あやしい金融商品にだまされないために……

マネラボ編集部

2015.10.22.(木)

ネットサーフィン(死語?)をしていると
ウェブページ上でバナー広告をよく目にしますよね。

私が見ているページによく表示される広告のうちの一つに、
「年利7.X%、毎月分配、1万円から投資が可能……」
という広告がありました。

中身を見ると、とあるエネルギー事業へ投資する商品のようです。
注意書きには、「元本を保証するものではありません」とあるものの
あたかもリスクがゼロであるかように詳しい説明が書かれています。

詐欺かどうかはわかりません。が、あやしさを感じます。

この件とはちがうケースですが、詐欺商品や詐欺まがい商品は世の中からなくなりません。

近年では、
・アメリカの「診療報酬回収ビジネス」へ投資する商品
・和牛オーナーになると高利回りの配当が得られる商品
などがありました。

いずれも投資家が多大な被害を受けたとして問題になりました。

そういった商品に共通している特徴としては、
・高利回り
・元本保証であるかのような説明
・新聞や雑誌への大々的な広告展開
・ホームページやパンフレットがちゃんとしている
などが挙げられます。

素人目には問題なさそうに見えるので投資してしまう人が後を絶ちません。

しかし最後には破たんして、投資したお金は戻って来ない
……というのがよくあるパターン。

では、そんな商品にだまされないためにはどうすればいいのでしょうか。

●「リスクとリターンは比例関係にある」の原則を思い出す。
(リターンが高い商品はリスクも高い)

●よくわからない商品には手を出さない
(きっちりとした証券会社が販売する商品であっても)

●金利状況を知っておく
(定期預金金利や国債利回りの低さを考えれば、
「安全で高利回り」はあり得ないとわかる)

●あやしいと思ったら徹底して情報収集
(金融庁のサイト、掲示板・Q&Aサイトなど)

そもそも、本当にオイシイ商品であれば
金融機関やお金持ちが先に買ってしまうはずですよね。

わざわざ手間やコストをかけて一般の投資家を集めるのは、
金融機関からお金を調達できない理由があるからではないでしょうか。

一度、冷静になって、きっちりと見極めてくださいね。

さてファイナンシャルアカデミーでは、
貯蓄や経済や資産運用など、お金の基本を無料で学べる
【お金の教養講座】を各地で開催しています。

受講生の81%が「受講後の家計改善につながった」と回答したためになる人気講座です。
ぜひご参加ください!

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第51話~

    詳細を見る
  • それって会社都合になるかも! 知らないと損をする失業保険についてのあれこれ

    詳細を見る
  • 投資信託のはじめ方!口座開設から利益が入金されるまでの6ステップ

    詳細を見る