やばい、リボ払いしてた!もしもの時の上手な返済は?

田中あさみ

2019.09.29.(日)

クレジットカードの中には、初期設定がリボ払いであったり最初の設定額を超えるとリボ払いになってしまう仕組みのカードがあります。中には「一定額以上の買い物をすると支払いをリボ払いにする事で年会費が無料になる」等お得なプランを設定している会社もあります。

特典に惹かれカードに加入し買い物を続けるうちに気が付けばリボ払いの返済に苦しむ人が増えています。

リボ払いは毎月一定額を支払う仕組みですが、金利が高く「いつまでも支払いが終わらない」という返済地獄に悩む人も。

今回はリボ払いの仕組みや落とし穴について学んでおきましょう。既に返済に悩んでいる方には早く返済を終える方法をご紹介します。

クレジットカードの「リボ払い」ってなに?

「リボ払い」の正式名称は「リボルビング払い」で、クレジットカードやキャッシングの支払い方式の一つです。

クレジットカードの利用金額にかかわらず毎月一定額を払う仕組みで、代表的な支払い方法は「残高スライド方式」と「定額方式」の二種類があります。

「残高スライド方式」は支払い残高の大きさに応じて支払額が段階的に増減する方式です。例えば、支払残高10万円未満のときは毎月1万円、10万円を超えると毎月2万円を返済するといった形です。
「定額方式」は支払い残高に関係なく、設定した一定額を毎月の返済する方式です。。設定金額が大きければ返済期間が短くなり、小さければ返済期間が長くなりその分利息も多くかかります。
また、それぞれの返済方法には支払い元金を定額にする方法と返済額(元金+利息)を定額にする方法があります。
元金を定額に支払う方法であれば、元金が早いうちに減るので返済額を定額にするより利息は少なくて済みます。

どちらにしてもリボ払いが「やばい」事に変わりはないです。ではどのように「やばい」のか見ていきましょう。

なぜリボ払いが「やばい」のか?

リボ払いは高い買い物をする際に便利ですが、高い金利や終わらない返済など大きな落とし穴が潜んでいます。

中にはリボ払いで借金が雪だるま式に膨らんでいき、気が付けば首が回らなくなっているという人もいます。リボ払いのリスクについて知っておきましょう。

1、高い金利手数料をとられる

リボ払いの金利手数料は15~18%程度で消費者金融のローンと同じ位となります。

例えばリボ払いで20万円の商品を購入し、毎月1万円を返済をしていく場合は返済に2年間かかります。金利が15%として利息と手数料は31,581円かかる計算となります。

一括返済に比べ31,581円損をしている結果となってしまいました。

2、支払いが延々と続く

支払い設定額が安く設定されている事が多いので、支払期間が長期化した結果手数料が雪だるま式に増えていきます。

支払額がほぼ手数料に充てられるといったこともあるため、支払が延々と続くはめになってしまうのです。

3、しっかり返済している気分になる

リボ払いは自動的に口座から引き落とされるケースが多いのですが、毎月一定額を引き落とされる事でちゃんと返済している気分になってしまいます。しかし2でも書いた通り支払額の多くが手数料に充てられてしまうので延々と支払いが終わらない落とし穴にハマってしまいます。

クレジットカードを使っていると「借金」という感覚を持ちづらいですが、リボ払いや分割払いは「消費者が支払い能力以上の買い物をした」という観点から「借金」という分類となります。

4、カード会社があの手この手で勧めてくる

カード会社ではリボ払いを設定する事でポイントを増やしたり、初期設定がリボ払いになっている事例があります。またメールや電話などあらゆる手段で勧誘してきます。

カード会社は何故ここまでリボ払いを勧めてくるのでしょうか?

実際に筆者も金融機関に勤める親戚に「リボ払い設定のあるクレジットカードが店のノルマになっているから協力して」と言われ、付き合いでやむなく加入したことがありました。

親戚に「何故ノルマになっているのか」を尋ねると「会社が儲かるから」という非常にシンプルな答えが帰ってきました。

リボ払いはカード会社にとって大きな利益となる事から、あの手この手で勧めてきますが決して誘いに乗ってはいけません。

リボ払いを終わらせる方法は?

ではリボ払いをする事態になってしまった時はどうすれば良いのでしょうか?

基本的には利息が少なくて済む、繰り上げ返済や一括返済をおススメします。手元にお金がない場合は債務整理を手段もありますが、債務整理にはデメリットもありますので事前に確認しておきましょう。

1、繰上げ返済をする

例えば「20万円の買い物をリボ払いで払い返済中。ボーナスが出たから5万円なら返済できる」といった場合は繰り上げ返済をしましょう。繰り上げ返済をする事で早期に返済を終えることができ、金利手数料も安く済みます。繰り上げ返済はカード会社によってはATMでも対応しています。多くの場合利息は日割り計算となっていますので、一日でも早く手続きを行うようにしましょう。

他に口座引き落としや振り込みといった方法もありますので、まずはカード会社に確認してみることをおススメします。

2、一括返済をする

一番金利手数料を少なく抑えるのが一括返済です。

一括返済に対応していないカード会社もありますので、その際は繰り上げ返済に変更してもらいましょう。

繰り上げ返済の場合と同じく、ATM払い、口座引き落とし、振り込みの3つの方法があります。

タイミングによっては支払い日が一か月遅れてしまい、金利手数料がかかってしまうケースもあります。

カード会社によって条件も異なるため内容も確認しておきましょう。

3、債務整理をする

債務整理と聞くと自己破産を連想してしまいますが、リボ払いでの債務整理は「任意整理」という種類で自己破産よりハードルが低い事が特徴です。

債務整理をすると金利をカットできる、返済時期を遅らせる事ができるというメリットがあります。リボ払いで生活が苦しい人は債務整理を検討しましょう。

デメリットとしては

●ブラックリストに登録5年間クレジットカードが作れない
●住宅ローンが組めない
●携帯電話の分割支払いが出来なくなる

などがあります。

まずは行政書士など専門家の無料相談を利用してみましょう。

家計管理の方法から資産運用まで6つの分野を学べる

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

田中あさみ

2級ファイナンシャルプランナー技能士・Webライター。趣味は読書とお昼寝。
経済学部在学中に資格を取得、卒業後は製薬会社の営業を経て医療系の仕事に携わる。
日々の生活に役立ち、老若男女が必要とするお金や健康等の情報を発信したいと考えWebライターに。
金融・経済・保険・医療等を中心に記事を多数執筆。
FPや医療関係者として公平な目線で、読者に有益な情報を届けるべく日々奮闘中。
【ブログ】https://asa123001.hatenablog.com/
【Twitter】https://twitter.com/writertanaka19

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

消費増税、「ポイント還元」利用で負担軽減を

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  使い方使い方

クレジットカードを作る時には要注意

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

国民健康保険の保険料が高い2つの理由

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

お金が貯まらない人が見直すべき固定費3選

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

年代別家計貯蓄額、平均額はいくら?

ポイントを教える女性
知恵袋知恵袋 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

【子どもの進学】入学金が予定していたより高かった!急な資金不足はどう補う?