お金に強い子どもを育てる 変化する時代で戦うための最新メソッドとは

ナカセコ エミコ

2019.07.23.(火)

働き方が大きく変わり、「好き」を仕事に個人単位で生きることが可能な時代になりつつあります。反面、お金に対する考え方が甘いと、痛い目に合う局面も今まで以上に増えることでしょう。

酒井レオ著『世界最新メソッドでお金に強い子どもに育てる方法』より、お金に強い子どもを育てる考え方をご紹介します。

世界で戦うスキルを身につける

そこで僕は、声を大にして言いたい。「お金を学び、お金に強くなる」ことこそ、将来子どもが幸せになるためのパスポートである、と。

4ページより引用

ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ちのバイリンガル日系アメリカ人である著者。日本とアメリカ両方の文化に影響を受けきたといいます。

ワシントン大学を卒業後は、JPモルガンを経てコマース銀行(現TD銀行)に入社。さらなる転職を経て、アメリカンドリームに挑戦しようと渡米してくる人たちを応援するNPO法人を設立します。最近では、子どもを対象としたSTEM教育の重要性を感じ、新事業を手がけているのだとか。

本著では、「お金に強くなるメソッド」と「世界で活躍するメソッド」について触れています。世界と戦うためのスキルは大人になってからでは身につかない部分もあることでしょう。日本の教育において、お金について学ぶ機会はあまりないものです。

ITの進化によって世界の国境は無くなってきています。誰もが、個人レベルでコミュニケーションをとって経済活動をしていかなければならない時代がやってきます。

早いうちにお金の価値を知り、お金で世界が回っていることを知ることは、お金に振り回されない生き方をしていくことにつながるといえそうです。

無償で提供されるお金もサービスもない

日本で売れている子育て本を手に取ると、かなりの確率で「小学生になったらお小遣いをあげる?あげない?」というテーマは目にします。

この問いに対する僕の答えは、「お小遣いは絶対あげない」です。

37ページより引用

経済的にゆとりのある家庭ほど、お小遣いをあげていない傾向があるのだと著者はいいます。自身もまた、お小遣いをもらっていなかったのだとか。

お金は労働の対価です。大人になってから、何の労働もしていないのに毎月決まった額のお金が手に入るなどといったことは考えられません。ユダヤの家庭に受け継がれている帝王学では、この考え方はスタンダードであるといいます。

これからは「好き」を仕事に、個人がスペシャリストとして働く人が増える時代。お小遣いは、いわばサラリーマンとしての給料の縮小版です。多様な働き方となっていく時代に順応していくためにも、その考え方を少しずつ変えていくことが大事なようです。

たとえば、玄関の掃除1回10円、風呂の掃除30円など、自分で稼ぐ喜びを味わいつつ労働力に見合う対価を手に入れるところに大きな意味がありそうです。

逆に、親が子ども部屋を掃除したり、食事を提供する場合には、きちんと支払わせるといったことも著者は勧めています。誰かが自分のスキルを提供すれば、そこには費用が発生するもの。子どもが無理なく手伝いで稼げる1ヶ月の金額が1000円だとしたら、1ヶ月の子ども部屋掃除代を200円、食事代を300円くらいにすれば成立します。

掃除や食事が無償で提供されるサービスではないという考え方。子どものうちから知っておくことは、やがて大きな財産になりそうです。

 

大事な局面ではお金を惜しまない

お金持ちの家庭が反映し続ける理由として、本物の教育にお金をかけているからであると著者はいいます。

本物の教育とは、人として尊敬できる指導者との出会いを親がマッチングすること。子どもを対等な人間として認めてくれて、人生に影響を与えてくれるメンターとの出会いを作る。お金持ちは、長年にわたって構築してきたネットワークから、優れた指導者を探し出す能力に長けていることが多いのだとか。

また、著者の過程では、本だけはいつでも買ってもらえたといいます。本の良さは、考えを巡らせながら自分のペースで読み進めていけること。また、何十年もかけて一つの道を極めた内容や人生を、わずか1000円2000円で読むことができる点にあります。

お金に対してシビアな反面、かけるところには惜しまないという姿勢。大人になってからも、自分に投資する勘所がわかるようになりそうです。

タイトル:世界最新メソッドでお金に強い子どもに育てる方法
著者:酒井レオ
発行:アスコム
定価:1,500円(税抜)

子育てが忙しくてもお金が貯まる3つの方法を学ぶ

【前回の記事はこちら】
コンビニで経済を感じる 身近な場所でアンテナを磨く方法
老後2,000万円問題 生涯安心して生きていくための暮らし方とは
価値観が多様化する現代 新たな金融システム「金融4.0」とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家/絵本作家/ブックコーディネーター 。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。

  • お金のトライアングル12話『やらないといけないこと』

    詳細を見る
  • 配偶者控除と扶養控除にノーカウントとなる2つの証券口座

    詳細を見る
  • 利回り4%超!「10万円以下」で買える、高配当利回り株のえらび方

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

新米パパママのマイホーム選びは「近くの頼れる存在」を重視で

知恵袋知恵袋 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

「改正子ども・子育て支援法」で幼保費用が無償化。懸念事項もあり?

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

子育て世代のマイホーム購入。「子育て支援」が手厚い街に住もう

経済トレンド経済トレンド |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

私立高校授業料高校無償化最前線。東京都の場合と2020年からの展望とは?

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

30代共働き夫婦はいくら貯めてる?みんなの貯金額を調査!

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1