【特別掲載】2022年までに起こる産業革命に備えておくべき資産運用のあり方とは? 〜定年後設計フォーラム講演録:渋谷 豊氏 前編〜

マネラボ編集部

2018.06.11.(月)

2018年3月4日(日)に開催された「定年後設計フォーラム2018」。定年が見え始める50代が、定年後の人生を豊かで自分らしい生活が送れるよう、50代のうちから定年後の備えを始めることを提唱し、その必要性を多くの50代が気づくキッカケとなったフォーラムとなりました。

今回、大好評の内に幕を閉じた定年後設計フォーラムの講演を特別にシリーズとして数回に渡ってお届けします。

第三回はファイナンシャルアカデミー総合研究所の代表でもある渋谷豊氏の講演です。

定年後東京オリンピック開催2年後の世界、2022年。これからの5年間で日本の経済、世界の情勢はどうなっているでしょうか?
資産運用のエキスパートが、伸びる産業と企業、日本経済の未来を読み解き、50代向けの資産運用、投資信託との付き合い方をお話しいただきました。

========(以下、渋谷豊氏講演)========

皆さん、こんにちは。ファイナンシャルアカデミー総研の渋谷です。私は20数年間金融機関で働いており、資産運用の世界に携わっていました。いわゆる相場を見るような仕事だったのですが、20数年間で色々なことが起こりました。

95〜96年には、山一証券や北拓銀行が破綻し、その後、ITバブルと言ってアメリカのYahooという株が1年半で200倍になるような経験もしました。その後はITバブルの崩壊で大きく株価が下がることも経験しましたし、その後、金融証券化商品がすごく普及し、その後アメリカからお金が入って、2003年から2007年にかけて相場が上昇し、小泉政権の郵政改革でも大きく相場が上がる経験をしました。

2008年以降はリーマンショックがあり、すごく株価が下がることも経験しましたし、その後は欧州危機というイタリア・スペイン・ギリシャが破綻するような話もでました。その都度必ずテーマがあり、そのテーマに動揺して株価は大きく動きます。日経平均という日本を代表する255社の株価の平均は、下が7,000円、上が24,000円まで約3.2〜3.3倍動きました。

今日の話は、それぞれの小さなテーマというより、根幹の大事な流れを皆さんに知っていただき、それを資産運用に活かして欲しいと思い「2022年までの資産運用のあり方」というテーマにしました。是非楽しんでいただければと思っております。

経験だけでは測れない時代が到来

将来を豊かに過ごすために、皆さんはどういうことをされていますか?
例えば住宅ローンを早く返したり、お子さんを大学に行かせて大学資金を提供したりということもあるでしょう。中でも「教育」は大事だと多くの皆さんは考えられているかと思いますし、「経験」も同様だと思います。例えば海外留学や職業訓練のような教育や経験です。今日は、こういった傾向が変わってきていて、教育と経験だけでは測れない時代が来ていることについてお話したいと思います。

1つの例としてオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士という方が、2014年に発表した「未来の雇用」というレポートがあるのですが、2024年のアメリカにおいて、2014年にある職業のうち、47%が無くなっている可能性があると書いてありました。バーテンダーという職業がなくなる、とこのレポートに書いてあります。

お寿司屋さんなど、人にさらされて会話したり粋な振る舞いをしたりする「さらしの商売」という職業は、未来も変わらずあると考えられていましたが、このレポートによると失われるとありました。今までの経験や教育で考えていたように、コミュニケーションを取ればいい、というだけではない違う世界があるのではと言われ始めたキッカケが、このレポートでした。

 

もう1つ、「ワーク・シフト」という本があります。ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授が発表したものです。彼女も同じようにこの10年間で働き方が大きく変わりますと書いています。その根本になるテーマが次の5つです。

1つ目は、テクノロジーの進化です。テクノロジーが大きく進化することによって、働き方を変えないといけないと言う事が1つ目です。

2つ目は、グローバル化の進展です。グローバル化はすごい勢いで進展しているのはご存知と思いますし、この週末(2018/3/4)の1番のニュースは、トランプ大統領が関税を25%かける発表でしたが、貿易戦争でそういったことが起こります。これだけグローバル化が進んでいるのですが、そういうことを仕掛ける時代なのですね。これはグローバル化がどんどんして進展している逆の現れかと思います。

3つ目は、人口構成の変化と長寿化です。2060年、世界の人口は、90億、100億人近くまで増えていきます。今、1年間で1億円以上人口が増えている状態です。日本は2050年には9700人まで人口が減っていきますが、世界的には人口はすごく増えていく、そういった構造が、やはり10年間で働き方を変えるきっかけだと言われています。

4つ目は社会の変化、5つ目はエネルギー・環境問題の深刻化です。世界の人口増加のうち多くはアフリカやアジアの人たちです。彼らから見ると、先進国の私たちは好きなだけ車に乗って良い生活をしたのに、これから新興国の人たちは排ガスの問題で車に乗ってはいけないと言われるような社会の変化があり、エネルギーの問題も出ています。90億人が生活することになると、エネルギーは必ず奪い合いになると言われています。

こういった5つのことが影響して、これからの私たちの働き方は変わっていくと書かれています。

 

▶なぜ2022年が重要なのか?次ページに続く

1 2 3 4>>

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~番外編その2〜

    詳細を見る
  • 定年後 一番怖いのは孤独になること

    詳細を見る
  • 内装リフォームで気を付けたい2つのこと

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について