僕の理想の逝き方

こめまる

2019.05.29.(水)

幼い命が、それも全く関係ない人間のちょっとした不注意で奪われることほど、辛いことはありません。

不運としか言いようがありませんし、世の中の理不尽さを呪ってしまいます。
生まれてくることと逝くことは、自分の預かり知らないことなのです。

小学六年生の時、同級生が交通事故で亡くなりました。
小さな交差点で、彼の乗る自転車が飛び出しところを車にはねられたのです。

道路交通法上は、車は優先道路を走っていました。普通なら同級生が一時停止しなければいけないところでした。

その同級生が、亡くなる一週間前に町内の野球大会でセカンドを守っていた光景をいまでも良く思い出します。

多分、事故で亡くなったと聞いた時、一番直近で見た時の記憶が、そのまま焼きつけられたのでしょう。

小学校時代の同級生が、4年に一度、集まります。もう20年ほど続いています。
集まるのは、オリンピックイヤーの年です。

だから次は来年です。

僕の小学校時代は一学年2クラスだけで、生徒数も80人弱でした。

前回の集まりの時、名簿を渡されました。
6年生の時に亡くなった彼の名前も名簿にあります。

でも全員58歳になる年で亡くなっていたのは彼だけでした。

もし、あの日、あの時、僅かにタイミングがずれていたら、彼は僕らと一緒にお酒を飲んでいたかもしれません。

じゃ、明日11時に打ち合わせね

2年前に、お世話になった方が急死されました。

仮にMさんとします。73歳でした。

当時、まだ顧問として、僕と同じ会社で働いていました。

ある朝、突然、上司に呼ばれました。

「Mさんが亡くなった。」

「えっ?今日僕と11時から。。。じ、事故ですか?」

「いや急死されたそうだ。」

実は、Mさんは亡くなった日、家で昼食を取り、会社に出勤してメールのチェックなどし、僕と翌日の打ち合わせの約束をして、ある会合に出られました。

そこで、様態が急変して、救急搬送先で亡くなったそうです。

通夜の席で、Mさんの奥さんから、
「普通にお昼を食べて出て行ったのにね。あれが最後だったなんて。」
という言葉を聞きました。

次はモーツァルトのレクイエムですね

40代前半の頃、川崎市のある合唱団に入っていました。

そこでベートーヴェンの第九を歌うため、半年ほど週2回の練習に通っていました。
平日は、仕事帰りの会社員も多いので、午後7時からで、土曜日は午後2時ころからの練習が多かったように思います。

特に男性メンバーは、定年退職したと思しき世代の人が多く、40代の僕はかなり若手の方でした。

その中で、ひときわ高齢と思われる男性が一人いました。見たところ80歳は超えていそうでした。歩くスピードは遅く、背は高い方でしたが、少し猫背気味な方でした。

いつも僕の斜め右前で歌っていました。

ちゃんと歌えるのかなと思っていましたが、練習は休まずしかも最初から最後まで立ったままで練習されていました。

僕とその方とは、いつも挨拶だけで、そんなに言葉を交わしたことはありませんでした。
しかも笑った顔も見たことがありませんでした。

12月の本番の日、その方はもちろん参加していました。

僕は、その方が気になっていました。まさか本番中に倒れることはないよな、なんて心配もしていました。

コンサートは成功裏に終わりました。終わったあと、その方に近づいて、「いい演奏でしたね。」と声を掛けました。

その方はニコッと笑いました。

「次は、モーツァルトのレクイエムですね。」
と言ったら、
「そうだね。」
と返事をくれました。

コンサートが終わってから僕は仕事が忙しくなり、やっと練習に行けたのは、1ヵ月後でした。

その時、団長から、その方がコンサートの1週間後に亡くなったと聞きました。

最後に

僕は、人間はいずれ最期が来るので、それまでは生きることだけを考えて行けばよいと考えています。

何と言っても、最期は自分で決めるられることではないのです。

同級生にしろ、Mさんにしろ、合唱団の人にしろ、未来を、次のことだけを考えていたのです。

僕も最期の時は未来のドアを押すように前のめりに逝けたらと日頃から考えています。

【前回の記事はこちら】
頑張らない勇気

老後のお金の不安を徹底解消!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

こめまる

1957年9月、富山県生まれ、'82年早稲田大学を卒業後、都内の企業に入社。
2017年9月、同社を定年退職し、そのまま再雇用制度を利用し、継続勤務中。
現在、横浜市のアパートに妻、娘2名、猫3匹と同居。
定年後も体が続く限り働くことをモットーとし、働くことは、健康を維持し、生きがいを感じ、生活費を得る良い手段と考え、日々フルタイムで働いています。
趣味はクラシック音楽を聴くこと。現在LP、CD合わせて1000枚以上所有。聴かずに死ねるかとマニアックな名盤、珍盤を日々集め、聴きまくっています。

  • 会社四季報を読みこなせ!優良銘柄を見極める重要指標10選

    詳細を見る
  • 不動産投資に必要な「現金」と「融資」について考える

    詳細を見る
  • 新興国通貨投資は成長期待じゃない?高金利のカラクリを明かす!

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  生活生活 |  考え方考え方

今からでも間に合う! 50代で定年後に必要な生活資金を知り、働ける期間に貯蓄を。

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

50代の老後資産のつくり方 ~もしも55歳で3つの「積立投資」を始めたら~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について