壁芯面積

マネラボ編集部

2013.01.01.(火)

壁厚の中心線を基準に測定した面積のことをいう。通常、不動産の面積は壁芯面積で表される。ただし、区分登記建物の区分所有部分についてのみ内法面積で登記することとなっている。そのため、壁芯面積より、登記簿面積の方が小さい。