結婚予定の彼女がうつ病に!お金の問題はどうする?

ぷー

2019.07.03.(水)

突然あなたの大切な人がうつ病になったら、あなたはどうしますか?

私は23歳でうつ病を患いました。当時結婚を前提にお付き合いしていた彼氏がおり、彼との今後の関係についてすごく悩んだことがあります。「今後十分に働けるか分からない」、「お金の問題はどうしよう」、「そもそも精神的な病を抱える自分は結婚してもいいのだろうか」と。

元々は超健康体で、心身を壊すようなタイプではありませんでした。ただそんな私でも、仕事のストレスが原因で突然うつ病を患い、約1年はほぼ引きこもり状態で仕事をせずに過ごしました。

私と同じように、あなたやあなたの大切な人がいつどうなってしまうかなんて分かりません。「もし突然大切な人が動けなくなったらどうすればいいのか?」「大事なお金の問題や将来についてどう向き合うべきか?」。実際に20代のカップルが話し合い、前向きに進んできた体験談を本日は紹介していきます。

結婚予定の彼女がうつ病に!お金はどうする?

まずやるべきことは話し合うこと

うつ病の症状が良くなってきたタイミングで彼と将来について話すことが何度かありました。仕事を休職していた私は「早く働かなければ」ととにかく焦っていましたが彼は「ゆっくり治ってからでいいよ」といつも言ってくれていました。

お金についても「最悪2人分なんとかするから」、と私が無理して働こうとすると毎回止めてくれていました。当時の私は傷病手当金を受給できていたのでお金にそこまで困ってはいませんでした。ただいつかは子どもも欲しいし、自分も働くべきだと悶々と感じていました。

その後私は偶然にもネットでできる在宅ワークに出会い、会社でムリに勤めずともお金を得られるようになりました。会社員で働いていたときと比べると収入は落ちましたが、健康を第一に仕事ができるようになりました。

結婚については「(私が)社会復帰できた」「治った」と感じてからにしようという話をしました。そのほうが私が負い目を感じず、お互いにとって幸せな結婚になると思ったからです。そしてうつ病を患ってから約2年半後、晴れて入籍をすることができました。

私は彼と何度も話し合いをしたことで、お金や仕事に焦りすぎることなく1歩ずつ回復に向けて歩むことができました。今後も一緒に過ごしたいと考えているのであれば、きちんと話し合いをしてお互いの不安を最小限にとどめることがすごく大切だと思います。

結婚後のお金はどうする?

結婚後の生活費ですが、彼に頼らず折半することにしました。財布も別々にし、お互い仕事で得た給料を個人個人が好きに使っています。

相手におんぶにだっこの状態は彼への負担も大きいですし、彼に何かあった時に2人が困ってしまうだけです。夫婦それぞれが経済的に自立をしている状態が理想だと、自分が倒れたことで改めて感じました。いまでは2人の目標ができたら一緒に貯金をし、お金についての話し合いをするようにしています。

結婚して約半年ほどたちますが、現在のところ結婚式を挙げる予定はありません。各家庭それぞれ経済状況や環境が異なるため、無理に周りの常識と合わせる必要はないと感じています。

家族や大切な人がもしうつ病になったら?

もしあなたの大切な人がうつ病などの精神的な病にかかってしまったら、あなたは何を考え、相手とどのように向き合っていきますか?うつ病になることは当事者にとって大変辛いことですが、周囲で支える人もまた、悩んでしまうことがあるでしょう。

私は自身の経験から、お互いの考えていることを話し合い、理解しあうことが大切だと感じています。将来についてのすり合わせを行うことで、不安を軽減し、前を向いて歩むことができるようになるからです。

お金に関しては自立支援医療制度で医療費を削減したり、傷病手当金を受給して治療に専念したりと、何かしら生きていく方法はあります。日本という国は大変恵まれており、弱者にも手を差し伸べて生活ができるような制度を整えてくれています。

現代は無理に会社で働かずとも、私のようにお家で好きな時間・好きな仕事をすることだってできる時代です。後ろ向きになりすぎず、多様な働き方や生き方をぜひ知っていただきたいなと思います。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

【自宅でWEB受講】2年以内に100万円以上の貯蓄を実現する方法を学ぶ

【この記事を読んだ人におすすめ】
うつ病で休職。お金のない時期に役立った2つの制度とは?
【うつ病でもできる】会社に頼らず稼ぐ方法3選

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ぷー

26歳のフリーランス。うつ病になった経験から自分で稼げる力をつけたいと考え→YouTubeやブログなどで発信活動を始め→1年で会社に属さず生きていける状態に。「お家でムリせず働きたい」「会社で働く以外の選択肢を持ちたい」という方に向け、現在も発信活動を続けています。
【ブログ】ここらく

  • 12月の予算決め、お年玉はいくらにする?

    詳細を見る
  • 投資信託、数ある中で自分に合った選び方とは?

    詳細を見る
  • 定年後 お金の不安は自分で働くことで解消

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

手取り15万円で余裕のある暮らしを手に入れる節約術&貯金術

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

年代別家計貯蓄額、平均額はいくら?

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

ひとり暮らしでも貯金はできる!そのために知っておきたい生活費の相場

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

一人暮らしでお金がないときの緊急対策

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

実家にお金入れてる?アラサー女子の親とお金事情

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

毎月いくら貯金していますか?アラサー女子の貯金をまるっと調査!