「ボーナスがいつの間にか消えてしまう人」の残念な習慣とは?

マネラボ編集部

2016.07.12.(火)

梅雨明け前から真夏日が続きますね!
熱中症にならないよう、しっかりと水分補給してくださいね。

そして、7月といえば、夏のボーナス支給の時期ですね。
今年は何に使おうかな、と考えている頃でしょうか。

価格.comリサーチによると、
2016年夏のボーナスの使い道ランキングは、

1位 貯金
2位 商品・サービスを購入する
3位 旅行・外出をする
4位 ローン返済
5位 子どもの教育費

だとか。

たしかに昔の自分を振り返ってみても、

「1つだけ買いたいものを決め、残りは貯金」と決めており、

・欲しかったブランドの財布を購入したり
・古くなった家電を買い換えたり
・趣味の北欧ビンテージ食器を揃えたり

決して衝動買いをしたわけでもなく、よく考えながら購入したものとはいえ、

「決められた枠の中で、ただ消費する」

その、 ひとことに尽きていたなぁ。と、今は思います。

みなさんは、お金の知識の一つ、
「お金を迂回させる」という考え方をご存知でしょうか?

たとえば、ブランドバッグが欲しいとき、
手元にあるお金を使って、バッグを買うと、
手元にあるお金はなくなり、お金はバッグに変わりますよね。

でも一度、お金を「資産」に迂回させ、資産からの収入(収益)でバッグを買えば、
バッグと資産の両方を手に入れられるのです。

資産とは、株や不動産のみならず、私たち自分も一つの資産です。

自分自身に投資をして、知識やスキルを身につけ、
自分の価値を高めるということであらたな収入源(稼げる)を生み出すということです。

この考え方を身につけ、資産を増やした今は、自分のやりたかったことを諦めることもなく、

「欲しかったブランドの財布を購入」
→ お金の居場所をきれいにし、大切にするようになり、
さらにお金が貯まるようになった。

「古くなった家電を買い換える」
→ 家事の効率が上がり、時間にゆとりができた。
さらに省エネ家電だったので、電気代も削減できた。

「趣味の北欧ビンテージ食器を揃える」
→ 大好きなものに囲まれ、心にゆとりができた。
教養が深まり、ビジネスチャンスにつながった。

すべて叶えることもでき、
「消費」したものを「投資」へ変える力も身についたのです。

これはほんの一例ですが、
ファイナンシャルアカデミーで開催している「お金の教養講座」では、
ボーナスをうまく使って、賢く貯める極意をお教えしています。

今年の夏は「お金」について少し考えてみませんか。

  • 利回り4%超!「10万円以下」で買える、高配当利回り株のえらび方

    詳細を見る
  • 9月の株主優待銘柄おススメ5選 秋の優待祭りで食品をゲット

    詳細を見る
  • 「当たり前」ではないんだよ。母は「ありがとう」を練習中

    詳細を見る