利回り4%超!「10万円以下」で買える、高配当利回り株のえらび方

トウシル

2019.08.21.(水)

※この記事は2019年8月8日にトウシルサイトで公開されたものです。

日本株は配当利回りから見て割安と判断

日本株は、配当利回りや、PER(株価収益率)などの株価指標で見て、割安と判断しています。長期投資で、資産形成に貢献する投資対象と考えています。

日本の長期金利(10年もの新発国債利回り)と東証一部予想配当利回りの推移:1993年5月~2019年8月(7日まで)

注:楽天証券経済研究所が作成

1993年当時、長期金利が5%あった時、東証一部配当利回りは1%未満でした。この時、長期国債は割安で、日本株は割高でした。ところが、2019年1月現在、長期金利はゼロ近くに低下しましたが、配当利回りは2.6%まで上昇しています。今は、長期国債が割高で、日本株が割安と判断しています。

10万円から始める高利回り株投資

日本株は、配当利回りから見て割安で、長期投資対象として魅力的と考えています。ただし、銘柄選択は大切です。人気株に飛び乗って高値づかみとなり、株価が急落すると大きな損失をこうむることもあります。

これから日本株への投資を考える初心者は、日経平均に連動するインデックスファンドや、10万円以下で買える株への小口投資から始めたらいいと思います。一度に大きな金額を買うのではなく、毎月一定額を買い付けるなど、堅実に投資を増やしていく買い方が良いと思います。

そこで、今日は、10万円以下で買える高配当利回り株をご紹介します。

楽天証券HPでは、さまざまな条件を指定して、その条件に合った銘柄をスクリーニング(抽出)する「スーパースクリーナー」というツールを提供しています。スーパースクリーナーの使い方は、以下をご参照ください。

スーパースクリーナーを使った銘柄分析方法を動画で解説

今日は、スーパースクリーナーを使って選ぶ、10万円以下で投資できる高配当利回り株を、ご紹介します。以下の手順で絞り込みます。

10万円以下で買える1,503銘柄を抽出

まず、東証一部・二部・東証マザーズ・ジャスダック・名証に上場する銘柄について、「投資金額10万円以下」の条件を指定すると、1,503銘柄が出てきます。この1,503銘柄が、2019年8月7日時点で、最小投資単位が10万円以下の銘柄です。

予想配当利回りが4%以上の63銘柄を抽出

10万円以下で買える銘柄から、配当利回りが高めのものを抽出します。「配当利回り(予想)が4%以上」という条件を加えると、銘柄数は、一気に63まで減ります。これが、10万円以下で買える高配当利回り株の候補となります。

10万円以下で買える予想配当利回り4%以上の63銘柄のうち、利回り上位20社:2019年8月7日13時時点


出所:楽天証券スーパースクリーナー。「現在値」は8月7日前引け時点。「投資金額」は8月7日前引けで最小投資単位(100株)を買うのに必要な金額)

配当利回り(予想)は高ければ高いほど、良いというわけではありません。なぜならば、株の配当利回りは、確定利回りではないからです。業績が悪化して、減配(1株当たり配当金を減らすこと)になり、株価が下がることもあります。高配当利回りを選別する時は、なるべく減配リスクの低い銘柄を選ぶべきです。

予想配当利回りが高すぎる(6%超)銘柄は、減配リスクも高いと考えるべきです。きちんと調査して選別する場合は良いが、そうでない場合は避けた方が無難です。

さらに、時価総額が1,000億円以上の銘柄に絞り込む

減配リスクの低い銘柄にさらに絞りこむ方法は、いろいろあります。減配リスクが低い銘柄には、一般的に以下のような特色があります。

(1)時価総額が大きい
(2)経常利益率が高い
(3)自己資本比率が高い(借金が少ない)
(4)景気の影響を受けにくい業種(ディフェンシブ株)
(5)経営者が株主への利益配分に積極的

すべてを満たす銘柄はありません。上記の1つか2つを満たせば十分と考えます。今日は、一番単純で分かりやすい「時価総額が大きい」という条件で絞り込んでみました。「時価総額1,000億円以上」の条件を加えると、銘柄数は、54に絞り込まれます。

