トレンドによってリスクをコントロールする

中原圭介

2019.05.28.(火)

株式投資の極意は大怪我をしないこと

株式投資で資産を堅実に増やす極意は、大怪我をしないということです。大怪我さえしなければ、株式市場は何回でもチャンスを与えてくれるからです。

大怪我を負うケースのほとんどは、トレンドを意識していない売買によって起こります。典型的な例としては、上昇トレンドが転換しても、押し目だと思い中途半端な株価で買いを入れることで、含み損がみるみる拡大していくことがあげられます。

次のトレンドがまだボックストレンドであれば救いようがあるのですが、下降トレンドであれば再起不能にまで追い込まれてしまいます。投資経験が30年以上という人のなかには、1990年代のバブル崩壊で厳しい体験をした方がいるでしょうし、2000年代初めにはITバブル崩壊で辛い経験をした方もいるでしょう。

上昇トレンドが次のトレンドに転換した直後にすべきこと

損失をいかに最小限に抑えられるかは、上昇トレンドが次のトレンドに転換した直後にどのような対応が取れるのかで決まってきます。それは、次のトレンドに転換した直後(トレンドが転換した直後には、次のトレンドがボックストレンドか下降トレンドかはわからない)に、できるだけ迅速に保有株の現金化を進めることです。

上昇トレンドの転換が確認できたら、リスク管理が容易にできるポートフォリオに変更し、次のトレンドの確定を待つことがベストな選択になります。相場を冷静に眺めながら次のチャンスをゆっくり待てばいいのです。焦ることはまったくありません。「休むも相場」というありがたい格言が、こういうときにこそ生きてきます。

リスクをとるべき局面は?

それとは逆に、いかに利益を最大限にあげられるかは、ボックストレンドから上昇トレンドに転換した直後、または下降トレンドから上昇トレンドに転換した直後(トレンドが転換した直後には、次のトレンドが上昇トレンドかボックストレンドかはわからない)に、積極的にリスクを取って買いを入れることです。

トレンドによってリスクの取り方を変える手法は、ぜひ学んでほしいと思っております。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

平均運用実績は+443万円、その秘訣とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

中原圭介

経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。 主な著書に『AI×人口減少』『これから日本で起こること』(ともに東洋経済新報社)、『ビジネスで使える 経済予測入門』『シェール革命後の世界勢力図』(ともにダイヤモンド社)、『日本の国難』『お金の神様』(講談社)などがある。東洋経済オンラインで『中原圭介の未来予想図』、マネー現代で『経済ニュースの正しい読み方』、ヤフーで『経済の視点で日本の将来を考える』を好評連載中。

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  考え方考え方

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

株との違いに注意!ビットコインなど「仮想通貨」の税金は?

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

5年で資産10倍に。株式投資初心者は、いつでも「今」が始めどき。

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  考え方考え方

「はじめての人のための3000円投資生活」を読んで家計再生にチャレンジ

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

株に強い人の日経新聞の読み方