56歳で始める投資iDeCoとつみたてNISAのどっちを選ぶ

中道あん

2019.10.30.(水)

株式投資で痛い目あったのはバブル崩壊とリーマンショックの時。あの時売っていなければ、今頃小銭持ちくらいになっていたかも。しかし、まとまったお金を投資すると、暴落したら「これ以上の損をしたくない!」とびびって売ってしまいました。損益に落ち込んで、10年ほど株式投資とは無縁。その後投資信託もしてみたけれど、失敗しました。ほとほと投資のセンスがないのだと思い知りました。

しかし最近iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)やつみたてNISAは色んな場所で話題になっています。それだけ銀行に預けていても増えないということが浸透しています。今年社会人になった娘もつみたてNISAを始めました。人生100年の時代。働けるだけ働くつもりですが、自分のお金にも働いてもらいたいと思うようになりました。また、今やらなければ、お金が増えることがないのも事実。やるならまだ頭の働く今ではないかとiDeCoか、つみたてNISAのどちらかで投資することを決心しました。

しかし、あの頃の私とは違う点が3つあります。

・1度に大金は投資しない
・儲かるまで放置する
・あくまでも余剰資金でのお小遣い投資

iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)は、つみたてNISAと同じく、長期で資金形成をする制度ですが、原則60歳になるまで売却できません。無理のない金額で長期ならiDeCoも魅力ですが、あと4年で60歳。うま味を感じず運用は却下しました。通常の投資信託では、投資から生じた利益には20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。例えば10万円利益が出たら20,315円税金を支払わねばならぬ。「そんなのいやだ!」そもそも投資額が少ないのだから利益も少ない。その上税金を取られるなんてまっぴらごめんだ!と。

つみたてNISAは年間40万円(12ヶ月で割ると、1ヶ月あたり最大約33,000)までの投資額なら、利益に税金がかからず運用できます。それも非課税で投資できる期間は投資した年から最長で20年間。払わなくて済む金額も長期に渡ればバカにはなりません。20年といえば76歳。もういいお婆ちゃんですが、老後資金が心配される中、逆にその年齢まで積立できる経済力を持てるなら素晴らしいと思います。

まずは、長年放置していたネット証券に口座開設の申し込みをしました。サイトでは年代に応じたイベントに対し積立シミュレーションができます。期待できるリターンを3%、積立金額上限に近い3万円を20年間積み立てると約982万円になる見込み。262万円ほどの利益。非課税のメリットは534,247円となりました。なかなかスゴイ金額ですね。けれど投資なので将来を約束されているわけではありません。

純金積み立てを始めた時、最初はお小遣いの4,000円から投資し始めました。1回の飲み代よりも少ない金額です。これなら例え「0」になったとしても、投資しなきゃ飲み代に消えていた訳ですから痛くもかゆくもありません。途中損益になっていたのですが、まったく気にならずいつの間にか相場が上がっていて+2.3万円の利益が出ました。そうなると例えわずかな利益でも気分がいいものです。

そもそも投資のセンスがないので、ちょっと怖さを感じるのも事実。ネット証券の中には100円から投資できるところもあります。まずは少額から始め準備体操しながら投資額を増やしていこうかと。純金積み立て同様ほったらかしで投資。なが~くじっくり積み立てていき、将来に向けてお金を増やすことが目的にしたいと思います。

資産2,000万円貯める、投資信託の基本を学ぶ人はこちら

【前回の記事はこちら】
増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中道あん

Ameba公式トップブロガー。「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。https://ameblo.jp/aroundfifty50/
45歳で再就職し自立。2男1女は成人し、要介護2の実母は有料老人ホームで暮らす。同世代の女性に向け日々の暮らしのあれこれをブログに綴り、実りある人生を歩んでいけるようなライフスタイルを発信。著書に50代、もう一度「ひとり時間」(KADOKAWA)。
2019年2月フリーランスに転身。Eittoness美人のブログ塾やセミナー、Eittoness美人be塾を開講。https://peraichi.com/landing_pages/view/eittoness

  • 資金100万円を1億円に増やすには?株・不動産・FXどれがいい?

    詳細を見る
  • 2020年の動きは?2019年のドル/円と来年の展望

    詳細を見る
  • NISA口座では分配金を出さない無分配型の投資信託がおすすめ!


    詳細を見る

こんな記事も読まれています

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  考え方考え方

ETFと投資信託の違いは?どちらを選ぶのが正解?かんたんに解説します!

経済トレンド経済トレンド |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

「老後は2,000万円必要」金融庁報告書の波紋を新聞記者が解説

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  考え方考え方

年収350万でも500万でも。「NISA」を始めたい女子へ

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  増やし方増やし方

初心者必見!投資信託を始めるためのステップ

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  増やし方増やし方

投資信託をはじめる前に知っておきたい3大ルール

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  増やし方増やし方

今年こそ投資デビュー!つみたてNISAが投資初心者にいい理由