「自分の年金がいくらになるのか」確認方法を知ってますか?

はるちゃん

2019.06.22.(土)

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ新聞記者、はるちゃんです。

金融庁の報告書「高齢社会における資産形成・管理」で改めて注目を集めた年金制度。報告書案の記載内容を読めば分かるとおり、現行の支給額が今後も維持されることはほぼないと言い切っても良いでしょう。それでも多くの人にとっては年金収入が老後の柱である以上、自分自身の年金がいくらになるか、試算方法を知っておいて損はありません。日本年金機構のサイト「ねんきんネット」で簡単に試算できますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

2009年から始まった「ねんきん定期便」を保存してある方は、そこに記載されている「アクセスキー」と「基礎年金番号」を使い、ネットによる手続きですぐに「ユーザーID」が発行されます。

少し面倒なのは、ねんきん定期便を紛失している方です。アクセスキーが分からない場合、まずネットでユーザーIDの発行を申し込み、郵送によるID到着(5営業日程度)を待つことになります。

50歳以上はねんきん定期便で確認可能

また、基礎年金番号もすぐに分かる方は少ないでしょう。年金手帳に記載されていますが、会社員は勤務先に提出していると思いますので、総務部などに問い合わせしなければなりません。

厚生年金や国民年金の加入者には、毎年誕生日月にねんきん定期便が郵送されていますので、それを保管しておくことがベストです。ちなみに50歳以上の方の定期便には、現状のまま年金を支払い続けた場合の試算が掲載されています。49歳以下の方はありませんので、ねんきんネットに登録し、ネット上で試算する必要があります。

試算方法の基本は、「現状の支払いを60歳まで続けた場合」です。終身雇用制度が死語になっている現代社会では、若い方は転職や独立、あるいは海外移住をする方だっているでしょう。そう考えると、ねんきんネットの試算は、ある程度の将来予想の立つ40~50代のためのものかもしれません。

また、ねんきんネットでは、定期便と同様に、年金加入期間、支払った金額、それに基づく年金額が分かります。ねんきんネットに登録しておけば、定期便をなくした時に役立ちます。転職した人などで支払期間が抜けていたり、間違っていたりした場合、すぐに年金事務所に相談しましょう。

日々の生活で将来の年金がいくらか意識することはほとんどないでしょう。特に若い方はなおさらです。「年金は損」と考える人も多いでしょう。実際、すでに支給額は抑制傾向にあります。超高齢社会の日本はどんな未来が待っているのでしょうか。不安がつきません。

【この記事を読んだ人におすすめ】
「老後は2,000万円必要」金融庁報告書の波紋を新聞記者が解説
人生100年に備えて不労所得も考えよう

このままで安心できる?老後に向けてはじめるお金対策

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

はるちゃん

ファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を持つ新聞記者。暮らしや投資のほか、教育やデジタル関係にも精通している。

  • 住宅ローンの頭金の目安は?どのくらい用意すればいい?

    詳細を見る
  • コンビニで経済を感じる 身近な場所でアンテナを磨く方法

    詳細を見る
  • 公的年金だけじゃ足りない? 老後生活の不足分は何でカバーする?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

「老後2,000万円不足」の不安を解消する方法

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

相続税の非課税枠はいくらまで?計算方法と一緒に解説!

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

人生100年に備えて不労所得も考えよう

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?