思います。

当コラムに掲載されている作品は、無断転載、無断使用はすべて禁止されています。写真右下の“©natsuo / pixta.jp _”に記載の番号をPIXTAサイトの検索バーに入力いただくか、以下から該当作品のページに移動いただくと、作品を購入することができます。
荒川サイクリングロード:17004045
真夏の青空の下で走る自転車:17666727
埼玉県川口市の芝川サイクリングロード:24704357
荒川大橋付近の荒川土手の夕暮れの風景:34874491
落葉と緑の葉の間に佇むキジトラ猫:20850169
吹き流しと青空:23452622
新宿通りの道路標示(路面標示・規制表示)の都市景観:33792358
葛西臨海公園から見た東京ディズニーランド方面のベイサイドエリア:23493889

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

夏夫

昭和33年(1958年)生まれのサラリーマン。趣味と副業の両立のために、2015年からPIXTAというストックフォトサイトに登録しクリエイター活動を始める。2016年1月から始めているAmebaブログ「こんな写真撮ってます!売ってます!」も毎日更新中。趣味はもちろん写真撮影。特技は料理作りで、家族の食事を毎日担当。副業としては、ほかにも古賀プロダクションにエキストラ登録中。
アメブロ:「こんな写真撮ってます!売ってます!」https://ameblo.jp/natsuo0729/
PIXTAプロフィールページ:https://creator.pixta.jp/@prof578938

写真素材 PIXTA

  • 不動産投資的視点でみる「新駅誕生」の影響〜高輪ゲートウェイ駅開業〜

    詳細を見る
  • 最近話題になっている家族信託の基礎を知る

    詳細を見る
  • 実際の決算書を読もう「東京ドーム」

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

ポタリング圏内での撮影 〜文京あじさいまつり

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

こんなストックフォトが売れています!(1)

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

楽しむためのストックフォト&祭りで楽しもう!

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

ストックフォト撮影はコンパクトデジカメ

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

写真人生のスタートはミノルタSRT101

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  貯め方貯め方

「運命の流れ」を感じたストックフォトとの出会い