マイホームは負債? 収益を生む不動産取得の方法を身に付け、安定収入を!

マネラボ編集部

2016.03.16.(水)

3月、就職や転勤、新入学などへ向けて、
新たな土地で新生活を始める方も多いのではないでしょうか。

この時期は引っ越しシーズンなので、人気の物件はすぐに埋まってしまいますし、
家賃も高くなりがちなのが、難点ですね。

ところで、家賃とはどのように決められるのでしょうか。

人気が高い街や、駅に近くて利便性が高い場所は家賃が高くなりますが
それは、その土地の「地価」が高いからです。

築年数、設備の充実度などによっても家賃は多少変わりますが、
同等レベルの物件であれば、おおよそ同程度の家賃になるものです。

数年前、私が1人暮らしをする家を探していたとき、
もう少し家賃が低ければ、ぜひ住みたいという物件Aを見つけました。

なんとか値下げ交渉ができないかと考え、近隣の同レベルの物件Bの家賃を調べたところ、
Bのほうが3000円程家賃が安かったのです。

その事実を伝えて交渉をしたところ、値下げに成功しました!

そもそも土地の地価は、「地価公示法」に基づいて決まります。
毎年1月1日に、標準値と言われる土地の価格を算定し、それを3月に公示します。

この公示価格が、不動産鑑定の基準となり、一般の土地取引の指標になります。

これから引っ越しや住宅購入を予定している人は、
物件選びの際に、今月発表の
最新の公示価格を参考にしてみてはいかがでしょうか。

より詳しく土地取引の仕組みや、建物の評価について知りたいという方は、
ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資スクール」で学んでみてください。

この講座は、不動産投資を本格的に始めたいという人へ向けて、
不動産投資の基本的な仕組みから、物件の探し方、売買契約や税金の知識までも網羅したものです。

安定した家賃収入を手に入れたい、
脱サラへ向けた準備がしたいという人はもちろん、
理想のマイホームを安く手に入れたいという人にも、オススメです。

ローンでマイホームを購入すると、毎月返済をしていかねばならず、
長期に渡る負債を抱えることになりますが、
投資物件を購入して毎月家賃収入を得られれば、安定した収益を上げることができ、資産となります。

マイホームを買う前に
頭金作りのために不動産投資をするという選択肢もあるのです。

敷居が高く感じる不動産投資ですが、確実な知識とスキルを身につければ、
安定的で堅実な収入を得ることができるようになります。

この講座では、100万円の自己資金で始められる不動産投資の方法もレクチャーするので、
自己資金が少ないという人も無理なく不動産投資デビューができます。

まずは、無料の体験学習会で、実際に不動産投資で収益を上げている講師の話を
聞いてみてください。新しい世界が拓けるのではないでしょうか。

  • 公的年金の手取り額が減っていく? その意外な理由とは?

    詳細を見る
  • 不動産投資の新しい形!「家族で実践!不動産投資」

    詳細を見る
  • 苦しい仮想通貨相場~普及が鍵~

    詳細を見る