ふるさと納税が変わる!あらためて考えたい、ふるさと納税の意義

續恵美子

2019.06.27.(木)

6月に入り、住民税特別徴収税額決定通知書をもらう頃。昨年、ふるさと納税をした人はその控除額が反映され、これから1年間で払うべき住民税が少なくなっていることを確認できるでしょう。節税のおトクさを目に出来るのは嬉しいものですが、さらにお礼の品が嬉しいふるさと納税は、いまや大人気の家計節約方法ですね。
しかし、そのふるさと納税の制度が2019年6月から一部変更されることになったのはご存じでしょうか。

ふるさと納税の何が変わる?

高級肉や海の幸など、普段自分では買えないものが実質2,000円の負担で手に入るとして大人気のふるさと納税。はたまた、旅行券や商品券、ギフトカードなどの金券をお礼の品として贈ってくれる自治体も出てきて、ますますブームになっていますね。欲しい返礼品を贈ってくれる自治体はもちろん、できればよりおトクなものをと、還元率で納税先を選ぶ人もいるほど。賢い節約法として利用している人は多いでしょう。

ところが2019年3月に改正地方税法が成立し、そのなかでふるさと納税の返礼品についても明記。総務省は5月14日に、2019年度6月1日からふるさと納税の新制度が始まることを発表しました。

新制度での改正ポイントは大きく2つあります。
1.返礼品は寄付額の3割以下であること
2.返礼品は地元産品に限られること

つまり、お礼としてもらえる品物の価格は寄付した額に対して3割以下。仮に1万円を寄付する場合、お肉や海産物など返礼品の金額は最大で3,000円ということになります。

また、返礼品は寄付を募る自治体の地元産品に限られるため、金券や家電製品など、その自治体の製品と関わらない品物についてはお礼品として扱われないことになりました。

すでに6月1日以降はふるさと納税に参加不可とされた自治体もありますが、今後もこれらのルールを守らない自治体はふるさと納税の制度から除外されてしまいます。これまでふるさと納税で寄付していた自治体が除外されていないか確認しておきましょう。

ふるさと納税の魅力はなくなる?

6月からふるさと納税の返礼品ルールが変わることは、それまで寄付金集めを模索してきた自治体にとってはあらたな課題となることが考えられます。

では、ふるさと納税で寄付する側には、その魅力は薄れてしてしまうのでしょうか?

お礼品ばかりが注目されることが多いふるさと納税ですが、冒頭に述べたように、ふるさと納税のもうひとつのメリットに税制優遇があります。

6月1日以降に除外されてしまう自治体にこれまで寄付をしていた人は、同じ自治体に寄付を続けても税制優遇は受けられなくなりますから、ふるさと納税としてのメリットがなくなってしまいます。

しかし、そうでなければ、返礼品のルールが厳格になったとはいえ、返礼品のシステム自体がなくなるわけでも、優遇税制の仕組みが変わるわけでもありませんからふるさと納税の魅力がなくなるわけではありません。

地域も自分もハッピーになるのがふるさと納税の意義

そもそも、現在のふるさと納税で、お礼の品を贈らないという自治体もあるのはご存じでしょうか。それでもその自治体を選んで寄付をする人がいるのも事実です。

おそらく、これらの人はふるさと納税の本来の意義を理解し、心からその自治体を応援したいと思って寄付をしているのかもしれません。地震や豪雨などの災害で大被害を受けた地域を応援したくなる気持ちに似ているかもしれませんね。

地方自治体には、過疎化や少子化の問題をはじめとした地域特有の課題があります。それらの解決に向けて創意工夫を懲らした施策を立てても、実現するには財源が必要です。しかし住民が少ない自治体では税収が少なく財源不足という壁にぶつかります。そこで多くの人が応援したいと思えるような、魅力ある施策を立ててアピールすることで協力者を集ります。

そしてそれに賛同し、応援したいと思った人がその自治体に寄附をします。自分が住んでいる自治体ならば「住民税」となるところ、他の自治体だから「寄附」になり、その分を自分の居住地の住民税から控除してもらうという仕組み。

もちろん、そのおまけとしてのお礼が魅力的ならさらに嬉しくなりますが、自分が寄附した自治体が課題に立ち向かって成長していく様子を見守るのも嬉しいことかもしれません。

せっかくの魅力ある制度ですから、ふるさと納税の意義をあらためて見直してはいかがでしょうか。お礼の品に注目するのもいいですが、魅力ある施策に注目して応援していくことで、寄附者と自治体がお互いにハッピーになれる関係を築いていきたいですね。

金融商品の仕組みを知ろう「お金の教養スクール」はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

續恵美子

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
夢や希望を持ちながらも、一歩を踏み出せない――お金の知識を教えることで、そんな女性が一歩踏み出す支援をしたいという想いとともに、ファイナンシャルプランナーとして活動。
プライベートでは南仏移住して10年以上。仕事・家庭・自分の人生を活き活き送る、多くのフランス人女性から学んだことを日々の活動に実践している。

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

ふるさと納税のワンストップ特例制度、デメリットはあるの?

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

ふるさと納税、自己負担2,000円で得をする!

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金の振込みが6万円以上も減額。それは忘れた頃にやってくる

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

あなたは時間とお金を無駄にしていませんか?現金派からキャッシュレス派へのすすめ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと