法律家から見た「危険な投資」の見分け方

大山滋郎

2019.05.23.(木)

年金制度の崩壊が言われている中、将来のために投資をしようという人は増えています。その一方、投資に失敗した人たちのニュースも沢山あります。
法律家から見た場合の、して良い投資といけない投資の違いについて、弁護士に訊きました。

【ある20代女性より質問】
将来のことを考えて、投資の勉強をしています。しかし、「カボチャの馬車」の投資に載った人たちの失敗の話などを聞くと、投資するのが怖くなってしまいます。同じ立場に居たら、私も同じように騙されていたのではと心配になるのです。
投資のための契約をするときに、どういう点に注意したらよいのか、法律家の立場からのアドバイスいただけると助かります。

カボチャの馬車問題

スルガ銀行まで巻き込んで、大変な社会問題となった事件ですね。シャアハウス投資ということで、カボチャの馬車が一般投資家に、相当の金額をスルガ銀行から借り入れさせて、高額なシェアハウスを購入させたわけです。しかし、カボチャの馬車のシェアハウスへの入居者がほとんどいなかったことから、このビジネス自体がダメになったという事案ですね。

カボチャの馬車事件の契約内容

カボチャの馬車が、投資家とどのような契約を締結していたのかについては、私も報道された内容しか知りません。しかし、その内容を読む限り、契約書上は投資家に非常に有利な内容になっていると感じました。
不動産投資で一番気にかかる「空室が生じるリスク」など、全てカボチャの馬車側が負担するという契約内容だったようです。つまり、「リスクを負わずに投資が出来る!」と、多くの投資家が安心して投資できる内容だったように感じるのです。

詐欺師の契約

カボチャの馬車が、最初から詐欺をするつもりだったかは分かりません。しかし、詐欺師の作る契約と、カボチャの馬車の投資契約が、似ていることは間違いないと思います。つまり、「契約書上は、相手方(詐欺師のカモ)がリスクを負わないようになっている。」契約だということです。契約書上は安心だからということで出資させても、契約とは無関係に、事実上持ち逃げ等するのが詐欺師の常套手段です。本当に危険な投資というのは、逆に契約書上は、最もリスクを負わないような内容になっていることが非常に多いということです。

リスクのない投資契約は詐欺

投資には必ずリスクが付きまといます。このリスクからただ逃げ惑うだけなら、最初から投資などすべきではないのです。まして、「他人にリスクを全て引き受けてもらいたい。」などと考えているようなら、詐欺師のカモになる候補生と言わざるを得ません。
リスクというのは、真正面から見据えて、自分でコントロールするものです。他人にお任せするものではないのです。
「リスクのない投資契約は詐欺!」
この言葉は、額に入れて飾って毎日見るほどの価値があると考えています。

お金の勉強をしたことがありますか?

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

大山滋郎

横浜パートナー法律事務所代表弁護士(日本・ニューヨーク州弁護士)。日本企業に14年勤務した経験をもとに、会社の常識、一般人の見地で弁護士業務を行う。自らリスクをとる投資者の立場で不動産投資も積極的に行っている。月2回のメルマガ「企業の常識・弁護士の非常識」でも情報発信中。近著の「経営者の法律知識」はアマゾン音初心者向け法律書で売上1位。http://www.ypartner.com

  • 副業をやるなら考えておきたいこと

    詳細を見る
  • 銀行窓販で話題の「外貨建て年金」とは?

    詳細を見る
  • 医療費負担がどんどん上がる!? 医療費を節約する工夫とは

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金の振込みが6万円以上も減額。それは忘れた頃にやってくる

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

あなたは時間とお金を無駄にしていませんか?現金派からキャッシュレス派へのすすめ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと