FXにおける心技体

田中和紀

2019.09.21.(土)

武術やスポーツなどでよく使われる心技体という言葉ですが、FX投資にも通じる言葉だと思っています。この心技体ですが、武術やスポーツでは心と技術と体が全て揃われば強くなるという意味です。逆を言えば、技術だけ磨いても心や体が身についていなければ強くなれないという事です。これはFX投資でもいえることで、私が考える心技体をお伝えします。

心技体の3つ中で一番最初に来る字です。3つの中でも一番重要なのかもしれません。授業でも投資にはメンタルが重要だと伝えています。投資には冷静さと強いメンタルが必要です。心理学を取り入れた行動フィナンス理論が普及しているという事は、それだけメンタルの重要性に多くの投資家が気づいているという事でしょう。

マーケットは欲と不安が入り乱れており、投資家はそれに振り回されがちです。マーケットは本来人間に備わっている欲や不安を煽る場所です。よって投資家は冷静で強いメンタルを維持することが大変なのです。

しかし、これを身に着けないと投資で負けてしまいます。メンタルは知識と経験で培われます。逆境や修羅場を乗り越えた投資家ほど強いメンタルを備えています。メンタルは常に意識しているかどうかで身につくスピードも違います。ないがしろにすれば、経験を積んでも身につきません。常にメンタルの重要性を意識して投資に挑んでいきましょう。

次は技です。FX投資ではファンダメンタルやテクニカル分析に代表されるあらゆる知識になります。学者や専門家や機関投資家などは多くの投資知識を持っています。これらの投資家は有利であり、勝てる確率も高いでしょう。

ただ知識を完璧に身に着けても、全体の33%程度なのです。知識があっても投資で勝てるとは限りません。自分で真剣に投資をした事がない人は、メンタルが弱く勝てません。私がFX会社にいた頃も、投資知識が多い人や元ディーラーといった投資家が儲かっているとは限りませんでした。もちろん知識なくして勝ち組にもなれません。しっかり学習して投資に挑みましょう。ちなみにFX投資ではスクール15回の講義で十分な知識が身につくと思っています。本質を理解し良質なものを優先的に学んでいきましょう。

最後は体です。武術やスポーツの世界などは、生まれ持った体格やその後の筋力などを意味しますが、投資にとっての体はお金です。資金力となります。1億円で投資するのと、10万円で投資するのでは結果が大きく違います。同じ10%儲かったとしても、1億なら1,000万円で10万円なら1万円の利益です。大きなお金が圧倒的に有利なのです。

また資金力が心にも余裕を与え、メンタル強化にも繋がります。一方で、資金力が小さくても心技を身につければ投資で勝つ確率は上がるという事です。投資で勝てれば、いずれ資金力も備わってくるでしょう。投資の実力を上げるにはこの心技体の3つを意識し、それぞれバランスよく身に着けていくことです。

デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

田中和紀

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「FX・外貨投資スクール」で教壇に立つ。福岡大学卒業後、証券会社入社。金融ビッグバン当時、業界初のFX事業の立ち上げに関わる。投資実績としては、ドル/円、豪ドル/円のロングポジションの長期投資。年率にして平均15%で10年以上運用した。その他様々な金融商品を取引中。オプションSQに合わせて、オプションの短期売買を実施しています。2006年よりKAZUKI FP事務所代表。証券会社、情報ベンダーなどで講演・執筆を中心に活動。
外貨投資・FXについて学べる「外貨投資・FXスクール」の無料体験学習会はこちら

こんな記事も読まれています

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

初心者が守れるFXトレードルールの作り方

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

トレードスタイルを決定する

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXを始めると人生が変わる!?その素晴らしいメリットとは?

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXはどうやって学べばいいの?おすすめの勉強方法とは?

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXは身近な存在、海外旅行の際におこなっているかも!?

FXFX |  生活生活 |  考え方考え方

FXを“おトクで安心な外貨預金”に変える驚きの方法とは?