救急隊を呼ぶ、不測の事態に備えておこう

高橋禎美

2019.05.06.(月)

持病を持っている方には特に、準備していて欲しいものがあります。
自宅にて発作を起こすなど、身の危険を感じるような不調が発生した場合に、救急車を呼ぶことになります。これは、高齢の方に限ったことではありません。若いから大丈夫ということではないのです。急な体調不良によって救急隊を呼んだ時を想定して、迅速な救急医療を行ってもらうために、自宅に備えておきたいキットがあります。それは「救急医療情報セット」です。

知っていますか?「救急医療情報キット」

何か持病を持っていて、服用している薬がある場合、救急隊員はそれを知るために、家族に質問します。しかし家族であっても、父が、母が、または兄弟姉妹がそれぞれの持つ病気の内容と服用している薬、また服用してはいけないものや禁止されているものなど、細かなところまでは把握していないことも多いのです。家族の急変に動揺して、急に聞かれて答えられないというケースもあるようです。

そんな時に、正しい処置を一秒でも早くしてもらうために、ご自分の罹患している病名と服用している薬、身体で動かすに不自由な箇所や医者から言われている注意点などを書き込んでおく用紙と保険証などをまとめて一つの容器に入れたものが「救急医療情報キットです。

「救急医療情報キット」の中身とは?

・保険証・診察券のコピー。
・自分の顔写真。
・医療情報シートに病名、受診している医療機関名、注意事項、緊急時の連絡先などを記載して、署名・捺印をしたもの。
これらを筒状で透明な容器に入れて冷蔵庫に保管していましょう。そして玄関の目に入りやすいところと冷蔵庫の扉に、「冷蔵庫の中に、救急医療情報セットがあります」と書いた用紙を貼っておきましょう。

参考:総務省消防庁「救急医療情報シート」

キットの置き場所は決められている

このキットの置き場所ですが、冷蔵庫の中、上段の方に保管しておくのが暗黙のルールとなっているようです。
なぜ冷蔵庫に入れるのかというと、一般的に、人が住んでいる一軒の家または部屋などの住居にはキッチンが付いています。そして現在の日本においては、ほとんどの家庭のキッチンに冷蔵庫が置いてあるそうです。比較的目立つ機器で他のものと識別されやすいので、初めて住居内に入ってくる方々にも冷蔵庫は探しやすいという理由のようです。上段の探しやすい場所に置きましょう。救急隊はまず、緊急措置に必要な情報を得るために台所を目指し、冷蔵庫のなかにキットを探します。

無料配布をしている市区町村もある

自治体によっては、住民に対してキットを無料配布をしているところもありますので、お住いの自治体HPなどで確認してみましょう。また、無料配布がなくとも安価で販売されていますし、次のようにご自分で用意することも簡単にできます。
100円ショップ売っている透明な筒状の容器(例えば片栗粉保存用器など)の中に、消防庁HPからダウンロードした用紙や保険証コピーなどを入れてキットは作成できます。マグネットシート(100円ショップで入手できます)を利用して、玄関や冷蔵庫扉に簡易案内版を作ることもできます。

親の分も手配しましょう

離れた田舎に親が住んでいるというケースにもお勧めです。万が一に備えて、ホームセキュリティを設置したり、遠隔で元気で過ごしているかチェックするシステムを利用される方法もありますが、それに加えて救急医療キットの準備もしておくと安心です。同様に一人暮らしの方にも有効です。不調の原因を、緊急の際に自分で説明することが難しいからです。

情報はアップデートしておきましょう

救急医療情報は、服用薬の増減も含めて変更に応じて書き直し、つねに最新の情報にアップデートしておくことも大事です。
不測の事態に備えて、自宅の他、事務所など滞在時間の多い場所にも準備しておきたいですね。

いまから始める定年後のお金対策

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

高橋禎美

ファイナンシャルプランナー/ 一種証券外務員/ パーソナルカラーアドバイザー

大手アパレルメーカーを退職後、FPとして独立。個人FP相談や投資初心者の女性に向けた「はじめての投資」セミナーを開催中。お金とファッションに興味のある30代以上の女性に支持されている

  • 副業をやるなら考えておきたいこと

    詳細を見る
  • 銀行窓販で話題の「外貨建て年金」とは?

    詳細を見る
  • 医療費負担がどんどん上がる!? 医療費を節約する工夫とは

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について