コンビニで経済を感じる 身近な場所でアンテナを磨く方法

ナカセコ エミコ

2019.07.19.(金)

経済の先行きが見えにくい現代において、経済的感覚というものはどうしたら磨いていけるものなのでしょうか。加谷珪一著『感じる経済学』より、日常から経済を感じ取っていくための考え方をご紹介します。

経済を感じ取るアンテナを持つ

経済を上手に感じ取るためには、日常生活において少しだけアンテナを敏感にしておく必要があります。

3ページより引用 

現在は経済評論家として活動している著者ですが、東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。その後、野村證券グループの投資ファンド運用会社を経て、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に携わっています。

AIの台頭など、これから未知の時代に突入していきますが、「感じる力」さえ身につけておけば、どんな時代であってもこわくないと著者はいいます。

経済を動かしているのは私たち一人一人の消費活動です。だからこそ、経済は頭で考えること以上に「感じる」ことが重要なのだとか。

経済を上手に感じ取るためには、モノの値段やサービス内容について意識して考えることが大事なようです。どの商品やサービスが良くて、その背景には何があり、今、何が起こっているのか。自身の価値観をベースに、意外な共通点を見つけて判断していくことを積み重ねていけば、社会全体の大きな動きをつかんでいくことができるでしょう。

重要なことは、与えられたものを漫然と受け入れて生きていくのではなく、主体的に考えて物事を決めていく。

多くの人が前向きかつ主体的に行動することで、経済に良い影響を与えていくことができるといえそうです。

 

身近な商品やサービスから経済を感じる

つまり、日頃から接している商品やサービスの変化をしっかりと感じ取ることができれば、経済の動きについて、もっと直感的に理解できるはずなのです。

16ページより引用

経済を感じていくという考え方は理解できますが、忙しい実際の毎日において、どんなものの見方をしていけば良いのでしょうか。

著者は、「コンビニコーヒーがうまくいってドーナツがダメな理由」を事例に説明しています。数年前から起きたコンビニコーヒーの躍進については、実感できるところ。しかし、その規模は既存のコーヒーチェーンの顧客を根こそぎ奪っているというわけではないのだといいます。

理由として、コンビニのコーヒーを飲む顧客は、これまでコーヒーチェーンであまりコーヒーを飲んでいなかった層なのだとか。また、コーヒーチェーンで飲んでいた人たちは、コンビニでもさらにコーヒーを購入していると考えられます。コーヒーが持つ潜在的な需要にうまくはまったパターンであるといえそうです。

その後、コーヒーに合うドーナツがコンビニに現れますが、売れ行きはあまり良くなかったようです。これまで、ドーナツ市場は大手企業が独占状態だったところ、売上減少の傾向にあるのだといいます。つまり、ドーナツは新しい市場の開拓ではなく、パイの奪い合いになってしまったといえます。

このように、ある商品やサービスを見たときに、それが市場を創造するものなのか、奪い合い的なものなのか、常に考えるクセを持って見ることが、経済を感じるトレーニングになるといえそうです。

 

消費と投資の違いを知る

本著では、経済を感じていくために大事なこととして、「消費」と「投資」の違いについて知ることも挙げられています。

消費と投資について皮膚感覚で理解できていると、経済に対する感度が上がり、GDP(国内総生産)の概念が理解しやすくなるのだとか。

消費とは、お金で満足感や喜びを得ることであり、投資とは、モノやサービスを生み出すためにお金を投じること。消費と投資の最適なバランスは、国がどのような発展段階にあるのかがわかるものであり、2つが増えることによって経済が拡大していきます。

自分自身の行動の一つ一つが消費なのか投資なのかをチェック。ひいては、企業の行動がどちらの傾向にあるのかを見つめていくことで、経済を感じる力を磨いていくことができそうです。

タイトル:感じる経済学
著者:加谷珪一
発行:SBクリエイティブ
定価:1,300円(税抜)

【前回の記事はこちら】
老後2,000万円問題 生涯安心して生きていくための暮らし方とは
価値観が多様化する現代 新たな金融システム「金融4.0」とは
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

一人暮らしでもお金がたまる貯蓄方法とは?

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ナカセコ エミコ

(株)FILAGE(フィラージュ)代表。書評家/絵本作家/ブックコーディネーター 。元・銀行員であり図書館司書。現在は、女性のキャリア・ライフスタイルを中心とした書評と絵本の執筆、選書を行っている。「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を運営中。

  • 12月の予算決め、お年玉はいくらにする?

    詳細を見る
  • 投資信託、数ある中で自分に合った選び方とは?

    詳細を見る
  • 定年後 お金の不安は自分で働くことで解消

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

住宅・保険住宅・保険 |  生活生活 |  考え方考え方

国民健康保険の保険料が高い2つの理由

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  稼ぎ方稼ぎ方

普通のサラリーマンが、在宅副業で月5万円の収入を得る方法

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

個人型確定拠出年金には口座管理手数料が必要!

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金の振込みが6万円以上も減額。それは忘れた頃にやってくる

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

あなたは時間とお金を無駄にしていませんか?現金派からキャッシュレス派へのすすめ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