10月から変わる!住宅ローン控除で賢くマイホーム購入

木暮ゆい

2019.09.19.(木)

2019年10月1日より消費税が10パーセントになります。2019年9月30日までに物件の引き渡しが終了すれば、消費税8%の適用ですが、今、あわててマイホームを購入する方がお得なのでしょうか?

物件を駆け込みで購入する前に、今一度マイホームを購入した場合の給付金などを確認してみましょう。

消費税増税前にマイホームの駆け込み需要?

2019年10月1日とともに、「住宅ローン控除」などのマイホーム取得に関する制度にも変更があります。マイホーム購入検討中の場合、「消費税増税」はかなり気になることでしょう。

前回の消費税増税時は「駆け込み需要」が見られたマイホーム購入。しかし、2019年8月2日付朝日新聞の記事によると、2019年10月の消費税駆け込み需要は限定的で、前回の5%→8%の消費税増税時よりも住宅販売件数は伸び悩んでいるそうです。今回の消費税駆け込み需要があまり見受けられないのも、この制度の改正の影響があるかもしれません。今回、改正があるのは「住宅ローン控除」と「すまいの給付金」。これらは、どのように変わるのでしょうか。

消費税増税とともにここが変わる 住宅ローン控除

【住宅ローン控除】は期間が3年間延長

2019年9月30日までの「住宅ローン控除」は、住宅の新築や取得または増改築などを行った際、返済期間10年以上の住宅ローンを利用すると、10年間、各年末の住宅ローン残高の1.0%(年間最高40万円)を所得税額から控除する制度です。控除しきれない額は、翌年の住民税から控除します。認定長期優良住宅・認定低炭素住宅では年間最高50万円です。

2019年10月1日からの住宅ローン控除は、この10年間が13年間に延長されます。ただし、延長された分も、これまでと同じ各年末の住宅ローン残高の1.0%を所得税から控除という訳ではありません。延長された3年分(11年~13年)は4,000万円が限度となり、住宅借入金などの年度末残高の1.0%、または、上限額4,000万円の建物購入価格×2%の3分の1という控除になります。
ただし、この制度は、一般の住宅と認定長期優良住宅・認定低炭素住宅では異なります。認定長期優良住宅・認定低炭素住宅では、上限額が5,000万円に拡大され、控除される金額も大きくなります。また、床面積が50平方メートル以上であること、住宅の引渡し又は工事完了から6ヶ月以内に居住の用に供することなど色々と要件があります。詳しくは、国土交通省のウェブサイトにてご確認ください。

【すまい給付金】世帯収入ではなく持ち分所有者で給付される点が要注意

すまい給付金は、住宅を取得する者の負担をかなり緩和するために創設された制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円でしたが、2019年10月1日からは収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円が給付されます。年収に伴う給付金額の目安は下記の表のとおりです。

※2 夫婦(妻は収入なし)および中学生以下の子供が2人のモデル世帯において住宅取得する場合の夫の収入額の目安。

実際の給付額は、住宅取得者の収入および不動産登記上の持ち分割合により決まり、計算式は給付額=給付基礎額×持分割合です。世帯年収ではありません。
給付基礎額は、都道府県民税の所得割額で決まります。すまい給付金の申請は、住宅取得者(持分保有者)がそれぞれ行うものなので、名義人が夫と妻、住宅ローンもそれぞれの名義で行う場合、世帯合計で上記の金額よりも多くもらえる場合があります。消費税改正前には収入額の目安が510万円以下だったため、これはかなり給付対象者が拡大されたといってもよいでしょう。

こちらは一般住宅、認定長期優良住宅・認定低炭素住宅についての支給要件の差はありません。50万円という金額は、若干少ないと思われるかもしれませんが、5,000万円の物件の場合50万円は1パーセントです。50万円といえば、引っ越しの際の電化製品も買い換えられる金額。制度は上手に活用した方がお得ですね。

制度を賢く利用するためには知識をつけよう

現在の政府の政策は、国民の住宅取得を推進しており、住宅ローン控除、すまい給付金など住宅取得に関する国民に有利な制度は、毎年何らかの改正がある状態です。ただ、住宅ローン控除も、すまい給付金も支給要件があり、賢く節約したつもりが、実は支給要件を逃していたという場合もあります。

これらの住まいに関する制度を賢く利用するには、やはり「自分が利用する分野に関するお金の知識を身につけること」。今はネットにも情報があふれる時代です。気になる情報は果敢につかみに行くようにしたいものです。官公庁のウェブサイトは、最新の情報がアップデートされおり、しかも正確なので、おすすめです。
消費税増税のこの機会に、今一度自分のお金の知識、マイホーム取得の知識をブラッシュアップしてみませんか?

知っているだけで1,000万円以上差がつく、マイホームを賢く買うには

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

木暮ゆい

株主優待中心の日本株、海外高配当株、債券、投資信託、純金、プラチナ、銀積立、ソーシャルレンディング等に投資中のライター。最近では優待クロスでの株主優待品を取得と、ふるさと納税に夢中です。

  • 出費が多い12月、赤字にならない家計管理はどうすればいい?

    詳細を見る
  • 不動産投資とブログの関係性について

    詳細を見る
  • 目を大切にするデスクワーカーの小さな工夫

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

経済トレンド経済トレンド |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

私立高校授業料高校無償化最前線。東京都の場合と2020年からの展望とは?

不動産投資不動産投資 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム購入のセオリーに当てはまらないものは買っちゃダメなの?「マイホーム購入スクール」菅沼尚宏講師に聞く

不動産投資不動産投資 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム持ちなら人生で3回は訪れる「あの書類」と向き合う瞬間

住宅・保険住宅・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

後悔を感じたら時すでに遅し・・・マイホーム購入の大事なポイント

住宅・保険住宅・保険 |  住宅購入住宅購入 |  使い方使い方

マイホームは戸建て?それともマンション? 比較すると見えてくる、マンション購入の注意点!