マイホーム「マンション」と「一戸建て」どちらを選ぶのが正解か?

マネラボ編集部

2015.08.20.(木)

マイホームのスタイルは様々あるが、なかでもライフスタイルにもっとも大きな与えるのがマンションをはじめとする集合住宅に住むのか、一戸建てに住むのかということだろう。
マンションと一戸建て、どちらを選ぶのかを考える際に意識しておきたいのが、金銭的な面から見たメリット・デメリットだ。


金銭的な面から見たメリット・デメリット

マンションの場合、維持費がある程度見通しやすいのがメリットだ。
毎月決められた管理費や修繕積立金を支払っておけば、共有部分についてはその中から計画的に修繕を行なってくれるので、修繕積立金がよほど少なく設定されており、大規模修繕の際に積立不足が発生しない限りは専有部分のみ、必要に応じてメンテナンスすればOKだ。

一方、一戸建ての場合、毎月の管理費や修繕積立金が不要なのが魅力だ。
敷地内に駐車場があれば、駐車場台が別途必要ということもない。しかし、屋根の補修や外壁の塗装、生け垣のメンテナンスなど、その都度業者を手配する必要がある。素人にとっては修繕内容や価格が適正なのかを見極めるのも難しいのが現実だ。

資産価値
資産価値としてはどうだろうか。マンションの場合、資産評価の多くは建物が占めている。
特に高層の建物の場合ほど、資産価値に占める土地の割合は低くなる。当然だが、建物の価値は年々減っていくので、一戸建てと比べると資産としての価値は残りにくいといえる。ただし、これはあくまでも原則論にすぎない。同じ予算で都心のマンションと郊外の一戸建てを購入した場合を比べると、いくら1戸あたりの持ち分が少ないとはいっても都心のマンションのほうが土地の評価が高かったり、売却時の流動性が高いことから値段がつきやすかったりする場合も多い。
また、RCの建物の法定耐用年数は47年だが、木造の一戸建ての場合には22年しかない。比較をするのであれば、価格だけを見るのではなく、こうしたことも踏まえたうえで具体的な数字で把握するように努めたい。

自分が本当に価値を感じられるほうを選ぶ
とはいえ、マイホームは多くの人にとって一生で一番高い買い物だ。
住宅ローンを組むのであれば、一生で一番高い借金とセットかもしれない。したがって、左脳だけで「どちらが得か」を考えて決めるのではなく、自分が本当に価値を感じられるほうを選ぶということも大切だ。

「資産価値」ではなく「使用価値」で測る
マンションと一戸建て、どちらを選ぶのかは好みや生まれ育った環境、人生観などに拠るところも大きい。
子どもを庭で遊ばせたい、眺望のよい高層に住みたい、セキュリティのしっかりしたところに住みたい、教育環境のよいエリアに住みたい、将来的に増築して両親と同居したいなど、それぞれの事情や想いがあるだろう。言ってみれば、「資産価値」ではなく「使用価値」で測るということだ。個々の物件の条件や価格が、こうした理想やライフプランを叶えられるものなのか、使用価値が物件価格を上回っているのかをじっくり吟味することも必要になる。高い買い物であるがゆえに、慎重に検討を重ねたい。

5,000万円の住宅コストを一気に圧縮するマイホームとは?
無料で学べる「マイホーム講座」の体験学習会はこちら

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第67話~

    詳細を見る
  • 神宮外苑いちょう祭りでストックフォト集め!

    詳細を見る
  • 相続は対策の前に「計画」から始めよう

    詳細を見る