ジェネリックは安いのに効く!花粉症もジェネリックで決まり!

もも

2019.02.06.(水)

ぽかぽか気持ちの良い春は、実はつらい花粉症のシーズン。毎日の薬代がばかにならないと嘆く方に、新薬とくらべて低価格なジェネリック医薬品をおすすめします。新薬よりも安いのに効き目はばっちり。

そんなジェネリックはどうして安いの?安くても大丈夫なの?という疑問にお答えします。

ジェネリックに切り替えよう

いまや日本人の3割が悩まされているという花粉症。症状が出る前に抗ヒスタミン剤などのお薬を飲み始めるとよいとされており、早めにお薬をもらいに行く人も多いのではないでしょうか。
そこで気になるお薬代。

花粉症というと、飲み薬に合わせて、点眼剤、点鼻薬も必要不可欠。3点セットで数か月のお薬代はばかになりません。クスリ、クスリとすがるように手にしながら、支払い時にはっと我にかえり、がっくり肩を落としてしまうのです。
そのような時、使っているお薬が新薬なのか、ジェネリック医薬品なのか、チェックしてみてください。もし、新薬であれば、ジェネリック医薬品に切り替えることで、お薬代を節約することができます。

ジェネリック医薬品でお得に

最近は薬局などでも、「ジェネリック医薬品」という表示を見かけることがあります。ジェネリック医薬品の魅力は、まさにその「安さ」です。

ジェネリック医薬品は、新薬とくらべると平均して2割から5割の価格に設定されています。
風邪など、一時的な服用ですむ治療であればそれほど実感がないかもしれませんが、長期間、定期的な服用が必用な場合、この差額は大きいでしょう。花粉症も数か月間お薬にお世話になるのですから、ジェネリック医薬品に切り替えることで、医療費の節約につながります。

ジェネリック医薬品はどうして安く買えるの?

ところで、新薬、ジェネリック医薬品の2種類に区別される医薬品。これらの違いは一体なんでしょうか。

新薬と呼ばれるものは「先発医薬品」、ジェネリック医薬品と呼ばれるものは「後発医薬品」のことを指しています。
通常、新薬の開発には、9年から17年ほどの長い研究期間が費やされます。販売後も、有効性や安全性の確認のために、再審査期間6~10年が設けられます。このように、新しい医薬品が一般に普及するまでには、長い時間と費用がかかっているのです。

これに対して、ジェネリック医薬品は、新薬として認められた医薬品を基に、他の会社が作った同じ有効成分の医薬品です。
新薬の再審査期間が終わり、それやがて開発企業が独占していた特許期間が終了します。 そうなると、新薬を開発した会社とは別の会社が、同じ有効成分のお薬を製造することが許されるのです。

ジェネリック医薬品を製造する会社としては、すでに有効成分も安全性もわかっているため、その研究期間も費用も少なくて済むわけです。ジェネリック医薬品が安い理由はここで、国によって、その価格割合が定められているのです。

安いことは良いけれど、安全性は?

安さばかりが前面に出てしまうと、果たして安全性は大丈夫だろうかと心配になるものです。実は、ジェネリック医薬品も、製造過程で厳しい基準や規制を通過してきています。
まず、ジェネリック医薬品として認められるための条件として、以下の項目が新薬と同等でなければなりません。

1) 有効成分の種類
2) 有効成分の量
3) 用法や用量
4) 効き目
5) 安全性

これらを一つ一つ確認するために、同じ有効成分が新薬と同じ様に体内に吸収されるか、生産工程の品質管理は万全かどうかなどの厳しい管理が行われ、安全安心な医薬品として認められてから一般に販売されています。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を持ちますが、名前もカタチも違います。
これは、ジェネリック医薬品の特徴の一つとも言えるでしょう。

先だって販売され、多くの人に利用されてきた新薬を、よりよい方向へ向けて工夫がなされている場合があります。例えば、新薬についての感想で「飲みにくい」という声があれば、それを小さ目の錠剤にしてみたり、甘めのコーティング剤でカバーするなど、改良することが可能なのです。

花粉症も安いジェネリックで

さて、花粉症は本当につらいもの。早い人では2月頃からのムズムズを感じはじめ、ゴールデンウィーク近くまで調子が悪いという人も少なくありません。目はかゆく、くしゃみ鼻水鼻づまりで集中力ゼロ。これが下手したら数カ月続くのですからたまりません。お薬なしでは乗り切れませんが、医療費が家計を圧迫しがち。

そのような方は、ジェネリック医薬品で医療費節約に励んでみてはいかがでしょうか。飲み薬はもちろん、点眼剤も点鼻薬も、多くの花粉症のお薬がジェネリック医薬品に対応しています。お医者さんや薬剤師さんに、ジェネリック医薬品に切り替えたいと相談してみるとよいでしょう。

お金の教養・株式投資・FX・不動産投資が1日で学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

もも

長男長女の成長に伴い増えた自分の時間。執筆活動をしながら、将来書きたい本の構想を悶々と練っている。教育、介護、老後と常にお金は気になる話題。

  • 満室経営こそがあるべき姿~現地を見ること~

    詳細を見る
  • ネットショッピングや医療費を「後払い」で!メリットと注意点

    詳細を見る
  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第74話~

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

年金の振込みが6万円以上も減額。それは忘れた頃にやってくる

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

あなたは時間とお金を無駄にしていませんか?現金派からキャッシュレス派へのすすめ

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと