お金が貯まらない人が見直すべき固定費3選

ぷー

2019.04.22.(月)

・お金が貯まらなくて困っている
・固定費は何から見直せばいいの?
と考えられている方におすすめの記事です。

毎月気づけばお金がない、なんてことはありませんか?私は実家を出てから『毎月の固定費の高さ』に大変驚きました。家賃、光熱費、食費など、日々生きていくだけでお金はどんどん出ていってしまいますよね。

私のように固定費の高さに悩んでいる方には、携帯料金・電気料金・食費の3つの見直しをおすすめします。もしかしたらあなたも必要以上にお金を払っていたり、気づかないうちに浪費していたりするのかもしれません。私はこの3つを見直すことで、少しお金に余裕が出てくるようになりました。

今回は固定費の見直しについて、『どういう風に節約していくべきか』『注意すべき点はなにか』などを実体験にもどづいて紹介していきます。少しでも参考になれば幸いです。

お金が貯まらない方が見直すべき固定費3選

携帯料金

毎月の携帯代が7,000円以上かかっている方は携帯代の見直しをしたほうがいいかもしれません。私はソフトバンクを利用していたとき、携帯代が毎月7500円~8000円程度かかっていました。しかし、楽天モバイルに切り替えてからは月々の料金が2500円となっています。

変更したのは契約先のみで、使っている携帯はソフトバンク契約時に利用していたiPhone7です。携帯番号を変えることなく、携帯料金と契約ギガ数だけが下がりました(※ギガ数とはデータ量の単位のこと。使えば使うほど料金が高くなったり、通信制限をかけられたりもします)。

ソフトバンク利用時は500ギガのプランを利用していましたが、そんなに多くのギガ数を利用することはありませんでした。現在は2ギガのプランを利用しています。家にいる時間も長くWi-Fi(無線ルーター)が家にあるので月末になってもギガ数は余っていることが多いです。

Wi-Fiのない場所で動画をよく見る人は10ギガ以上のプランがいいと思いますが、それでも格安スマホに変えれば携帯代が半額程度になるケースが多いです。携帯料金は固定費の中でも大きい比重を占めるものなので、心当たりのある方は一度見直しを行いましょう。

電気料金

電力自由化が行われ、現在では契約する電気会社を自由に選択することができます。いまの電気料金が少し高いと感じている方は一度電気料金プランシミュレーションを利用してみましょう。現在のプランや料金を入力していくだけで、他に安いプランがないかを検索してくれます。

もちろんスマホでもカンタンに検索ができるのでおすすめです(利用も無料)。ただし検索順位で出た内容はよく吟味しましょう。初年度のみキャンペーン適用で安く、2年目以降はいまと変わらないなんてこともあります。

参考:電気料金プランシミュレーション

食費

食費は削りすぎると健康に悪影響となるので注意が必要です。病気になってしまってはせっかく削った食費以上の医療費が請求されてしまうかもしれません。食費の節約ポイントで注目すべきは【外食費】【お菓子・お酒代】です。

たとえばスターバックスのコーヒー(約500円)を月に4回飲んでいれば、それだけで年24,000円の支出となります。10年で見ると24万円ですね。小さな積み重ねが大きな出費を生んでいる可能性があるので何にどれだけ使っているかを一度把握することがおすすめです。

節約はストレスのかからない範囲で行わなければなかなか続けることができません。毎月の食費の中で削れるところはないか自炊で代用できないか等を見極めていきましょう。どうしてもお菓子を買いたいのであればコンビニではなくスーパーで安く手に入れるだとか、小さな工夫で年間の出費額を変えていきましょう。

まとめ

今回はお金が貯まらない方が見直すべき固定費について紹介してきました。

特に携帯料金・電気料金に関しては早急に見直すことをおすすめします。プラン変更もそこまで難しくありませんよ。この2つは固定費の比重としても大きいはずなので、見直すことができればかなりの節約につながるでしょう。

食費に関しては健康を害さない程度に見直しを行いましょう。私の旦那さんは1ヶ月の食費を細かく家計簿につけていったところ、「お菓子の食べ過ぎ」を認識し危機感から自然と食費を減らしていけるようになりました。まずは何にどれだけのお金を使っているかを認識することが大切です。

よかったら参考にしてみてください。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

今の家計にプラス5万の余裕を生む方法を学ぶ

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ぷー

26歳のフリーランス。うつ病になった経験から『自分で稼げる力をつけたい』と考え、ネットでの発信活動をスタート。YouTubeやブログなどから広告収益を得ることで会社に属さず生きていける状態になりました。「お家でムリせず働きたい」「会社で働く以外の選択肢を持ちたい」という方に向け、現在も発信活動を続けています。
【ブログ】ぷージョブ

こんな記事も読まれています

ポイントを教える女性
知恵袋知恵袋 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

【子どもの進学】入学金が予定していたより高かった!急な資金不足はどう補う?

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

会社員の夫を亡くした妻のセーフティネット「中高齢寡婦加算」

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  結婚・出産結婚・出産 |  考え方考え方

妊娠・出産時の収入の不安は、健康保険の「出産手当金」で払拭しよう

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方 |  貯め方貯め方

節約、貯金、節税、運用 お金の不安から抜け出す4つのキーワード

知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  維持管理維持管理

退職一時金の税金・社会保険の負担は軽い! ただ……

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

投資情報だけじゃない!「会社四季報」裏・楽しみ方