スーパースクリーナーで抽出した24銘柄:2019年8月7日13時時点


出所:楽天証券スーパースクリーナー

私が投資してみたいと考える8銘柄

スクリーニングで選んだ銘柄に、機械的に投資するのは得策とは言えません。配当利回りが高い銘柄には、将来、減配になるリスクもあるからです。ここから、さらに絞り込む必要があります。証券会社2社(大和証券グループ本社・松井証券)について、私は投資判断を述べることはできませんので、この2社を除いた22社から選別します。

私は、1987年から2013年まで、日本株ファンドマネージャーをやっていました。私がもし今、ファンドマネージャーならば買ってみたいと思う銘柄は、8銘柄あります。以下の通りです。

筆者がファンドマネージャーならば買ってみたい8銘柄

コード 銘柄名 配当利回り 業種 最低投資額
2768 双日 5.4% 商社 32,500
4005 住友化学 4.8% 化学 45,800
4188 三菱ケミカルHD 5.4% 化学 72,500
5020 JXTG HD 4.8% 石油 46,810
6471 日本精工 4.7% 機械 84,400
8002 丸紅 5.4% 商社 66,520
8306 三菱UFJ FG 4.9% 銀行 51,210
8411 みずほFG 4.8% 銀行 15,590
【金額単位:円】
<出所:楽天証券スーパースクリーナーより筆者作成>

上記リストを作ってみて、少し気になったのは、景気敏感株が多いことです。今、世界景気に不安があるからこそ、高収益の景気敏感株でも売り込まれて、割安になってきていると言えます。

私は、来年以降、世界景気の回復を見込んでいるので、景気敏感株にも投資していきたいと考えます。ただし、景気敏感株は値動きが荒いことに注意が必要です。

欧米の相場格言に、「1つの籠に、すべての卵を入れるな」があります。これは、投資において分散投資が重要という意味です。上記のリストから投資銘柄を選ぶ際、同じ業種から選ばずに、さまざまな業種に分散すべきと思います。

買ってみたい8銘柄の中に、化学株2銘柄(住友化学・三菱ケミカル)、機械株1銘柄(日本精工)が入っています。これは、いわゆる逆バリ投資です。現在、業績が悪化し、株価が大きく下がってきたところです。私は、中長期的に稼ぐ力のある会社なので、買っていく価値があると思います。ただし、値動きが荒いことには注意が必要です。

三菱UFJ・みずほと、銀行が2つ入っています。私は、銀行に投資するならば、海外で収益を拡大させている3メガ銀行に限定すべきと考えています。日銀の低金利政策でダメージを受け、収益悪化が長引く地方銀行には、投資すべきでないと考えています。

3メガ銀行では、三菱UFJFGとみずほFGのほか、三井住友FG(8316)も、予想配当利回りが4.7%と高く、投資魅力は高いと考えています。ただし、三井住友FGは、最低投資金額が約37万円と大きいので、上記リストには入りません。3メガ銀行の中で比較すると、海外収益拡大で先行する三菱UFJの魅力が一番高いと判断しています。

丸紅・双日は、総合商社です。丸紅は、今期(2020年3月期)の純利益(会社予想)が前期比3.9%増の2,400億円と、3期連続で最高益を更新する見通しです。双日は、今期(2020年3月期)の純利益(会社予想)が前期比2%増の720億円と、2期連続で最高益を更新する見込みです。ともに、資源事業の利益低下を、非資源事業の拡大によってカバーしています。

<この記事の著者プロフィール>

【窪田真之】

楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト
1984年、慶應義塾大学経済学部卒業。住友銀行、住銀バンカース投資顧問、大和住銀投信投資顧問を経て2014年より現職。日本株ファンドマネージャー歴25年、1000億円以上の大規模運用で好実績をあげたスペシャリスト。

株式投資で絶対に知っておきたい3つの基本が学べる無料体験セミナー

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

トウシル

楽天証券の投資情報メディア「トウシル」
トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。
【HP】https://media.rakuten-sec.net/

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

はじめて株を買う人へ!株の選び方と簡単な絞り込み方を教えます

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

株は本当に安全?コツコツと資産運用するなら株がいい理由

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

世界的な株高の追い風ありながらマザーズは反落

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

今年こそ株式投資をはじめよう、口座開設にどの証券会社を選んだらいい?

資産運用資産運用 |  教育・子育て教育・子育て |  増やし方増やし方

シングルマザーに株式投資をおすすめする理由

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

5年で資産10倍に。株式投資初心者は、いつでも「今」が始めどき。