第一生命が販売開始!スマホで入れるレジャー保険とは

宮崎悠

2019.10.13.(日)

休日には積極的にアウトドアスポーツやレジャーを楽しむ人が多くなっています。しかし、海や山といった大自然の中では、レジャー中に思わぬアクシデントが発生する可能性が高くなります。
レジャー中のリスクに備える保険がレジャー保険ですが、8月15日には第一生命から新しいタイプのレジャー保険「Snap」が販売開始されました。

さて、このレジャー保険、どのようなところが新しいのでしょうか?
今回は、第一生命から販売開始されたレジャー保険の詳細を調べてみました。

そもそも、レジャー保険とはどんなもの?

レジャー保険という名称は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、昔からある普通傷害保険や海外・国内旅行保険・ゴルフ保険などと同じ種類のものです。

普通傷害保険は一般的に1年間の契約が多く、24時間365日補償されますが、旅行保険は旅行期間中のアクシデントを補償し、ゴルフ保険はゴルフのプレー中に特化した保険、レジャー保険もレジャー期間中のアクシデントなどに特化した保険です。

1年間など一定期間補償されるタイプもあれば、1日~数日など、その都度契約するタイプもあります。
有名な商品では、セブンイレブンで支払いができる三井住友海上の「1DEYレジャー保険」や損保ジャパン日本興亜の「国内旅行総合保険」、ソフトバンクの「スポーツ・レジャー保険(ソフトバンクかんたん保険)」などがあります。

第一生命が販売するレジャー保険は他の商品とどう違う?

レジャー保険といっても、既に多くの商品がさまざまな企業から販売されていますが、今回第一生命から発売開始されるレジャー保険と他の商品とはどう違うのでしょうか?
以下にわかりやすく紹介します。

【ミレニアム・Z世代のニーズを捉えた商品】
「Snap」の正式名称は「保険期間短縮型普通傷害保険」といい、少額短期保険業者のスタートアップ企業である株式会社justInCaseの提供する商品です。第一生命は保険販売代理店として提携しています。
保険期間は、24時間単位で最大28日加入手続きが可能。
保険料は何と、81円から(20歳~24歳女性のシンプルプラン)。若年層のアクティブな活動を応援する保険です。

【スマホで必要なときだけ簡単加入】
スマホのアプリからアクティビティ名と個人情報をチャット形式で入力するだけで、申し込みが完結。1度申し込みをすると、2回目からはさらに簡単に手続きができます。
また、保険金の請求もスマホで完結します。

【仲間とシェア!】
加入した保険内容をアクティビティとして友達にシェアすることが可能。一緒にレジャーを楽しむ友達と加入するとさらに大きな安心につながります。

補償内容はどうなの?

低額で簡単に加入できる保険ということはわかりましたが、気になるのは補償内容です。
そこで、レジャー別年齢別の補償内容を調べてみました。

〈「サーフィン」をする20~24歳の男性:保険料=171円〉
補償金額:ケガによる入院=5万円 ケガによる損傷=2万円 ケガによる通院=1,000円/1日(最大30日まで) 個人賠償責任=1,000万円 個人救援費用=300万円。

〈「釣り」をする30~34歳の男性:保険料=109円〉
補償内容:ケガによる入院=5万円 ケガによる損傷=2万円 ケガによる通院=1,000円/1日 個人賠償責任=1,000万円 食中毒による入院=5万円 食中毒による通院=1,000円/1日

〈野外フェス・ライブに行く25~29歳女性:保険料=95円〉
補償内容:ケガによる入院=5万円 ケガにより損傷=2万円 ケガによる通院=1,000円
個人賠償責任1,000万円/1日

以上のような補償内容になっています。

この保険料でこの補償内容なら、大変充実しているように思います。
さて、安い保険料と手軽さで「Snap」は若者の心をがっちり掴めるのでしょうか?
どちらにしても保険を考えることで、若者のリスク管理への意識が生まれるのは大変素晴らしいことだと思います。

2年以内に100万円以上の貯蓄を実現する方法を学べる

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

宮崎悠

インテリアコーディネーター/福祉住環境コーディネーター。建築会社退職後、主婦ライターとして5年目。株式投資歴12年。

  • J-REITを購入する時に確認したいデータ

    詳細を見る
  • 世界が景気後退に陥るまでは、円高は進まないだろう

    詳細を見る
  • 買い、いつまで?日本株の上昇・下落を支配する「外国人」の売買を徹底研究

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金が最大で1.8倍に? 年金の給付水準を確保するためのオプションとは

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

ここで保険は見直して!7つのベストタイミングと賢い見直し方法

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

毎月の返済額が一定、「元利均等返済」とは?

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

保険料を払えなくなったときの選択肢

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

予定利率が低い時期に積立型保険に加入しない方が良い理由

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

国民健康保険の保険料が高い2つの理由