『知的生産性が倍増する「図解思考の技術」習得セミナー』を開催しました

マネラボ編集部

2016.08.30.(火)

図を描き視覚的に問題をとらえるためには

「図解思考」とは、シンプルな「図」を頭に描き、情報を整理しながら考えるためのスキルです。
このスキルを身につけると企画力・発想力が高まり、ビジネスにおいても大幅に生産性が向上すると言われています。

ファイナンシャルアカデミーでは、そのようなビジネスに劇的に役立つスキルを身につけるべく、8月27日『知的生産性が倍増する「図解思考の技術」習得セミナー』を開催しました。

なお、今回のセミナーでは特別に、「図解思考」を頭で理解して終わりではなく、1グループ4〜5名で行う、実践的なワークを中心にした構成で作成いたしました。

講師紹介(永田豊志さん)

講師は、株式会社ショーケース・ティービーの取締役副社長でもありながら、知的生産性の向上に関する数多のビジネス書を世に輩出してきた、永田 豊志(ながた とよし)さんです。

永田さんは、某ビジネススクールでも教壇に立ち、毎年多くの企業からもオファーを受ける超人気講師です。
6時間という長丁場のセミナーでしたが、永田さんの素晴らしい講義進行に加え、ワークも全員参加で想像以上に盛り上がり、あっという間に時間がたってしまいましたね。

グループワークの様子

ワークでは、永田さんから学んだ知識を、その場ですぐに実践。受講生同士で議論しながら一つの図解を作り上げていきます。
ワークが終わると、その場ですぐに永田さんの解説と各チームのレビューが行われます。
自分のチームと他のチームの違いを知ることも、とても勉強になりました。

ファイナンシャルアカデミーでは、毎月様々なジャンルの一日完結の特別講座を行っています。
自分の興味がある講座を見つけたら、ぜひ参加してみてください。

  • 公的年金の手取り額が減っていく? その意外な理由とは?

    詳細を見る
  • 不動産投資の新しい形!「家族で実践!不動産投資」

    詳細を見る
  • 苦しい仮想通貨相場~普及が鍵~

    詳細を見る