アラサー女子、はじめてのアパート購入に向けて奮闘する

ちい

2019.03.09.(土)

こんにちは。キラキラアラフォー女子(まだ30代!)の「ちい」です。

今回は一棟アパートを購入するまでに私が行ったことをご紹介していきますので

良かったら参考にしてみて下さい。

 

皆さんはアパートにどんなイメージがありますか?

私がまず思い浮かべたのは、近所で見かける「○○荘」です。

古びた階段、洗濯機も廊下にあったり、庭のお隣さんとの境界もよくわからないし、

入居者さんは昔から住んでいるおじいちゃん、おばあちゃん。

なんとなく「アパート」という建物を馬鹿にしていました。

 

一棟ものにもアパート、マンション、ビルなどがありますが

その中でも一番安く買えるのが小ぶりな木造アパートです。

エリアにもよりますが、安いもので1500万円くらい、

都心になれば億を超えてくるものまであります。

最近は宅配ボックスやオートロック付きでおしゃれなアパートも増えているので、

古いよりは綺麗な方がいいと思っていましたが、私の浅はかな考えはすぐに打ち砕かれました。

調べていくと、融資利用でも、物件価格の全額の融資が出ることは少なく、

自己資金分や仲介手数料、不動産取得税等を考えると私が狙える価格帯は

2000万前後が限界だったからです。

当然2000万円では新築・築浅のアパートは買えず、諦めて中古の木造アパートを探すことにしました。

見慣れてくると、「○○荘」が、

磨けば光るお宝に見えてくるから不思議なものです。

今では近所のボロボロのアパートを見る度に

「地主さん、このアパート売ってくれないかな」とぼやく日々です。

 

それでも可愛いもの好きの私ですので、

いずれは大好きなディズニーのグッズを使って、

ミッキー部屋とかミニーマウス部屋などディズニーハウスを作るのが夢です。

 

下手に愛想良く

 

まず私が始めたことは不動産の仲介業者の開拓でした。

非公開物件の紹介や不動産業者間でしか閲覧できないレインズというサイトにアップされた情報をいち早く教えてもらう為です。

ネット上にアップされている不動産情報は良いものだと

その日のうちに買付が入り、受付終了になることがよくあります。

また不動産業者は金融機関を紹介してくれることも多いので一石二鳥でした。

(※現在は融資が厳しいので、金融機関開拓も平行して行った方が良いと思いますが、

2015年当時は融資が出ていた時期で、業者さんとの繋がりを優先しました。)

 

まず気になる物件情報の問合せをし、連絡が来た際に併せて面談のお願いをします。

勤務先や年収、資産の内訳を記載した自己紹介書を作成し、希望条件をまとめた紙とセットで

持参しました。自己紹介書はファイナンシャルアカデミーの不動産投資スクールの授業で習いましたが、面談に行くと必ず

プロフィールシートのご記入をお願いします、と言われるので、その場で書く手間も省けて良かったです。

 

地主大家に優しく初心者には冷たい不動産屋

 

「不動産屋まわってもほとんど相手にされないよ。

10社回って1人くらい良い担当者に出会えれば良い方だと思って、めげずに頑張って」

ファイナンシャルアカデミー不動産投資スクールの束田先生からも先輩大家さんからも同様の助言を受けていました。

 

本当にその通りでした。

区分マンション2戸は持っていましたが、一棟ものの知識もなく、女性の事務職、貯金も少ない。

知識がない故に、絶対に買ってはいけない物件を薦められたり、

良い物件が出たら紹介しますね、と笑顔で面談を終えても、その後全く連絡がなかったりと

そもそも相手にされていない感をひしひしと感じました。

それでも仕事終わりに面談に行く日々を続け、30社ほどまわった辺りから、

1人、2人と少しずつ連絡を頂ける担当者さんに出会うことができました。

物件情報をもらった時はできる限り現地調査に行き、買付まで至らなくても、

「実際に現地に行った」ことを報告し、しっかりと買う気があることをアピールするようにしました。

不動産屋さんと一緒に物件を見に行く際は、初心者なので色々教えて欲しい。とお願いをし、

見るべきポイントなど教えてもらうようにしました。

当時の私は、良い意味でとにかく下手に、頭を下げて、たくさんの業者さん、先輩大家さんから

知識を分けてもらうことに必死でした。

当時は子どもがおらず、時間に余裕があったので、

スクールの授業後の質問、ファイナンシャルアカデミーの懇親会、大家さんの集まり、不動産投資の勉強会、

声がかかれば必ず参加して、先輩大家さんの体験・やり方など

とにかく今の私に何が必要かを聞いてまわりました。

 

なんとなく不動産投資を学んでいた私が、明らかに変わった時期でした。

続きはまた次回書きますね。

【前回の記事はこちら】
はじめての不動産投資で「大家さんの理想と現実」を知る

不動産購入者の4人に1人は年間500万円以上の家賃収入を得ている講座

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

ちい

ファイナンシャルアカデミー「不動産投資スクール」の卒業生。現在は法人を設立しアパート3棟を所有。
趣味の海外旅行は45ヶ国突破。将来の夢は海外移住。
会社員・大家・一児の母、3足のわらじで日々奮闘している。

  • ボーナスの使い方間違ってない?残念な人のNG例3つ

    詳細を見る
  • 便利な銀行アプリを使いこなそう!

    詳細を見る
  • 転職したのにすぐに退職!失業保険はもらえる?もらえない?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

アラサー女子、なんとなく選んだ「不動産投資」の勉強を始める

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

平凡なアラサー会社員の私と、不動産投資の出会い

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

『恐る恐る不動産投資』著者・河上まりお氏が語る不動産業者との付き合い方

家賃交渉成功
マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

家賃交渉テクニック〜あなたは家賃を払い過ぎていませんか?〜

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

ベテラン不動産投資家は、こうして物件を探す

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

不動産投資の重要指標「ROI」を考える