【特別掲載】「下流老人」化を回避できる50代の過ごし方3つの心得 〜定年後設計フォーラム講演録:藤田 孝典氏 後編〜

マネラボ編集部

2018.05.12.(土)

2018年3月4日(日)に開催された「定年後設計フォーラム2018」。定年が見え始める50代が、定年後の人生を豊かで自分らしい生活が送れるよう、50代のうちから定年後の備えを始めることを提唱し、その必要性を多くの50代が気づくキッカケとなったフォーラムとなりました。

著書「下流老人」でも知られる、NPO法人ほっとぷらす代表、藤田孝典さんの講演内容、後編をお届けします。

藤田孝典さん、前半の講演はこちらから
【特別掲載】自分も下流老人に!?日本人の5人に1人が貧困ライン

===================

年齢別貧困率を見てみます。50代は低くなっていますので、生活に困る人が少ない年代といえます。問題は今のこの時期をどう過ごすかによって、この後の人生が変わることです。

出典:内閣府「平成23年版 男女共同参画白書」

働けなくなって以降に、配偶者を亡くすと1人分の年金しか出ません。この貧困率のグラフは内閣府が出したデータで、国はこの状況をわかっています。だから、高齢になって貧困にならないために本当は準備しましょうと率先して言わないといけないのですが、今ある資産を活用してやっていくことなど、個人に任せている状況です。

日本の年金制度は、1人分の年金で生活できる設計にはなっていないと言えます。そのため、配偶者と2人分の年金を足すと生活していけますが、1人になるとかなり生活を逼迫させる状況が生まれます。みなさんには、配偶者が亡くなった事を前提とし、例えば夫は厚生年金だったら遺族年金に切り替わるといくら貰えるか、仮設を立てながら老後の生活設計を検討してほしいと思います。

生活保護の基準と変わらない!?年金収入だけの老後

私はさいたま市で活動していますが、そこの生活保護の基準は、単身の高齢者が生活する上で必要な生活費と住宅費(上限いっぱいで4万5,000円)などを足したもので、12万7,000円です。生活保護は、医療、介護、税金、保険料は免除になります。23区内は1人の場合には14万5,000円ぐらいです。住む地域によって差はありますが、これくらいが首都圏で生活する上での最低限の暮らしと国が決めた基準です。

医療費、介護費を含めるともう少し額面上は上がる事を考えれば、皆さんの年金で、この金額に達しない方は増えていくと思っています。2人分になると16万円から17万円くらいです。3人ですと21万から23万円が最低の基準です。

皆さんは恐らく預貯金を形成していたり、資産を持たれたりしている方が多いと思います。そういった資産を使いながらであれば、生活保護と比較しても豊かな暮らしができるかもしれません。ただ、年金収入だけを考えてみると、この生活保護と同等程度の年金で暮らさなければいけない時が、人生のかなり後半には訪れるかもしれません。

公的な保険に入らない医療費に注意

私は、「下流老人」という本を出版して、現在は26万部出ていますが、この本を読んでくださった方からのお手紙には「書いてあるとおりです」という感想がものすごく多いです。

お金が無くて生活がままならない方、冠婚葬祭のお金が捻出できない方、極端な例では、食事も事欠いている方、そして、一番多いのは医療費、介護費の負担が非常に大きくなって困っている方です。

皆さんは、がん保険などの医療保険は、民間の保険に加入されていますか?

これも何に対応している保険か、ちょっと見直しをしていただけたらありがたいと思っています。今、病院の経営自体も厳しく、差額ベッド代や個室代を取る病院が非常に多いです。ですので、公的な保険制度では、診療や手術費用は保険内で、月額3〜5万円ぐらいまでしかかかりませんが、入院治療や先端医療、療養型病棟、個室ベッド代など、保険外の負担が多くかかります。中には差額ベッド代を取らない病院もありますが、公的な保険以外のところでかかる費用があることを知っておいて下さい。

「下流化を防ぐ」具体例とは?次ページに続く

1 2>>

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 投資信託のはじめ方!口座開設から利益が入金されるまでの6ステップ

    詳細を見る
  • IPO企業・マザーズ時価総額上位企業をウォッチング!

    詳細を見る
  • アラサー女子の電子マネー事情!使いすぎを防ぐ&賢く使いこなすコツは?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について