定年を迎えてからでは遅い 手続きを制する55歳からの定年プロジェクト

ナカセコ エミコ

2018.05.02.(水)

定年というと、まだまだ先の話のように感じるものです。今まで長い間、忙しく働いてきたのだから、定年後のことは退職してからゆっくり落ち着いて考えようという人も多いでしょう。しかし、定年後にするべき公的手続きにはさまざまな方法があり、向かう方向によってまったく違ってきます。人生の1/3をより幸せに過ごすために、長尾義弘・中島典子著『金持ち定年、貧乏定年』 より、定年前の準備と直後の手続きに関するポイントをご紹介します。

老後の収支を試算してライフプランを立てる

失業等給付(基本手当)、健康保険、自分の年金、妻(配偶者)の年金など、定年した直後には、やるべき手続きが満載です。退職する年齢が60歳か65歳か、さらには65歳以上も働き続けるのかといった状況によっても、手続きは変わってきます。具体的に動き出すのは定年を1ヵ月後に控えたあたりからになりますが、事前に把握しておくことは大事です。というのも、選択肢は1つとは限らないためです。手続きを終えてから、あちらがよかったと悔やんでも後の祭り。お得な方法を知っていれば、老後にも大きな差がつきます。「定年は手続きを知り、賢く選ぶ」これが金持ち定年への第一歩です。<21ページより引用>

ファイナンシャルプランナー、税理士・社会保険労務士として活躍する2名の著者は、55歳から始める定年プロジェクトの大切さについて語っています。たしかに、55歳ともなると、いよいよ定年がはっきりと見えてくる時期ですが、金持ち定年になるか、貧乏定年になるか、ここが大事な分かれ道であるとまでいいます。これから定年までの貴重な時間をどう過ごすかによって、老後が大きく変わってくるというのです。

そのためにも、まずは定年後に自分がどういう生き方をしていくか、大きな方向性を早めに決めておくことが重要といえるでしょう。定年になってからじっくりゆっくり考えていては遅いのかもしれません。それは、申し込むべき手続きや提出書類が、向かう方向性によってまったく変わってくるからです。安易に手続きを終えてから、あちらがよかったと後で悔やんでは後の祭りであると著者はいいます。巷でもよくいわれることですが、その第一歩として、老後の収支を試算することを著者は推奨しています。

ねんきん定期便で年金をチェックしたり、退職金の計算をしたり、夫婦の場合は妻の年金の計算も重要です。支出もふまえて定年後の収支を正確に把握。これが、定年後の動き方を決めていく第一歩の行動といえるようです。そして、55歳から定年までの間、短い期間とはいえ、効率的に老後資金を増やすために、確定拠出年金やNISAの活用・運用なども重要であるといいます。そのときが訪れてしまってからでは後手になってしまうとしたら、定年前から大まかなライフプランを立てておくことが重要といえるでしょう。

 

定年後にすぐさまとるべき手続きを押さえて損をしない

年金手帳とは、厚生年金保険や国民年金に加入したときに交付される手帳です。平成8年までの加入者はオレンジ色、それ以降に加入された人は青色の手帳になります。年金手帳は年金を請求する際に、必要となる大事なものです。実際の請求は数年先でも、年金事務所で相談などをする際にも使います。この機会に確認しておきたい大切なポイントだといえます。オレンジ色を何冊も持っている人は、なくさないようにしましょう。<68ページより引用>

定年に際しての具体的な事務作業などは、意外と分からないものです。まずは、年金手帳の所在をきちんと把握しておくことを著者はすすめています。自分で年金手帳を見た記憶が無い人は、会社が保管していることもあるため、退職前に受け取ることを忘れないようにしなくてはなりません。年金手帳を手にしたら、記載された氏名や年月日をチェックし、誤りがあった場合は訂正が必要。まだ勤めている間は事業主へ、退職後は住所地の年金事務所で手続きが必要であるといいます。紛失したり、ひどく汚している場合は、再交付を受けることも可能なのだとか。そして、定年後も働き続けたいと考えている人は、再就職先が見つかるまで、失業等給付(いわゆる失業保険)をもらうことができるといいます。黙って待っていて給付されるものではないため、自分で手続きをしてなくはなりません。

まず、会社から離職票をもらったら、住所地のハローワークへ行って失業保険の手続きをします。離職の翌日から1年間の受給期間となる基本手当は、4週間に1度のサイクルで失業の認定をもらいながら受け取ることになります。その際、積極的に就職活動をしている姿勢がもとめられています。すべての手続きには、期限があります。退職したからいって何もせずにのんびりしていると、本来手に入るものをもらいそびれてしまうことにつながるため、注意が必要といえるでしょう。

知って得する、知らないと損する手続きの数々

定年後、晴れて再就職が決まった場合、所定の給付日数の受給がストップするため、損するように感じるかもしれませんが、正社員になったときには再就職手当がもらえるといいます。また、定年後に再雇用や再就職をすると、退職前より給料が大幅に下がってしまうこともありえます。そんな給料ダウンを補ってくれる制度が「高年齢雇用継続給付」であるのだとか。このように、定年前からさまざまな情報を知っているのと知らないのとでは、大きな違いが出るといえるでしょう。金持ち定年を目指して、55歳からの得する準備と手続きの数々をしっかり押さえておきたいものです。

タイトル:金持ち定年、貧乏定年
著者:長尾義弘・中島典子
発行:実務教育出版
定価:1,512円(税込)

【前回の記事はこちら】
ポイントは「4つのK」 定年後を楽園にする準備

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家&ブックコーディネーター。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。https://www.filage.co/

  • 投資信託のはじめ方!口座開設から利益が入金されるまでの6ステップ

    詳細を見る
  • IPO企業・マザーズ時価総額上位企業をウォッチング!

    詳細を見る
  • アラサー女子の電子マネー事情!使いすぎを防ぐ&賢く使いこなすコツは?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について