花火大会が中止!はたして花火師に報酬は支払われるのか?

マネラボ編集部

2015.11.27.(金)

先日7月28日に開催予定だった隅田川の花火大会、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、数日前から台風が近づいているとの情報があり、7月28日の開催は中止決定、翌日29日に延期することが発表されました。

実際に28日の夕方頃になってみると、花火どころではない悪天候になり、主催者の判断の的確さに驚きです。

突然の花火大会の中止。そのとき花火業者にお金は支払われる?

さて、花火大会がキャンセルになった場合、花火業者さんにお金は支払われるのでしょうか?
さらに、会場や周辺道路の設営、警備員の配置など、たくさんのお金がかかっていますが、そうした損失はいったいどうなるのでしょう?

一般的には、花火大会などの大きなイベントについては「興行中止保険」に入るそうです。

たとえば悪天候で中止になったら、損失額のおよそ8~9割の保険金が支払われます。(保険料は、保険金額の1割くらいです。)

保険金の支払限度額などは、イベントの収支計画に基づき設定されるそうで、保険の契約時には事前打ち合わせが必須とされています。

各社の「興行中止保険」の各種イベントの保険料の例がサイトに掲載されてますので、そちらでおおよその補償内容を参考にしてみてくださいね。

東京海上日動
三井住友海上
グッド保険サービス

興行中止保険の対象となるイベントは?

興行中止保険の対象になるイベントは、花火大会の他にも、

スポーツ大会
演劇・コンサート・音楽祭
展覧会・博覧会
映画製作

が対象となります。幅広いイベントをカバーしているのですね。

逆に対象外のイベントは、

自動車ディーラーの新車発表会
学習塾などの夏期講習
出版物の著作・編集
建設工事
遊園地
海の家

などです。
また、通常業務と区別ができないものや、イベント性がないものなども同じく対象外になります。

近年、異常気象が相次いておきており、日本を代表するイベントでさえ中止や延期を余儀なくされています。
「イベントに向けて一生懸命準備してきた人たちはどうなるの?!」と心配になるかもしれませんが、こうした保険が備わっていれば、ひと安心できますね。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
海外旅行に行く人必見!海外でのトラブル対策で知っておきたいこと
夏本番に向けて準備!電気代節約術!

年収の2割を貯蓄する!誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

事業主なら知っておいて損はない「施設賠償責任保険」。その内容をわかりやすく解説!

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」