厳しい大人のお小遣い事情 知恵と工夫で賢くやりくりを

續恵美子

2019.08.08.(木)

「お小遣い」は多ければ多いほど嬉しいのは、子どもも大人も同じ。とはいえ、家計のことを考えると、その金額も絞られてくる家庭も多いのではないでしょうか。物価上昇やこれからの消費増税を考えると、さらに厳しさを増すことも考えられます。
そこで、最近の働く男女のお小遣い事情を覗き見ながら、さまざまな工夫で上手にやりくりする方法を考えてみましょう。

働く男女のお小遣いは減少傾向に

新生銀行が20代から50代までの男女2,700名を対象に実施した「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員の毎月のお小遣い金額は3万6,747円、女性会社員は3万3,269円とのことです。ちなみにこれらのお小遣い額には昼食代も含まれているとのこと。皆さんはご自身の場合と比べて多いでしょうか、少ないでしょうか。

実は、これらのお小遣い額は男女ともに前年より減少している様子。男性は前年よりも3,089円少なく、女性は1,585円の減少です。

1979年以降毎年実施されている当調査で、2019年調査の男性会社員のお小遣い額は、1982年の34,100円に次いで2番目に低い金額とのこと。経済不況がお小遣いに影響することはありますが、いわゆる平成不況といわれる1991年~1993年よりも低い金額ということになるようです。ちなみに過去最低だった1982年は東北新幹線および上越新幹線が開通した年だそう。

一方、女性会社員では、調査開始された2014年以降、最も低い金額です。

お小遣いが減った理由は男女ともに「給料が減ったから」「生活費にかかるお金が増えたから」が1位と2位となっています。ということは、10月の消費税増税後には、「生活費にかかるお金」がさらに増えることが考えられますから、今後もお小遣い減少傾向は続く可能性がありそうです。

お小遣いを上手にやりくりする方法1:テイクアウトを利用

当調査によると、会社員のランチは持参弁当や買ってきた弁当を食べている人も少なくないものの、社員食堂や外食という人も男性では3割以上、女性では2割近くいるようです。10月以降は、外食はもちろん社員食堂でも消費税率が10%に上がります。お小遣いからの支出を少しでも抑えるためには軽減税率が適用されるテイクアウトの利用も考えたいものです。手作りの弁当を持参できればなお良いですね。

お小遣いを上手にやりくりする方法2:キャッシュレス払いを利用

増税後の政策として「中小店舗でのキャッシュレス決済時のポイント還元制度」が実施されるのはご存じの人も多いでしょう。この政府のポイント還元制度は9カ月間だけの時限措置ではあるものの、キャッシュレス払いを上手に取り入れて、実質負担を少しでも抑えるように努めたいですね。

そもそもクレジットカードや電子マネーでの支払いはポイント還元されるものが多くあります。すでに実行している人もいるようですが、クレジットカードと電子マネーのポイント二重取りもこれからはやりくりに必然的な手段になるかもしれませんね。

二重取りはクレジットカードで電子マネーにチャージする時点でクレカのポイントをゲットでき、電子マネーで支払いすることで電子マネーサービスのポイントをゲットし、ポイント還元率を高めるというものです。電子マネーにもSuicaやPASMOといった交通系ICや、LINEPayやOrigamiPayなどのスマホアプリでの決済などさまざまなものがあります。自分の利用シーンに合わせて使い勝手の良いものを選ぶといいですね。

お小遣いを上手にやりくりする方法3:金券ショップを活用

お小遣いの使途にもよりますが、ランチや飲み会での出費を少しでも抑えるためには金券ショップの利用も検討したいところです。たとえばファーストフード店や居酒屋など、利用可能範囲の広いジェフグルメカードを金券ショップで購入し、外食時にはそれで支払いするのもいいですね。金券の販売価格は金券ショップによって異なりますが、額面500円のものが480円で買えるとしたら20円のお得です。

前述お小遣い調査でも、会社員のランチの1日当たり平均額は男性が555円、女性が581円です。仮にクレジットカードの還元率が1%で、1ポイント=1円相当だとすれば、カード払いでは5円程度のお得ですから、金券ショップ活用のお得さは重視したいものです。

今回、お小遣いをやりくりするために活用したい方法を3つ紹介しましたが、そもそも不要なものにお金を使わないというのが基本です。そのためには自分が何に、いくらお金を使っているのか把握して、支出管理を行うことが大切です。子どもの頃を思い出して、お小遣い帳をつけてみるのもいいですね。

参照:新生銀行「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

子育てが忙しくてもお金が貯まる3つの方法を学ぶ

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

續恵美子

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
夢や希望を持ちながらも、一歩を踏み出せない――お金の知識を教えることで、そんな女性が一歩踏み出す支援をしたいという想いとともに、ファイナンシャルプランナーとして活動。
プライベートでは南仏移住して10年以上。仕事・家庭・自分の人生を活き活き送る、多くのフランス人女性から学んだことを日々の活動に実践している。

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

キャッシュレス時代に向けて 知っておきたい「みらいのお金」のこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年収400万で貯金する方法

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

新興国通貨の人気について

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

これからは現金よりキャッシュレスの時代

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

不要品がお宝に?買取業者が教える「意外に高く売れるモノ」とは?