あの保険に入れば、自転車保険はいらない!

マネラボ編集部

2015.10.22.(木)

秋といえば・・・スポーツの秋!
涼しくなってきて、サイクリングなんかも楽しい季節です。

自転車といえば・・・少し前のことになりますが、
今年6月から自転車の交通ルール違反の罰則が強化されたのを覚えていますでしょうか。

具体的には、「信号無視」「酒酔い運転」など危険運転14項目に違反した人は警告を受け、
繰り返した人は講習の受講や罰金支払いの義務もあるというもの。

・歩道を猛スピードで走る
・傘を差しての運転
・スマホを操作しながらの運転
・2人乗り

など、これまで注意程度で済まされてきた行為が取り締まりの対象となるようになりました。

そんな運転をしている人をいまだに見かけますが、自分はやらないように注意しましょうね。

さて、こうしたルール改正の背景にあるのが自転車による事故の多さです。

自転車でぶつかって相手に重傷を負わせたなどで
過去には1億円近い損害賠償命令が出た例もあるそうです。

そんな事故への備えとして、入っておきたいのが保険です。

自転車専用の保険に入ればもちろん安心なのですが
保険料が少々お高いのがネックです。

そこで使えるのが、「個人賠償責任保険」。
日常生活の偶然な事故で相手をケガさせて賠償責任を負った時に
保険金が支払われるという保険です。

自動車保険に入っている人は、
個人賠償責任保険が付帯されている場合があるので確認してみましょう。

自動車を持っていない人でも、
火災保険や医療保険の特約として加入もできるみたいですよ。

保険料は月額100円程度と安く、それでも賠償金額は「1億円」など十分な補償を受けられます。
1人が契約すれば同居家族の全員分が補償対象になるものが多いようです。

個人賠償責任保険は、自転車事故以外にも、
「買い物中に間違って商品を落として壊した」
「子供がボールで人の家の窓ガラスを割ってしまった」
など日常生活のさまざまなシーンで適用されます。

まだ入っていない人は一度、詳しく調べてみるのはいかがでしょうか?

もちろん、自転車は安全運転が前提ですけどね!

さてファイナンシャルアカデミーでは、
お金の基本を学べる入門講座【お金の教養講座(無料)】を
各地で開催しています。

お金の貯め方・使い方・増やし方を学びたい人、
短時間で効果的に知識を得たい人におすすめの無料講座です。

ふるってご参加ください!

  • お金のトライアングル14話『恋もお金も信頼できる人に相談』

    詳細を見る
  • 購入する前に知っておきたい!J-REITの種類と特徴

    詳細を見る
  • 第一生命が販売開始!スマホで入れるレジャー保険とは

    詳細を見る