「貯金できない」が口癖の人必見! 貯金するための基本の「キ」

續恵美子

2019.09.02.(月)

給料が少ないから貯金できない、頑張って働いてるのにお金がない、やっと少しお金が貯まったと思ったら要り用ができてお金が飛んでいく――理由はさまざまですが、「何かのせいで貯金できない」と口癖のようにいつも言っている人をよく見かけます。

しかしこれって実は言い訳であることも多いことを知っていますか。まもなく消費税がアップしますが、このような人は、また言い訳の理由が増えて貯金をしなくなるかもしれません。「貯金できない」ではなく、「貯金する」と心に決めて行動しましょう。

貯金するための基本の「キ」:意思と目的、実行力

貯金をするには3つの大切なことがあることを知っておきましょう。「意思」と「目的」、「実行力」です。

意思

毎月いくら貯金に回せるのかは、収入や生活スタイル、家族の有無などによって異なります。そのためお金が貯まるスピードは人それぞれに違ってきます。でも、貯金ができる・できないは、収入でも環境の問題ではなく、まずは「絶対貯める」という意思が大事です。意思があればたとえ毎月わずかな金額でも貯金に回す努力ができるはず。

目的

単に通帳残高が増えていくのを見るのが嬉しいという人がいますが、それも立派な目的で、目的があるから頑張って貯金をしていけます。目的は人それぞれですが、たとえば「1年後に旅行に行く」、「結婚資金を貯める」、「子どもの教育資金のため」、「1,000万円欲しい」など。小さなものから大きなものまで、他にもいろんな目的があるはずです。

実行

たとえば、「宝くじは買わないと当たらない」というセリフがありますが、たしかに買ってない人には当たる可能性は全くありません。貯金もそれと同じで、高い意思や立派な目的があっても、実行していかなければお金は貯まりません。
「貯金できない」と言っている人は、自分に「意思」、「目的」、「実行力」の3つが揃っているか自問してみましょう。

貯金するための基本の「キ」:お金の使い方をチェック

「貯金できない」という人の中には、「意思」、「目的」があっても「実行力」がかなわないという人が多いようです。毎月の生活がカツカツで、貯金に回せるお金がないというようなケースです。
このようなケースでは、必要以上にお金を使いすぎている場合が多いようです。しかし困ったことに、自分自身では「使いすぎているかどうか」わからない場合が多いのです。そこで、自分で自分のお金の使い方をチェックするための方法をご紹介します。

整理整頓

クローゼット、チェスト、収納庫、冷蔵庫等々、家のなかの整理整頓してみましょう。ストックルームがある人は、そこも忘れずに。
整理整頓していると、ずっと使っていないものが出てくるかもしれません。少し前に断捨離という言葉をよく耳にしていましたが、多くの場合は断捨離などとは縁遠く、「こんな物あったんだ……」と使わず仕舞ったまま忘れている物が多々あるものです。本来は、必要ないなら買わなくていいのですが、あると便利、急に必要になるかもしれない、きっと役に立つと思って、ついつい買ってしまう人は多いようです。もし、「こんな物あったんだ……」というものがあれば、ムダな買い物をしているサインです。

レシートをチェック

整理整頓は財布の中も同様に必要です。たくさんレシートが貯まっていませんか?レシートを取りだし、捨てる前にまずは日付をチェックしてみましょう。1ヵ月前のレシートが出てきたら、家計管理にあまり感心を持っていないサインかもしれません。お金がない、貯金できないという前に、家計管理に興味をもつ努力が必要です。

貯金するための基本の「キ」:ムダ遣いを貯金に回す

自分のお金の使い方をチェックしてムダ遣いが見つかれば、そのムダ遣い分を貯金に回しましょう。意思と目的が大切だと言うことは前述しましたが、ムダ遣いをやめ、その分を貯金するための実行力が必要です

欲しいものは数日考える

食料品や子どもの学校教材等々、必要なものは即買わないといけないものがほとんどですが、「欲しいもの」はすぐに買わずに数日考えるクセをつけましょう。たとえば、1週間待つと決め、欲しい気持ちが1週間続くなら買ってもいいですが、1週間立たないうちに欲しい気持ちが薄れてきたら、買ったつもりでそのお金を貯金していきましょう。

積立制度に申込む

貯金していくためにはある程度強制的に実行することも必要です。先にお金の使い方をチェックしたとき、大体のムダ遣い消費の額を確認できていれば、その金額でできるような積立制度に申込みましょう。会社員なら給与天引きができる財形制度がおすすめです。天引きできる制度がないなら、銀行の積立定期預金やつみたてNISAがいいでしょう。

消費税が上がったら、これまで貯金に励んでいた人でも貯金のための源泉を家計のなかで見つけていかなければなりません。これまで貯金しようと思ったけど、お金がないからと言っていた人は今回紹介した、貯金するための基本の「キ」を参考に、意思と目的を持ち、家計のムダを見つけ、貯金の実行をしていってください。

給料の2割を貯蓄するコツ

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

續恵美子

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
夢や希望を持ちながらも、一歩を踏み出せない――お金の知識を教えることで、そんな女性が一歩踏み出す支援をしたいという想いとともに、ファイナンシャルプランナーとして活動。
プライベートでは南仏移住して10年以上。仕事・家庭・自分の人生を活き活き送る、多くのフランス人女性から学んだことを日々の活動に実践している。

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  使い方使い方

金欠女子の “Tポイント命綱生活”!生活費が足りない1ヶ月を生き抜くサバイバル術を取材

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

丸の内OL流~節約はズバリ、落ちているお金を拾うゲームです!

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金の振込みが6万円以上も減額。それは忘れた頃にやってくる

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

あなたは時間とお金を無駄にしていませんか?現金派からキャッシュレス派へのすすめ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練