忙しくて損をしたくない人向け するっとお金が貯まる3,000円投資生活とは

ナカセコ エミコ

2018.03.25.(日)

春はお金が何かと入用な季節です。今、現在もさることながら、将来に向けてお金の悩みは本当に尽きません。「老後を考えると今の貯蓄だけでは心配」「毎月、きちんと家計簿をつけているのにお金が増えない」など、現在から老後に至るまで、実に多岐に渡ります。横山光昭著『3000円投資生活で本当に人生を変える! 』 より、将来に向けて地道な少額投資でコツコツ・するっとお金を増やす方法をご紹介します。

貯金感覚で毎月3,000円ずつゆつくり投資する

今は、銀行の金利がとても低く、利息はごくわずかしかつきません。節約し続けるのも大変ですし、収入はなかなか増えない。そんな声に応えるべく、みなさまにご提案してきたのが、貯金をしながら、コツコツ投資をして増やす「3000円投資生活」です。方法はきわめてシンプルです。ネット証券で口座を開き、毎月3000円ずつバランス型の投資信託を買う。まずはこれだけ。<10~11ページより引用>

家計再生コンサルタントとして活動してきた著者は、現在まで1万人を超える人々の家計に関する相談に乗ってきたといいます。そんな著者は、毎月3,000円から投資をスタートすることをすすめています。その理由として、「初めて投資をする方でもあまり怖くなく投資に回せる額」であり、「貯金をしながら投資を始めるのにちょうどいい額」だからであるといいます。たった3,000円で本当に資産が増えるのだろうかと不思議に感じますが、コツコツやれば効果は絶大であるのだとか。

年率3%が期待できる投資信託で月々3,000円の投資を20年間続けると、投資額は72万円で運用益は約26万円、総資産額は98万円に。また、月々3,000円から始めて1年ごとに3,000円投資額をアップさせると、投資総額は約950万円で運用額は約244万円、総資産額が約1,200万円になるといいます。このように、貯金と同時に少額からでも投資を始めれば、その効果は絶大であるのだとか。お金が増えるスピードはゆっくりであっても、安全性が高く貯金感覚でできるから安心であるということもポイントでしょう。 

  

■目移りしないで地道に投資し続ける

投資を始めようと、証券口座を開いた多くは、あまりの商品の多さに、「何を買ったらいいかわからない」と頭を悩ませるかもしれませんが……3000円投資生活なら、まずこれを選んでください。

「世界経済インデックスファンド」(三井住友トラスト・アセットマネジメント)

投資で失敗しないためには、「投資先(国や会社、商品)を分散させる」必要があります。たとえどこかで損をしても、たいていどこかで利益が出て、カバーできるからです。<18ページより引用>

投資を実際に始める際は、何をどう買っていけばよいのか迷うものです。著者は、「世界経済インデックスファンド」のようなタイプの商品をすすめています。「世界経済インデックスファンド」は、日本や海外の主な企業の債券や株式を少しずつ集め、パッケージ化したもので、バランス型の投資信託」「バランス型ファンド」というのだとか。これを一つ持っておくことで、自然に分散投資ができてしまうといいます。

3,000円投資生活は、ローリスク・ローリターンの投資信託を長期間持ち続けることで、将来的に大きな利益を手にすることが目的。しかし、途中で、「こんなペースで大丈夫だろうか」と不安になり、銀行などの金融機関にすすめられた投資信託や、利回りのいい投資信託に関心が目移りすることはよくある話のようです。

しかし、著者は、その類の商品には決して手を出さないほうがよいと忠告しています。その理由として、金融機関がすすめる投資信託はたいてい手数料が高額で、具体的には、①購入時手数料 ②運用管理手数料 ③信託財産留保額、の3つがかかるのだとか。中でも大きいのは②で、長く持てば持つほど手数料の違いが大きな差になり、最終的に利益を左右するようになるといいます。金融機関がすすめる商品については、手数料とリスクの高さに注意が必要であるといえそうです。

 

■3,000円投資生活は忙しくて損をしたくない人に向いている

  • お金の計算が苦手
  • 面倒くさがり
  • 損するのが怖い
  • のんびりと結果を待てる
  • 日中は忙しい  

<16ページより引用>

著者は、3,000円投資生活に向いているかどうかについて、以上の5項目をあげています。3,000円投資生活は、売り時や買い時を瞬時に判断して売買を繰り返し、短期間で利益をあげるタイプの投資ではないといいます。また、利回りがそれほど高くない代わりにリスクが少ない。よって、忙しい人や初めて投資を始める人、そして損をしたくない人にピッタリなのだとか。

さらに著者は、「積立」で商品を買うことをすすめています。月々決まった額で商品を買うスタイルで、最初に商品と金額を設定してしまえば、あとは何もしなくても毎月自動的にお金が引き落とされて商品が購入されます。いきなり10万円前後で一括購入するのは勇気が必要ですが、毎月3,000円という少額なら、抵抗なく始められそうです。小さく始めて、気長に大きく育てる3,000円投資生活。来たる老後に向けて、興味深い投資方法といえそうです。

タイトル:3000円投資生活で本当に人生を変える!
著者:横山光昭
発行:アスコム
定価:864円(税込)

【前回の記事はこちら】
『お金が儲かる新片づけ術』から知る 片づけで臨時収入を得る方法

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家&ブックコーディネーター。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。https://www.filage.co/

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について