なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

中原圭介

2019.06.15.(土)

パウエル議長の基本的なスタンスとは

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。パウエル議長は5月のFOMC後の記者会見では、「現時点では利上げ、利下げのどちらかに動く強い必然性は見られない」とトランプ政権が要求する利下げを否定したうえで、「短期的な政治の動きを考慮に入れることはない」と中央銀行の独立性を強調しています。

ところがその時に、彼は近い将来FRBが利下げに追い込まれるような発言もしています。「物価の下振れは一時的なものであり、雇用の拡大によって物価上昇率は2%に戻るだろう」と強調したうえで、「物価上昇率が2%を下回り続けるようなことがあれば、金融政策の面で考慮するだろう」と突っ込んだ発言をしたのです。

物価が経済の体温計とは本当か?

このような拙速な発言に至ったのは、パウエル議長が「米国の雇用拡大が続き、賃金はさらに上昇する」と見ているからです。経済学の常識では、物価が経済の体温計として機能していると未だに認識されているのです。

そのため各国の金融政策では、経済がインフレで過熱しているときに引き締めでブレーキをかけ、経済が低インフレやデフレで冷めているときに緩和で刺激するという手法が採用されています。中央銀行が適切に金融政策を実行すれば、物価の安定が実現し、経済も安定すると考えられているというわけです。

その結果として、1990年代以降、世界の中央銀行がインフレ目標政策を中心に理論の実践をしてきています。

今や経済の常識は破綻している

私は「物価が経済の体温計として機能したのは、第2次大戦後~2000年前後までである」と考えている(もちろん、理論的に実証はされていませんが)ので、パウエル議長の伝統的な考え方は2019年~2020年のうちに破綻するだろうと思っております。

2000年代の先進国では、完全雇用といわれる水準になっても物価上昇率が高まらない傾向が強まっているからです。インフレの優等生とされてきた米国でさえ、景気拡大期の過去10年のあいだの物価上昇率は目標値の2%をほとんど下回ってきたのです。

日銀の黒田総裁も「雇用がひっ迫すれば、賃金は上がるはずだ」という経済学の常識に基づいた判断を繰り返していますが、これだけ人手不足が深刻化しているにもかかわらず、物価上昇率は日銀の目標値2%に遠く及ばない状況が6年も続いています。

そろそろ現実を直視して、これまでのインフレ目標政策が誤りであったと認める必要があるのではないでしょうか。

FRBは年内に利下げに追い込まれる

米国や欧州では生活苦からポピュリズムに走る民衆が増加している一方で、日本でも景気回復を実感していない人々が9割近くに上っています。中央銀行のインフレ目標政策は信用できない理論といわざるをえない、そういう状況にあるといえそうです。

パウエル議長の「物価上昇率が2%を下回り続けるようなことがあれば、金融政策の面で考慮するだろう」という発言が決して見逃せないのは、米国の物価上昇率が6カ月連続で目標の2%を下回っている現状に加えて、私は今後も2%を恒常的に上回ることはない(単月では上回ることがあるかもしれませんが)と予想しているからです。

おまけに、FRBが重視する個人消費支出における物価指数の上昇率は、直近は1.5%前後で推移しています。そういった意味では、私はパウエル議長の発言はFRBが利下げに追い込まれる根拠になるのではないかと見ております。

たしかに、中国の輸出品への関税を引き上げた(これから引き上げる分も含めて)ことで、多少は物価上昇に作用するでしょう。しかし、パウエル議長の認識とは異なり、2019年の半ばを過ぎても2%の物価上昇率が達成できない場合、FRBは利下げの判断を迫られることになるでしょう。

買いタイミングを見極めたい人へ「株式投資スクール」はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中原圭介

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)、『ビジネスで使える 経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)、『日本の国難』『お金の神様』(講談社)などがある。東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』、マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』、ヤフーで『経済の視点で日本の将来を考える』を好評連載中。

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

株との違いに注意!ビットコインなど「仮想通貨」の税金は?

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

5年で資産10倍に。株式投資初心者は、いつでも「今」が始めどき。

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  考え方考え方

「はじめての人のための3000円投資生活」を読んで家計再生にチャレンジ

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

株に強い人の日経新聞の読み方