2016年からスタートする「ジュニアNISA」って?

マネラボ編集部

2015.11.20.(金)

みなさんは「NISA(ニーサ)」を活用していますか?
NISAとは2014年から始まった「少額投資非課税制度」のこと。

株や投資信託を売たり、配当を受け取ったりした時、
普通であれば利益に対して20%の税金が課されます。

しかしNISA口座で購入した株式や投資信託については
税金がかからないという制度です。

ただ、このNISAの非課税枠は年間100万円だけだったので
イマイチ使い勝手が悪いとも言われていました。

ところが2016年からは、NISAの非課税枠が120万円にアップ!
これまでできなかった金融機関の変更も可能になりました。
ちょっとだけ使いやすくなったんですね。

この制度改正にあわせて、
新たに登場するのが「ジュニアNISA」です。

ジュニアNISAはその名の通り、未成年(0~19歳)を対象としたNISAのこと。

非課税枠は80万円で、非課税期間はNISAと同じ5年。
最大400万円まで投資できます。

特徴は、投資したお金を子供が20歳になるまで引き出せないこと。
そして投資期間の5年を終えても、20歳までの期間は
それまでと同様に非課税が継続することになります。

子供のためにと貯蓄している家庭は多いと思います。
でも、「ちょっと生活費が足りないから」と引き出してしまうこともあるかもしれません。
それに単なる預金では、雀の涙ほどの利息しか期待できません。

その点NISAなら20歳まで引き出せないので
資産をきちんと子供に受け継ぐことができます。
また、株や投資信託を購入することでリターンも期待できます。
(もちろんリスクには要注意です)

子供の将来のためにも、検討したい制度ですね。

2016年のスタートに向けて、
金融機関各社が口座開設の獲得のためし烈な戦いを繰り広げています。

特典付きキャンペーンを実施している会社もあるので
比較検討して、お得な金融機関を選びたいですね。

ただし!
NISAと違ってジュニアNISAは、
一度開設した金融機関の変更はできませんから
20歳まで利用することを前提に、慎重に選びましょうね。

さてファイナンシャルアカデミーでは、
お金の基本を学べる入門講座【お金の教養講座(無料)】を
各地で開催しています。

お金の貯め方・使い方・増やし方を学びたい人、
短時間で効果的にお金の知識を得たい人におすすめの無料講座です。

ご参加お待ちしています!

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~番外編その2〜

    詳細を見る
  • 定年後 一番怖いのは孤独になること

    詳細を見る
  • 内装リフォームで気を付けたい2つのこと

    詳細を見る